ロードバイクの情報を発信しています!

タデイ・ポガチャルが第1回マドリードクリテリウムで勝利!

海外情報
UnsplashFlorian Wehdeが撮影した写真
この記事は約5分で読めます。

スペインのマドリードで12月4日に、第1回マドリードクリテリウムが開催された。

 

スペインチームを中心としたプロ35人が参加して開催されている。

 

スポンサーリンク

マドリードクリテリウム

コース Image credit: madridcriterium

 

コースは、ホセオルテガイガセット通りからコロンブス記念碑へのアプローチまで、カステリャーナ通りに沿って行われ、スタート地点に戻る。

前半は、エリミネーションレースで30周回。後半は35周回行うクリテリウム。

 

参加する主なプロ選手は、

  • タディ・ポガチャル UAE Team Emirates
  • フアン・アユソー UAE Team Emirates
  • マルク・ソレル UAE Team Emirates
  • カルロス・ロドリゲス INEOS Grenadiers
  • フアン・ロペス Trek-Segafredo
  • マルク・ブルステンガ Trek-Segafredo
  • ルイスレオン・サンチェス Bahrain Victorious
  • ヨン・イサギレ Cofidis
  • オカミカ・アンダー Burgos-BH
  • ビクトル・ブラパルテ TotalEnergies
  • クリスティアン・ロドリゲス TotalEnergies
  • ハビエル・ロモ Astana Qazaqstan Team
  • ジョアン・ボウ Euskaltel – Euskadi
  • ゴッツォン・マルティン Euskaltel – Euskadi
  • ミケル・ビズカーラ Euskaltel – Euskadi
  • ラウル・ガルシア Equipo Kern Pharma

 

Image credit: madridcriterium

 

当日は、あいにくの天気でカーブは湿っていて危険だったみたい。オフシーズンでもあるし、みんなプロだから無理はしない感じだったでしょうね。

 

Image credit: Tadej Pogačar/instagram

 

タデイ・ポガチャルは、チームメイトのフアン・アユソー、マルク・ソレルと共にスタート。まあ、チームで3人いればエースはタディ・ポガチャルですね。

 

Image credit: Tadej Pogačar/instagram

 

タデイ・ポガチャルがラスト2周から単独で逃げに。

 

Image credit: madridcriterium

 

それを追うのは、INEOS Grenadiersのカルロス・ロドリゲス。

 

Image credit: Raúl García Pierna/instgram

 

追うメンバーには、Equipo Kern Pharmaのラウル・ガルシアも乗っている。ブエルタも出場した2022スペイン選手権TT王者だ。

2022スペインロード王者のカルロス・ロドリゲスも乗っているので、見ているファンにはたまらない感じでしょうね。

 

 

上記は、タディ・ポガチャルが逃げている場面。カーブはかなり慎重に曲がっている。

 

こちらはゴールシーン

 

タディ・ポガチャルが逃げ切って勝利となった。タディ・ポガチャルはインスタグラムで、

madridcriteriumはうまくいった😎。
🇪🇸の寒い日だったけど、それでも完璧な一日と @juann_ayuso と @solermarc93 とのチームワーク 🥶♥️。

 

Image credit: Tadej Pogačar/instagram

 

結果は、2位がEquipo Kern Pharmaのラウル・ガルシア。3位がINEOS Grenadiersのカルロス・ロドリゲスとなっている。

12月なので、そろそろ各チームともキャンプ入り。これから来シーズンの基礎作りですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました