ロードバイクの情報を発信しています!

フレッシュ・ワロンヌを勝利したのは誰だ?

海外情報
photo classiquesardennes instagram
この記事は約3分で読めます。

ピンクバンクツアーの第2ステージがキャンセルされたので、昨晩はレースはないと思って見ていませんだした。

なんと~、フレッシュ・ワロンヌが開催されていたのですね。

思いっきり見逃してしまいました~( ;∀;)

 

スポンサーリンク

One day race » Herve › Mur de Huy (202k)

https://www.la-fleche-wallonne.be/en/stage-1

コースマップ photo fleche-wallonne

 

レースは2年連続チャンピオンのジュリアン・アラフィリップが出場しない。レインボージャージでの登場はリエージュ~バストーニュ~リエージュまでお預け。

 

 

その代わりに頑張ったのは、同じクイックステップのマウリ・ファンセヴェナント(Mauri Vansevenant )21歳。プロ1年目のネオプロだ。

昨年まではアンダーやネイションズカップに出ていたのに、ワールドツアー2戦目で素晴らしい逃げを見せてくれる。

 

 

4人で逃げ始めたメンバーは最大9分のリードを勝ち取る。

その後、20kmで単独となったマウリ・ファンセヴェナントだったが、ラスト4kmでなんと落車してしまう。

ここで転倒がなければ、もう少し粘れていたでしょう。惜しかった。

これにより、単独で追走していたリゴベルト・ウランに捕まる。そして、二人もゴール手前1.3kmの地点で捕まってしまう。

ラスト1kmからはリッチー・ポートが先頭で登り始める。だが、マイケル・ウッズが強烈なスパートをみせ先頭に。

最後は、ラスト50mで先頭にたったマルク・ヒルシが勝利を獲得した。

マルク・ヒルシ(Team Sunweb)は、ツール・ド・フランスでもステージ1勝に、総合敢闘賞。世界選手権でも3位となっており好調を維持しているようだ。

 

いや~、見たかったですねえ~。まあ、土曜日からはジロも始まるので、こちらはレビューできるように頑張ります。

 

こちらはハイライト。
La Fleche Wallonne Men's 2020 – Highlights | Cycling | Eurosport

コメント

タイトルとURLをコピーしました