ロードバイクの情報を発信しています!

初めて行われたRace Torquayで勝利したのは誰か?

海外情報
Photo CadelRoadRace twitter
この記事は約5分で読めます。

Race Torquayは、初めて行われた記念すべき第1回目のレース開催だった。

2月2日に行われるカデル・エバンス・グレートオーシャンレースに先立って行われた。出場メンバーは、ツアー・ダウンアンダーを走ったライダーがほぼ参加している感じで、新城幸也も走る。

コースは13キロの周回コースを10周。レースはav44km/hに迫るハイスピードレースとなった。

 

スポンサーリンク

豪華スプリンター対決となるか?

13kmの周回コース

物凄い高低差があるように見えるが、70mの最大高低差しかない。前半2回登るとあとは下るコースなので逃げるには良いコースだ。

 

Photo CadelRoadRace twitter

スタート前には、豪華スターが呼ばれる。

右から

  • ダリル・インピー (Mitchelton-Scott)
  • カレブ・ユアン(Lotto Soudal)
  • サム・ベネット(Deceuninck – Quick Step)
  • ジャコモ・ニッツォーロ(NTT Pro Cycling)
  • アンドレ・グライペル(Israel Start-Up Nation)
  • マッズ・ピーダスン(Trek – Segafredo)

周回コースなので、10回も彼らスターが見れるのは嬉しいことだ。見ているほうは面白いだろう。

 

逃げはカラフルな5人

2周目に逃げたのは5人。

  1. ニック・シュルツ(Mitchelton-Scott)
  2. ニールソン・ポーレス(EF Pro Cycling)
  3. ロバート・パワー(Team Sunweb)
  4. ヘルマン・ベルンシュタイナー( Bahrain – McLaren)
  5. クレモン・シェヴリエ(AG2R La Mondiale)

 

Jumbo-VismaからEF Education Firstに移籍したニールソン・ポーレスは早速仕事してますね。

 

 

5人が6周目の終わりに捕まったあとには、サム・ベネットのチームメイトであるドリース・デファイナンスとダリル・インピーが攻撃。後方と50秒まで開く。

 

Photo CadelRoadRace twitter

この二人の攻撃により、後方ではカレブ・ユアンが集団から遅れてしまい、そのままリタイヤした。単純に遅れたのか、それとも日曜日のレースに備えるために無理しなかったのか?

ドリース・デファイナンスとダリル・インピーの逃げも最終ラップには吸収されてしまう。

 

パヴェル・シヴァコフのソロアタック Photo CadelRoadRace twitter

最終ラップでは、ロットのアダム・ハンセンがアタック。続いてパヴェル・シヴァコフ(Team INEOS)がソロで抜け出す。

勢いが良かったが、スプリンターチームが許すはずはない。

 

最後は、ミケル・モルコフのリードアウトを受けたサム・ベネットが見事にスプリンタ勝利!

サム・ベネットは

ハードなレースだったが、ある時点でみんなに少し難しくしてほしいと頼んだ。彼らはそれを正確にやり完璧な仕事をしてくれた。

これは大変で、ツアーダウンアンダーの後の最初の努力であり、非常に難しいコースだった。たった130kmしかないため、攻撃的になり激しかった。

 

日曜日のカデルエバンスのレースもチームの力が試されるレースとなりそうだ。逃げれるチームメイトがいて、リードアウトしてくれるライダーが確実にいる。

そういったチーム力を持ったスプリンターチームが有利となるだろう。

エリア・ヴィヴィアーニはどうだろうか?

昨年は見事な勝利をあげたが、彼をリードアウトしてくれたミケル・モルコフは今年はサム・ベネットのリードアウトライダーだ。

エリア・ヴィヴィアーニの勝利はいつくることになるだろうか。

 

こちらは最初に女子のゴールシーンと男子エリートのフル動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました