ロードバイクの情報を発信しています!

リムブレーキ保護協会はリムブレーキの消失を防げるか?

海外情報
Photo rimbrakesociety instagram
この記事は約3分で読めます。

カナダで発足したリムブレーキ保護協会。

どう考えても勝ち目のない戦いのようにも見える。ディスクブレーキの急速な成長により、リムブレーキファンは消滅を恐れている。

最新のロードバイクの多くがリムよりも重いディスクブレーキを中心に設計されているため、従来のリムブレーキの消失を防ぐことを目的として設立したらしい。

私もリムブレーキのバイクなので、どうなるのか心配している一人です(^^;

 

スポンサーリンク

リムブレーキ保護協会の言い分

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The #DiscBrakeIlluminati agenda is getting harder and harder to escape 😶 New black on white colorway up on the site > savetherimbrake.com

Rim Brake Conservation Society(@rimbrakesociety)がシェアした投稿 –

リムブレーキ保護協会には、リムブレーキの消滅を防ぐという1つの使命があります。ロードサイクリング業界でのリムブレーキの消失は、私たちと上り坂のKOMでの今後の試みにとって大きな関心事です。
より多くのお金を稼ぐことは、自転車業界のすべての議題の一部ですか?
私たちはディスクブレーキが悪いと言っているのではなくて、単に利益の為だけにリムブレーキが消滅しないようにしたいのです。
リムブレーキ保護協会

カルガリーを拠点とするデザイナーでありサイクリストのグレース・ウォーカーと彼女のパートナーは、楽しい冬のプロジェクトとしてリムブレーキ協会を設立した。

彼らは、ロード用のリムブレーキのシンプルさと性能のファン。

Instagram  とThreadlessにいくつかのデザインを掲載した後、彼らはリムブレーキ愛好家のコミュニティと連絡をとっている。何か過激な運動しているとか、具体的に企業に働きかけるとかではないですね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@_meat_ has established himself as the true leader of the #discbrakeilluminati The internet is wild. Tattoo by @jessyalbertjr_tattoo @almost_fast

Rim Brake Conservation Society(@rimbrakesociety)がシェアした投稿 –

リムブレーキ協会のもっともホットな話題は、ウォーカーが腕にタトゥーを掘ったことだとか。

まあ、このままいけばロードバイクの新車にリムブレーキが搭載されなくなる日も遠くはないでしょうね。

性能でいえば、雨でもOK。ホイールのリムも削れない。重量もそのうちに、もっと軽くなるでしょうし。

勝ち目はないでしょうけど、心ながら頑張ってと言っておきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました