ロードバイクの情報を発信しています!

2021年 現在最高の軽量ホイールはどれだ? 上り坂を速く上がろう!

機材情報
Photo credit: Andrés Navarro García on VisualHunt.com
この記事は約12分で読めます。

ロードバイクのアップグレードの中でも、新しいホイールは、様々な地形に対応してバイクの操作性を向上させる最も簡単な方法の一つとなる。

しかし、さらに一歩進んで、最高の軽量ホイールを手に入れれば、道が上向きになり始めたときに、さらなるアドバンテージを得ることが可能だ。あたかも平地を走っているように。

つまり、登りを速く上がれる!

最高の軽量ホイールはリムの深さが浅いため、登り坂を楽に上がることが出来る。さらに横風の中でも安定しているというメリットがある。

あなたのバイクに最適な軽量ホイールを選ぶには、様々な制約条件が影響する。予算は常に重要な要素であり、ホイールセットの重量はリストの上位に位置するが、互換性も無視できない。

例えば、あなたの自転車がディスクブレーキを採用しているなら、ホイールもディスクブレーキに対応したものを選ぶ必要がある。

上り坂でStrava KOMを獲得するために、現在入手可能な最高の軽量ホイールのリストを見てみよう。

 

Roval Alpinist CLX

RovalAlpinist CLX photo Roval

 

  • 素材:カーボン
  • リムハイト: 33mm
  • ブレーキ:ディスク
  • タイヤフォーマット:クリンチャー
  • リムビード:フックレス
  • リム幅(内部): 21mm
  • スポーク数: フロント21 /リア 24
  • 重量: 1,248g
  • ホイールセット価格: フロント143,000円・リア198,000円

 

1,248gのアルピニスト(Alpinist)は、このリストで最も軽いホイールの1つ。価格が最高の軽量ホイールの中でかなり競争力があることを考えると、良い提案となるだろう。

価格は前後で341,000円で、このリストで最も高価なホイールの半分以下の価格。

アルピニストの唯一の欠点は、チューブレス互換性でないこと。ただ、ほとんどの人は、インナーチューブを使用してクリンチャータイヤを利用している。

こう考えると、アルピニストは本当に素晴らしいホイールのセットとなる。

その最小の重量のおかげで、加速は瞬時であり、33mmのリムハイトは横風が問題ではないことを意味する。フラットで空力的に苦しむことを期待しているにもかかわらず、予想していたよりもはるかに優れている。

平地も十分速く走れるホイールだ。

ツールでも、Deceuninck-Quick-Step、BORA-hansgroheがクリンチャータイヤを使用して勝利している。クリンチャータイヤでも全く問題ないことを示していると言って良い。

 

RovalAlpinist CLXは、公式サイトでも前後別々で購入となる。何故、セット販売でないのだろう。

 

価格でいうと10万円安くなるRoval Alpinist CLホイールも良い選択だ。ハブを交換して手の届きやすい価格となっている。リムはAlpinist CLXと全く同じで、重量は79g重くなるだけの1365g。

 

Zipp 353 NSW

Zipp 353 NSW photo Zipp

 

  • 素材:カーボン
  • リムハイト: 42-45mm
  • ブレーキ:ディスク
  • タイヤフォーマット:チューブレス
  • リムビード:フックレス
  • リム幅(内部): 25mm
  • スポーク数: フロント24/リア24
  • 重量: 1,255g
  • 税込価格:フロント262,460円/リア:319,550円

 

Zipp 353 NSWは、Zippがこれまでに製造した中で最軽量のホイールとして登場。1,255gで、非常に競争力がある。

この軽量化は、Zippのフックレスリムへの切り替え、鋸歯状のリムデザイン、より少ない部品を使用する再設計されたクラッチのおかげで可能になった。

それらは「ロードエンデュランス」ホイールとして設計されている。つまり、軽量であるにもかかわらず、短距離の坂道だけに制限されていない。

オールラウンドに使えるホイールとして準備が出来ている。 特に25mmの内部リム幅があり、推奨タイヤ幅は28mm以上で、路面耐久性のカテゴリーと完全に一致する。

また、タイヤは年々幅が広くなる傾向があるため、将来性があると言える。そのリム幅は、28mmタイヤに素晴らしい丸みを帯びたプロファイルが与えられていることを意味する。

これは、コーナーでの極端なグリップ、安定性、信頼性を、おそらく市場で最高のレベルまで提供してくれる。

ディスクブレーキとチューブレスタイプのみだが、他のチューブレス対応ホイールセットと同様に、必要に応じてインナーチューブを取り付けることができる。

欠点は、あまりにも高い値札。Zippには安価で重量もそこそこに低いホイールもあるので、それちらも検討してみる必要がある。

 

Zipp 303 Sホイールは、1,540gだが、かなり安価に抑えられている。

 

Bontrager Aeolus RSL 37

Bontrager Aeolus RSL 37 photo trekbikes

 

  • 素材:カーボン
  • リムハイト: 37mm
  • ブレーキ:ディスク
  • タイヤフォーマット:チューブレス
  • リム幅(内部): 21mm
  • スポーク数: フロント24/リア24
  • 重量: 1,325g (フロント:600g リア:725g)
  • 税込価格:フロント138,000円。リア156,000円

 

Bontrageのホイールの種類はとても多い。このBontrager Aeolus RSL 37は、ディスクブレーキ仕様のクリンチャー、チューブレスタイプとしては、とても軽量。

将来的に、チューブレス対応でディスク対応というのは長く使えるホイールとして考えても良いだろう。2年以内の落車によるクラッシュでは無料で交換して貰える。

最軽量ではないけど、良いホイールの一つだ。

 

HUNT HILL CLIMBSLチューブラーホイールセット

HUNT HILL CLIMBSL photo hunt

 

  • 素材:カーボン
  • リムハイト: 30mm
  • ブレーキ:リムブレーキ
  • タイヤフォーマット:チューブラー
  • リム幅(内部): 19mm
  • スポーク数: フロント16/リア20
  • 重量: 991g 
  • 税込価格:178,218円

 

驚くほど軽いホイールを紹介。HuntのHUNT HILL CLIMBSL。

最も軽いディスクホイールとなるとMeilensteinObermayerが上げられるけど、これは高価すぎて普通の人が買える値段ではない。100万円と言われたらねえ~。

 

この、HUNT HILL CLIMBSLならば、リムブレーキやチューブラーという制約はあるけど、現実的な値段と性能が得られるだろう。

ヒルクライムにおいては、ホイールとタイヤの軽さは武器になる。

 

Campagnolo Bora Ultra WTO 33

Introducing Bora Ultra WTO – The Beauty of Speed

 

  • 素材:カーボン
  • リムハイト: 37mm
  • ブレーキ:ディスク
  • タイヤフォーマット:チューブレス
  • リム幅(内部): 21mm
  • スポーク数: フロント18/リア24
  • 重量: 1,385g
  • 税込価格:46万7500円

 

外観の美しさにもこだわったホイール。1,385gと、最軽量のチューブレス対応ホイールではないけど、かなり高価。

ホイールには、目に見える以上のものがあり、リム自体はとても頑丈。チューブレスでセットアップするときにテープやプラグは必要ない。

スポークニップルはリムの内側に隠されており、まったく新しい印象的なハブにスホークで締められている。

これらのハブは、耐久性と効率性のためにCampagnolo独自のCULTセラミックベアリングを備えた36歯のラチェットシステムを採用。

それらはディスクブレーキとチューブレスのみであり、それらの21mmの内部リム幅は、より広いタイヤへの進歩とともにトレンドに乗っている。

 

軽量ホイールの選び方

あなたが目を向けた最初のホイールセットに飛び乗る前に、最高の軽量ホイールを構成する様々な属性を調べる必要がある。

自分のバイクに合ったホイールを選ぶことも大切だ。

 

重量

ホイールの回転質量を減らすことは、フレームを軽くしようとするよりもはるかに重要なアップグレードとなる。

考えてみれば、クライミングホイールセットはエアロホイールよりも約350〜500g軽いので、総質量を失うだけでなく、慣性を克服するためにエネルギー(およびワット数)を節約するという追加のメリットが得られる。

もちろん、他のすべてが等しい場合、より軽いホイールセットはより速くなるが、「他のすべて」は決して等しくはならない。

体重を減らすことは通常何か別のものを犠牲にすることになるだろう。それと同じで、軽ければ良いと言う訳ではないのだ。

空気力学を考えると、平地で乗っているだけなら、軽量のホイールのペアは、より重く、より空力的なペアよりも最終的に遅くなることも覚えておこう。

 

 ブレーキタイプ

ディスクブレーキの台頭は多くの点でゲームを変えた。

最も大切なのは、ホイールセット/フレームの互換性だ。ディスクブレーキホイールセットはリムブレーキフレームでは機能しない。逆もまた同様となる。

バイクに最適な軽量ホイールを選択するときは、正しいブレーキタイプを確実に入手する必要がある。これも大前提なので初心者の人は注意しておこう。

 

車軸(シャフト)タイプ

ディスクブレーキでは、より剛性の高いアクスルが必要になる。現代のディスクブレーキバイクは通常、これらのスルーアクスルを備えている。

最新のリムブレーキバイクは通常、クイックリリーススキュワーを使用し、最高の軽量ホイールは同じスクリプトに従う傾向がある。

念のため、バイクの車軸(シャフト)を再確認して、新しいホイールが一致することを確認する必要がある。

 

リムの深さ

クライミング用の軽量ホイールは通常は約25〜40 mm。

これは、クライミングや横風には最適だが、直線効率にはそれほど適していない。しかし、多くの人にとって、空気力学の犠牲は重力を打ち負かす重量を増やす価値がある。

それはすべてあなたが乗る地形のタイプに帰着する。あなたの地元のトレーニング道路が山岳または丘陵であるならば、クライミング用軽量ホイールを使うのが賢明だ。

フラットまたはローリングの場合は、エアロホイールが良いだろう。

 

材料

カーボンはアルミニウムよりも剛性が高く、応答性が高く、振動の吸収に優れていることは周知の事実だが、2つの材料の間に大きな重量の違いはない。

実際、場合によっては、アルミニウムはより軽く、安価。コスト削減のためにアルミニウムを検討することもOKだ。

 

タイヤ

最高の軽量ホイールは、剛性を維持しながら重量を最小限に抑えること。

そのため、その機能を補完するタイヤを選択する必要がある。分厚い30mmタイヤを装着しても、目的が果たせないため、ほとんど意味がない。

チューブレスホイールとフックレスビードの導入と同様に、すべてのタイヤメーカーが互換性を保証されているわけではないため、互換性も考慮する必要がある。

ここにあげたホイールはハイエンドの物ばかりだが、一度は実際に試してみたいホイールの数々だ。ホイールの購入はフレーム選びよりも効果が高い。良く考えて選択したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました