ロードバイクの情報を発信しています!

Campagnoloから新しいBora Ultra WTOがより美しく、より軽く、よりエアロになって登場

機材情報
Image: Dan Gould
この記事は約8分で読めます。

Campagnoloは、Bora Ultra WTOホイールセットの最新ラインナップを発表。

新しいBora Ultra WTOホイールは、ディスク専用ホイールで、軽量化のための新しいカーボンデザイン、ラッカーフリー仕上げ、更新されたハブ、リムの内側にニップルが完全に隠された巧妙な新しいスポーク配置を備えている。

その結果、ホイールはより軽く、より硬く、より空力的になると言われている。

Campagnoloは1994年に最初にBoraを発売し、ホイールセットは現在11回目の更新となる。

 

スポンサーリンク

Campagnolo Bora UltraWTO

こちらはプロモーションビデオ
Introducing Bora Ultra WTO – The Beauty of Speed

 

新しいBora Ultra WTOホイールは、すでに、ワールドツアーチームが今シーズンのレースですでに使用している。

UAEツアーでは、カレブ・ユアン(Lotto-Soudal)が第7ステージ優勝。

タディ・ポガチャル(UAE Team Emirates)が総合優勝。グレッグ・ファンアーベルマート(Ag2R-Citroen Team)がクラシックで使用している。

 

Lotto-Soudalは新型を使用photo Campagnolo

 

最新のBoraUltra WTOラインナップは、33mm、45mm、60mmのリムハイトとなっている。

45mmと60mmのリムハイトのホイールには19mmの内部リム幅があり、33mmのリムハイトは21mmの内部幅。3つのホイールセットはすべて25mmタイヤでの使用に最適化されている。

主張されている重量は以下の通り。

  • Bora Ultra WTO 33 – 1,385g
  • Bora Ultra WTO 45 – 1,425g
  • Bora Ultra WTO 60 – 1,530g

新しいCampagnoloBora Ultra WTO 33ホイールセットの重量は1385gで、幅の狭いBora WTO 33DBから100g減少している。

オールラウンダーのBoraUltra WTO 45は、元のBora WTOホイールと同じプロファイルを共有し、外部リム幅26.1mm、内部幅幅19mmで、Bora WTO 45DBよりも95g軽量化されている。

最も深く、最もエアロなBora Ultra WTO 60は、元の60mmの深さのBora WTOプロファイルを共有し、外部26.1mm、内部幅19mm。Bora WTO 60DBよりも60g軽くなっている。

 

外観の美しさ

photo Campagnolo

 

ホイールも新しい仕上がりになっている。CampagnoloはこれをC-Lux(Campagnolo Luxury)と呼んでおり、非常に美しい。

リムは、重量を最小限に抑えるためにフィラー、ペイント、またはチューブレスリムテープを必要とせず、鏡のような外観になり、C-Luxがリムベッドにも適用されている。

 

タディ・ポガチャルも使用 photo Campagnolo

 

Campagnoloで全てを組み上げ、SuperRecordおよびRecordクランクセットを使用すれば光沢のある仕上がりとなる。

大きなBoraロゴもなくなった。代わりに、銅の色合いの微妙なブランディングとディテールがリムとハブボディに表示され、すっきりとした仕上がりになっている。

 

photo Campagnolo

 

カンパは、ホイールのすべての部品(ハブ、スポーク、ニップル、リム)を社内で製造するというカンパニョーロの独自の立場を引き継ぎ、通常、ほとんどのホイールメーカーよりも統合されたホイール全体を構築することができる。

リムから始めて、新しいハンドメイドの超軽量カーボン(HULC)テクノロジーにより、UDとカーボンの混合レイアップ自体の重量が削減され、1つのリムから最大50g節約され、実際にはより薄いリムビーズが可能になった。

カンパは、実際には新しい材料を使用するのではなく、より最適化された材料の組み合わせと改良された組み立てプロセスにより、同じ強度でより軽いリムが得られると述べている。

 

隠しニップル

photo Campagnolo

 

最大の目に見える技術アップデートは、外部リップルの欠如。Bora Ultra WTOホイールは、完全な外部調整機能を維持する新しいAeroMo-Mag隠し内部スポークニップルを備えている。

外部からアクセス可能なニップルは、使用可能でサービス可能なチューブレスホイールを作成するための前提条件であったため、カンパは、特別なスロット付きスポークレンチで調整できる新しい隠しニップルを開発した。

 

photo Campagnolo

 

カーボンの強度と完全性を維持するために、新しい大きなスポーク穴がHULCリムに成形され、内部では、新しいガラス繊維強化複合材(ガルバニック腐食の可能性を排除)がカーボンレイアップに成形され、角度が付けられている。

スポークのスレッドとニップルの接触領域をリムの内側に持ってくると、ピーク荷重をより適切に分散し、ホイールの耐久性を段階的に向上させると言われている。

ニップル自体は、以前のCampy Mo-Magセットアップと同様に、バルブ穴を通して磁石で取り付けられているが、ホイールの組み立てやスポークの交換をこれまで以上に簡単にするために、所定の位置に配置されている。

その結果、以前と同様に、強度を損なうことなく軽量化でき、完璧なチューブレスタイヤシールを作成するためにリムテープを必要としない、途切れのないリムベッドが得られる。

 

よりエアロに

photo Campagnolo

 

新しいホイールにはWTOの名前が付けられている。これは、風洞が低空力抵抗に最適化されていることを意味している。WTOは (Wind Tunnel Optimized)の略。

上の比較では、Swiss Side Hadron 485、旧型WTO45と比較されている。

新しいホイールでは、20kmのヒルクライムまたは150kmのヒルクライムステージで7秒または8秒節約できると主張している。

新しいBoraUltra WTOリムプロファイルはすべて25mmロードタイヤ用に最適化されており、元のWTOと比較して、45mmバージョンと60mmバージョンで同じ形状を効果的に維持している。

しかし、浅い33mmホイールセットは実際には少し幅が広くなり、剛性が向上し、タイヤのボリュームが広いほど転がり抵抗が低くなるように調整されている。

エアロホイールはすべて、カンパニョーロのシグネチャーG3レーシングパターンで楕円形のエアロバテッドスチールスポークが使用されている。

ディスクブレーキ用に最適化されており、フロントディスク側にスポークが多く、ドライブ側のリアにスポークが多い2:1レーシングが得られる。

 

photo Cory Benson

 

Bora Ultra WTOホイールはディスクブレーキでのみ使用可能で、センターロック(AFS)ハブを使用。

ワンピースの合金製リアハブは、36Tの爪ラチェットが素早く噛み合う機能を備えており、フリーハブボディはCampy N3W、Shimano HG、またはSRAM XDRカセットで利用でき、10〜13スピードのドライブトレインと完全に互換性がある。

 

photo Campagnolo

 

その名のウルトラはトップスペックのベアリングを示唆しており、Bora Ultra WTOホイールはすべて、カンパニョーロのCULT(Ceramic Ultimate Level Technology)セラミックベアリングで回転し、内部抵抗を最小限に抑える。

内部にグリースはなく、軽油だけで、CULTベアリングは信じられないほどスムーズに回転し、最悪の条件でも長持ちすることが証明されている。

 

従来通り、2-Way Fitにも対応となっており、チューブレスタイヤも使用可能。

2-Way Fitとは

標準のクリンチャーとインナーチューブまたはチューブレスタイヤと一緒に使用することが出来るホイール。

 

photo Campagnolo

 

価格は、リムハイトに関係なく日本では46万6400円。シマノHGボディー、SRAM XDRボディーの場合には、46万7500円となっている。

当面はペアでの販売のみとなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました