ロードバイクの情報を発信しています!

ASSIOMA Power Meter 最も軽量で低価格なロードペダルパワーメーター

https://bikerumor.com/2019/05/15/favero-assioma-the-lightest-road-pedal-power-meter-youve-never-heard-of/ 機材情報

昨年のGiroで、 Bardiana-CSFのチームバイクでFavero BeProのダミーペダルをいくつか発見しました。これはおそらく新しいモデルが開発中であったためです。

https://bikerumor.com/2018/05/27/giro101-pro-bikes-from-bardiana-csf-greenteam-cipollini-giant-sunweb/

一年後の今、FaveroのロードペダルパワーメーターASSIOMA POWER METERが登場しています。

 

スポンサーリンク

Favero Assioma:軽量で問題のないパワーメーターペダル

Faveroの最新の左右パワーメーターペダル設定は、セグメントをリードする技術とパフォーマンスを約束します。

あまり、認知度の高くないメーカーですが、Favero Electronicsは30年以上にわたり電子スポーツ用具を製造してきました。

 

Faveroには、以前からBeProというパワーメーターペダルもあります。Faveroは、より堅牢なペダルパワーメーターの設計に取り掛かりました。

https://cycling.favero.com/

Be PRO

AssiomaはBe PROから、より進化したパワーメーターペダルになります。

 

Assiomaパワーメーターペダルの特徴は何ですか?

https://bikerumor.com/2019/05/15/favero-assioma-the-lightest-road-pedal-power-meter-youve-never-heard-of/

ほとんどのプレミアムペダルベースのパワーメーターと同様に、新しいAssiomaは簡単なセットアップ、BluetoothとANT +通信、信頼できる/一貫したデータ出力を提供します。

しかしそれを超えて、Assiomaはペダル本体を完全に電子機器のない唯一のペダルパワーメーターであると主張します。

 

 

Faveroは、すべての電子機器を衝撃から保護されているペダルアクスルの周りのハウジングに押し込みます。そのため、メンテナンスが簡単で手頃な価格のペダルを使用できます。

(クラッシュ交換用ペダル本体の価格もわずか60€です。)

 

https://bikerumor.com/2019/05/15/favero-assioma-the-lightest-road-pedal-power-meter-youve-never-heard-of/

 

Faveroはまた、Assiomaの保護された電子機器ハウジングの内側全体を樹脂で満たし、それらを完全防水(IP67認定)および耐衝撃性にします。

本体には外部への開口部がありません。交換可能なバッテリーはありませんが、代わりに磁気充電タブを使用しても充電スロットがありません。

 

https://road.cc/content/review/232788-favero-assioma-duo-power-meter-pedals

適切な内蔵の充電式リチウムイオン電池(パワーメーターペダルでは珍しい)を使用することによって、ペアデバイスに正確な残存充電データを報告することができます。

ペダルは、Favero Assiomaアプリによる簡単なバッテリーモニターと、ペアリングされたGPSの8時間のエネルギー残量警告があり、50時間以上の走行時間を可能とします。

Faveroはまた、Assiomaを「ペダル史上最軽量のパワーメーター」と呼んでいます。ペダルあたり150g(ダミーペダルの場合は128g)で、ペダルパワーメータースタックの高さもわずか10.5mmです。

 

技術詳細

https://bikerumor.com/2019/05/15/favero-assioma-the-lightest-road-pedal-power-meter-youve-never-heard-of/

Assiomaのオンボードジャイロスコープによる瞬時角速度(IAV)測定により、クラス最高の±1%の電力精度を達成しています。

多くのパワーメータは各回転でのクランクアームの平均角速度に基づいて出力を計算しますが、IAVソリューションはより詳細な出力データを検出し、クランクアームの速度が各回転で大きく変わる楕円/楕円チェーンリングを使用する場合は特に正確です。

 

Faveroのパワーメーターハウジングのこの新しいバージョンは、以前よりも薄型になっています。

https://bikerumor.com/2019/05/15/favero-assioma-the-lightest-road-pedal-power-meter-youve-never-heard-of/

通常のワイヤレス接続に加えて、Assiomaは2つのデバイス(1つのBluetooth、1つのANT +)に一度に接続して送信し、Zwiftのような仮想トレーニングアプリを利用しながら、ライドデータを別々に記録します。

 

パワー&ペダルデータメトリクス

https://bikerumor.com/2019/05/15/favero-assioma-the-lightest-road-pedal-power-meter-youve-never-heard-of/

ひずみゲージがペダルのアクスルで直接測定するので、Assiomaパワーメーターは力の正確なデータを測定します。

メトリクスには、真の左右の電力出力、実際の左右のバランス、ペダリングケイデンス、トルク効果、ペダリングの滑らかさ、そして真の両面パワー測定から推定されるほとんどすべての独自のデータが含まれます。

 

取り付けが簡単、自転車同士の交換が簡単

https://bikerumor.com/2019/05/15/favero-assioma-the-lightest-road-pedal-power-meter-youve-never-heard-of/

以前のBeProパワーペダルを大きく更新した新しいAssiomaは、Plug&Playライフスタイルのためのデザインです。 特別な道具は必要ではなく、一度設置された動的較正も必要ありません。

ですから、通常のペダルと同じように8mmのアレンキーでそれらを簡単に外すことができます。そして、それらを1つの自転車から次の自転車に数秒で交換できます。

サイクリングコンピュータのキャリブレーションオプションをクリックして手動で再ゼロ設定すると、Assiomaペダルが内部セルフキャリブレーションを実行してレポートを作成するまでに、「数十」のペダル回転(ブロックを踏む)がかかります。

全体のプロセスは数分かかります。

 

AssiomasはダブルマイクロUSBケーブルを使って両側を同時に効率的に充電します。 

 

どちらかのペダルのプラスティック製ハウジングの上に専用の磁気充電ドングルをはめ込み、さらにmicro-USBを差し込むだけで、6時間で充電が完了します。

 

価格

https://bikerumor.com/2019/05/15/favero-assioma-the-lightest-road-pedal-power-meter-youve-never-heard-of/

Assiomaパワーメーターペダルはイタリア製。

Faveroの公式サイトから購入もできます。

両方にセンサーもあるタイプと、片側だけで計測するタイプの2種類です。

  1. 両方にパワーセンサーがあるタイプの  Assioma Duo    €569,67 約7万円
  2. 片方のペダルでパワーを計測できる Assioma Uno     €364,75 約4万5千円

それぞれに6°フロートクリートが含まれていますが、オリジナルのLookKèoクリートとも互換性があります。

 

日本ではアマゾンから購入きます。ペダル型のパワーメーターとしては低価格となってます。
ただ、片側だけのAssioma Unoなので、これだと高いですね。価格はDuoの価格なのですが確認したほうがよさそうです。

追記 アマゾンに確認すると、片側でした。

 

海外輸入ならば、こちらのサイトがDuoで買えますね。チームが教えてくれました(^^♪

 

 

ガーミンやLOOKと比べても、低価格で重量も最軽量ですね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました