ロードバイクの情報を発信しています!

Lightweightsからロードチューブレスホイール4セット発表

機材情報
この記事は約4分で読めます。

究極の回転体と呼ばれるLightweightsのカーボンホイール。

ついに、Lightweightsもチューブレス対応のホイールを発売することになった。

今回発売されるのは、Generation EVOシリーズと名付けられた4つの新しいホイールセット。

  • Meilenstein EVO:£4,899
  • Wegweiser EVO:£3,499
  • Fernweg EVO 63:£7,319
  • Fernweg EVO 85:£7,319

これらは全てチューブレス互換で、5角形のカーボンディスクブレーキハブを中心に構成されている。

すべてのグループセットと互換性があり、新しいカーボンレイアップで、Generation Evoホイールはグラベルロードやシクロクロスの使用にも十分な堅牢性を備えている。

 

スポンサーリンク

Lightweight Meilenstein EVO wheels

https://www.bikeradar.com/news/lightweight-tubeless-road-wheels/

Meilenstein EVOは、Lightweightのクラシックホイールデザインのアップデート。

48mmのVセクションカーボンリムは、24mmの外部幅/ 18mmの内部幅。

重量は1,380gで、重量は以前の Meilenstein discと同じ。そのため、追加費用なしでチューブレスの互換性と堅牢性を実現できる。

フロントとリアに20本のフルカーボンスポークがあり、ホイールのシステム重量制限(ライダーとバイクの合計)は120kgで十分な剛性がある。

Lightweightの剛性は軽量ホイールでは有名。イネオスもスポンサーでないのに2019ツール・ド・フランスで自費購入して使用していることからもわかる。

 

 

Lightweight Wegweiser EVO wheels

https://www.bikeradar.com/news/lightweight-tubeless-road-wheels/

Wegweiser EVOは、より薄型でより一般的な軽量ホイールとなっている。

軽量で36mmのリムハイトは、風の強い状況でもハンドリングが取られることもないだろう。

Wegweiserはドイツ語で「標識」を意味し、このホイールセットはLightweightが企業として動いている方向を示すことを目的としている。

ドイツのフリードリヒスハーフェン(Friedrichshafen)で作られており、リムは手ではなく機械で作られる。

ホイールごとに20本のカーボンスポークが各リムに手組で接着され、合計1,450gの重量。重量制限は120kg。

この製造プロセスは、Lightweightの手作りホイールと比べて少し重量が増えるが、Wegweiser EVOを大幅に安く製造できることも意味している。

と、言っても3,499ポンド(49万円)は安くはないですけどねえ~。

 

Lightweight Fernweg EVO 63 and 85 wheels

https://www.bikeradar.com/news/lightweight-tubeless-road-wheels/

LightweightのFernwegシリーズは、リムの形状に対してより現代的なアプローチを採用している。

空力特性をさらに重視し、軽量でフルカーボン構造を採用しU字型のリムが広くなっている。

 

Fernweg EVO 63

Fernweg EVO 63には、リムハイト63mm、幅25mmのリム(内部幅18.2mm)があり、Lightweightは空力効率のために最適化されている。

重量は1,695gであり、これはディスクブレーキ、チューブレスホイールセットにしてはとても軽い。

Lightweightは、これらをロードレース、タイムトライアル、トライアスロン用のオールラウンドなホイールセットとして展開する。

 

Fernweg EVO 85

Fernweg EVO 85には、リムハイト85mm、幅26.4mmのリム(内部幅18.2mm)となっている。

重量は1,765gで、フラットなタイムトライアルとトライアスロンに適してる。

両方のホイールセットは、フロントとリアの20本のフルカーボンスポークで構成されており、システムの重量制限は120kgとなっている。

価格は、£7,319(約100万円)となっており、Lightweightらしい?  価格となっている。

Lightweightもチューブレス対応となり、新たな時代に突入しそうですね。

発売は2019年11月からとなっているので自分へのクリスマスプレンゼントとしていかがでしょう?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました