ロードバイクの情報を発信しています!

Rovalが最速のRapide CLXと最軽量Alpinist CLXホイールセットを発表

road.cc機材情報
photo LIAM CAHILL
この記事は約4分で読めます。

Rovalから2つの新しいホイールセットが発表された。

Rpide CLXは、新しいエアロ/オールラウンドホイールの製品ラインナップであり、Alpinist CLXクライミングホイールは、Rovalの中で最軽量のロードクリンチャーホイールとなった。

RovalのCLXシリーズは、リムハイト24、32、50、64mmのリムおよびディスクブレーキモデルを含むように近年成長していた。

だが、RapideとAlpinistの新しいモデルは、これらのオプションに取って代わり、レンジを簡素化する可能性がある。

 

スポンサーリンク

Rapide CLX 世界最速のオールラウンドロードホイール

photo Roval

Rapide CLXの目標は、実際の状況で最速のホイールセットを目指し、そのために空力と軽量の両方で最高の物を作ることだった。

強風時の不安定さを減らすことも目標であり、速度の低下とクラッシュの可能性を回避した。データは今の所、公開されていない。

 

前後のリム形状 photo Roval

フロントとリアのリム形状は大きく異なる。

安定性への影響が少ない後輪は抗力の低減に重点を置き、フロントは浅くて広いリム形状となった。

  • フロント :  リムハイト51mm、幅は35mm
  • リア  :  リムハイト60mm 幅30mm
その結果、Rovalは、ホイールセットはオールラウンダーのCLX50ホイールセットよりも25%安定していると述べている。

 

photo Roval

AeroFlangeハブには、DT Swissの新しいEXPフリーハブで構築されたカーボンホイールはクリンチャーのみで、チューブレス対応ではない。

 

Roval
Rapide CLX
  • リムタイプ:カーボン、クリンチャー
  • リムの幅:F–内部21mm、外部35mm・R–内部21mm、外部30.7mm
  • リムハイト:F– 51mm・R– 60mm
  • スポーク数:F 18本・R 24本
  • スポークの種類:DT Swiss エアロライトTヘッド
  • ハブ:Roval AeroFlange Disc
  • 重量:F– 649g。R– 751g。計 1400g
  • 価格 :   120,000円/170,000円(税抜)(F/R)

 

 

Alpinist CLX  Roval最軽量

photo Roval

Alpinist CLXホイールセットは、クライミングを第一に考えて作成された軽量ホイール。アルピニストCLXはペアで1,284グラム、CLX32よりも約66グラム軽くなっている。

Rapide CLXとAlpinist CLXの両方にあるAeroフランジハブは、エアロタッチと強度の向上をもたらし、スポークの重量を軽減している。

すべてのRovalカーボンホイールは、ライダーの最大体重は109 kgとなっている。

 

Roval
Alpinist CLX
  • リムタイプ:カーボン、クリンチャー
  • リムの幅: 21mm内部幅
  • りムハイト: 33mm
  • ポーク数:フロント– 21本・リア– 24本
  • スポークの種類:DT Swiss エアロライトTヘッド
  • ハブ:Roval AeroFlange Disc
  • 重量:フロント– 562g。リア– 686g。セット– 1286g
  • 価格 :120,000円/170,000円(F/R)税抜

 

チューブレス対応でないのは驚きだが、チューブレスにするためには追加の材料が必要であり、その余分な質量はチューブレスタイヤのメリットを上回っていただろうというのがRovalの考えのようだ。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました