ロードバイクの情報を発信しています!

2019ツール・ド・フランスでブロはどんなホイールを使っていたか?

機材情報
https://twitter.com/TeamSunweb
この記事は約8分で読めます。

ブロは、どんなホイールを使っているんでしょうか?

ツール・ド・フランスで各チームがどんなホイールを使っていたのか気になりますね。

各チームのホイールを見てみましょう。

 

スポンサーリンク

Team INEOS

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

Team INEOSは、ほとんどの場合Shimanoのホイールを使用。

写真は、ゲラント・トーマスの使用しているShimano Dura-Ace C60。

重量は666g(f)と830g(r)。 リム60mm、幅28mm。

 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

Team Ineosは、このツール・ド・フランスで初めてLightweightsのMeilenstein Obermayerを使用した。

エガン・ベルナルが使用しているMeilenstein Obermayerは、フロント475g。リア630gの重量しかない。

 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

ShimanoはINEOSにタイムトライアル用のPro Textremeホイールを提供している。

トーマスは、フロントに3本スポークのTextreme Tubularを使用。 炭素繊維のリボンが一緒に織り込まれているトレカ Carbon T1100-1Kから作られている。

その考えはクリンプを減らし、それによって機械的性能を改善することにある。

 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

後輪ディスクも同じ技術を使用。

 

ゲラント・トーマスのタイムトライヤルバイクについてはこちら。

 

Mitchelton-Scott

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

Mitchelton–Scottのサイモン・イエーツはScott Addict RCにC40ディスクを使用。

名前はC40となってますが、リムは37mm。C40の重量はフロント609g、リア763g。

 

サイモン・イエーツのバイクはこちら。

 

Trek-Segafredo

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

Trek-Segafredoは、Trekの自社ブランドであるBontragerのホイールを使用。

リッチー・ボートは、Aeolus XXX 4 Disc Tubularを使用した。

奥行き47mmで、このシリーズの代表的なモデル。ハブは、DT Swiss。

 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

Bontrager Aeolus XXX 6ディスクチューブラーは60mmのリムハイト。

Bontragerによると、Speed Stability Shapeは風の強い状況でのサイドフォースを軽減するので横風にも強い。

 

BORA – hansgrohe 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

Peter SaganのバイクにはRoval CLX 64が装備されている。

ほとんどの80mm深さのホイールよりも引きずり抵抗が少なく、競合他社よりも半ポンド軽量で、

世界で最も速いスポークホイールだと、Specializedは主張する。

このホイールはCeramicSpeedベアリングを特徴とし、リアはDT Swiss 240 freehubとなっている。

 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

Rovalによると、このKuota Calibur TTバイクのCofidis製321ディスクは、これまでで最も空気力学的に効率の良いホイールだという。

 

Team Dimension Data

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

Dimension Dataは、米国ブランドのEnve製のホイールを使用。

スティーヴン・カミングスの5.6 Discホイールの2つのリムは、高さが違う。

フロント54 mm、リア63 mm。

自転車のハンドリングに最も影響を与えるのはフロントホイール。

横風に巻き込まれるとステアリングに影響が出る可能性があるので、リムハイトは抑えないといけない。

Enveは、リムブレーキからディスクブレーキへの移行を、空力効率を向上させるチャンスとして捉えている。

 

Enveの考えるディスクブレーキのメリットは
  • ブレーキ面を排除することで、空力的および構造的な可能性が広がる
  • 平坦なブレーキ面を設計したり、ブレーキによる高温を管理したりする必要がない
  • リムの重量を減らせる
  • 形状を調整して空力特性を改善する
  • チューブレス性能を向上させることができる

 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

Enveは、SES Discが入手可能な最速の後輪であると主張している。

(これは、Rovalがその321 Discに対して、ZippがそのSuper-9に対して言っているのと同じ主張)

他のSESホイールと同様に、それはコンサルタントの航空力学者であるSmart Aero TechnologyのSimon Smartによって開発された。

 

Movistar Team 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

Campagnoloは、コンポとホイールを提供。

チームはリムブレーキのみを使用している。ミケル・ランダの乗るのはCanyon Ultimate CF SLX。

Bora Ultra 50は、CULTセラミック製ボールベアリングを装着したフルカーボンリムとカーボンハブで作られている。

 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

世界チャンピオンのアレハンドロ・バルベルデはBora WTO 60を使用。

 WTOは ‘Wind Tunnel Optimized’の略で、これらのホイールは空気力学を念頭に置いて設計されている。

 

世界チャンピオン、アレハンドロ・バルベルデが乗るバイクはこちら。

 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

チューブラーを使用するのではなく、チューブレスタイヤ(この場合はContinental Grand Prix 5000 TL)を使用。

Campagnoloは、これが最速の方法だと主張。

 

Movistarのイマノル・エルビティは、Canyon Speedmax CF SLXタイムトライアルバイクで、77mmのCampag Bora WTOを使用。

Bora Ultra TTリアホイールとともに装備している。

 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

後輪ディスクは864gの重量。

 

Bahrain Merida 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

CampagnoloのサブブランドFulcrumは、Bahrain Meridaのホイールサプライヤです。

ヴィンテェンチツォ・ニバリは、Merida Reacto KOMでFulcrum Speedsを選択した。

リアは55mm。フロントは40mm。両方のリムはブレーキ面にAC3処理を施したフルカーボン。

AC3はAll Conditions Carbon Controlの略で、そのテクスチャデザインは天候に関係なくコントロールの向上をもたらす。

 

ニバリの乗るマシンはこちら。

 

Androni Giocattoli – Sidermec 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

Arkea – SamsicのホイールはオランダのブランドFFWDからのものです。

F4の45mmディープリムはカーボン製。 

 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

今回のトライアルバイクは前部に深さ60mmのF6と後部にディスクホイールを備えている。

 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

新しいFFWD Falcon 2スポークホイールは、Arkea – SamsicとTotal Direct Energieの両チームでタイムトライアルに使用された。

リムの深さは最浅部の48mmから最深部の90mmまでさまざまで、FFWDはホイールが空気力学的にも優れていると考えている。

 

2本スポークのfalconについてはこちら。

 

Astana Pro Team

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

チームアスタナはフランスのブランド、コリマのホイールを使う。

ヤコブ・フグルサングは、Argon 18 Nitrogen Discに32 WS Discを装着。

リムハイトは32mmでかなり低い。

ホイールの重量は後輪775g。前輪645gとなっている。

 

CCC Team 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

CCCはGiantバイクを使用。

ホイールなどのコンポーネントはGiantのサブブランドCadexから提供されている。

65チューブラーは、連続カーボンファイバー構造とエアロカーボンスポークを備えたリムを特徴としている。

リムハイトは、65mmですが、ホイールセットの総重量は1,367gと軽量。

 

Team Katusha Alpecin

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

Katusha – Alpecinのバイクは、Canyon Speedmax CF SLXタイムトライアルバイク。

前輪は、Zipp 858 NSWフロントホイールでセットアップ。

デザインは77mmから82mmの深さで起伏があり、それはドラッグとサイドフォースを減らす効果がある。

 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

Super-9 Discホイールは高度な境界層制御(ABLC) – 表面を横切る気流を滑らかにするように設計されているディンプルパターンを備えている。

 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

当然、ZippはそのSuper-9が「史上最速のホイール」だと主張している。

 

AG2R La Mondiale 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

ロマン・バルデの乗るのはEddy Merckx Stockeu69。

MavicのComete Pro Carbon SLチューブラーホイールが装着されている。 これらは深さ64mmのフルカーボンリムを持ち、そのプロファイルはNACA(National Advisory Committee for Aeronautics)エーロフォイルに基づいている。

抗力を最小限に抑えるだけでなく、幅広く丸みを帯びた形状は横風の安定性を提供するように設計されている。

 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

Mavicはいくつかのホイールに特別なツールドフランス仕上げ(購入可能)を与えた。グラフィックは今年のレースで訪れた場所のいくつかを表している。

 

https://road.cc/content/feature/264337-wheels-tour-de-france

これらは、40mmのリム。

薄いカーボンハブのフランジ、ブレード付きカーボンファイバースポークを備えたCosmic Ultimate Tsです。

 

マビックのツール・ド・フランス限定版ホイールについてはこちらで記事にしてます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました