ロードバイクの情報を発信しています!

【追記 ビデオ差替】クリス・フルームがリハビリと今の気持ちをビデオで公開 

海外情報
https://twitter.com/chrisfroome
この記事は約3分で読めます。

クリス・フルームがクリテリウム・ドーフィネのタイムトライヤルのコースを試走中にクラッシュしてから7週間がたった。

フルームは、ツイッターでのコメント以外では何らかの公言を避けていた。

今回、クリス・フルームのクラッシュとリハビリを説明するビデオが発表された。

 

スポンサーリンク

リハビリの状況

フルームは6月12日にクラッシュ。

大腿骨に複雑な複合骨折を起こし、約2リットルの血液を失ったと伝えられている。

彼は、内部の怪我に加えて、股関節、肘、肋骨の骨折。何時間もの手術を受け、 胸骨と椎骨の骨折を追加され、集中治療室で過ごした。

フルームは実に3週間以上病院に入院。

投稿したTwitterには、彼が理学療法を受けていることと、左足で自転車に乗っていることを示している。

 

 

「私は最初クラッシュの後少し落ち込んでいた。

自分に起こったことを理解するのに少し時間が必要だった。でも、ようやくここまで来た。

私は午前中に3時間の理学療法を受け、さらに午後は自宅で2回の運動をします。 

最後に、ファンのみなさんに感謝します。
私の目標は、来年のツール・ド・フランスのスタート時に、今年持っていた、あるいはもっと強くなった状態で、自分自身を紹介することです。

毎週、自分自身に到達するための小さな目標を与え、そしてわずかな改善を見ます。それは容易な道ではないでしょう。

しかし私は小さいステップでそこに着くでしょう 」

 

ロングインタビューでは、事故の様子や家族への感謝なども語っています。

ビデオを見ると、理学療法士に良いリハビリをして貰っているようですね。

まだ右足では、ペダリング出来ないようですが、徐々に回復しているようで安心しました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました