Wahoo Fitness 簡単設定のローラーアプリ

雨だったので、しょうがないからローラートレーニングしようと、いうときに何かいいアプリないかなあ~と、探していたら簡単に設定できるiPhone用ローラーアプリがありました。

機械オンチの私がダウンロードしてからちゃんと測定出来るまでに3分とかかりませんでした。なんと、最近のアプリは素晴らしいです!

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

Wahoo Fitnessとは

フィットネスとかのアクセサリとか自転車のメーターとかも販売しているメーカーのようです。日本での正規代理店がありました。

Wahoo Fitness日本正規総代理店:フォーカルポイント株式会社
フォーカルポイント株式会社は、iPhone、iPad、スマートフォンなどのデジタル機器をこれまで以上に楽しくするケース、アクセサリを世界中のメーカーから選りすぐり日本国内で販売・サポートを行っております。

Wahoo Fitnessは、フィットネス&ヘルス向けのセンサーやアクセサリを数多く取扱う会社です。専用ディスプレイを備えたものではなくスマートフォンと連携した製品にすることで、より身近にフィットネス製品を楽しむことができる製品設計を目指しています。2014年より英国の自転車ロードレースチーム「チームスカイ」とスポンサー契約を結び、トレーニングに不可欠な要素の1つであるパワートレーナーの公式サプライヤーになっています。

なんとチームスカイとスポンサー契約を結んでいるとは、メーターとかローラー台も販売しているようです。

ダウンロード先

wahoofitnessで検索すればすぐに出ると思います。iPHoneは以下で

Wahoo Fitnessを App Store で
「Wahoo Fitness」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。Wahoo Fitnessをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

アンドロイド版もありました。

Wahoo Fitness: Workout Tracker - Google Play の Android アプリ
ワフーフィットネスワークアウトデータを追跡するためのランニング、サイクリング、フィットネスアプリです。

設定方法

ダウンロード終わったらFitnessのアイコンをクリックして起動します。

たしか最初はこんな画面だったような~。を押します。

設定することは2箇所です。プロフィールとセンサーを検索するだけです。

ヘルスケアアプリで共有を選択すると色々なアプリと連携できるそうです。

私は、いいえ結構です。を選択

ちなみに共有できるアプリは

https://itunes.apple.com/jp/app/wahoo-fitness/id391599899?mt=8

引用 https://itunes.apple.com/jp/app/wahoo-fitness/id391599899?mt=8

あなたのプロフィールを設定して下さい

入力したらをクリック

センサーを接続で、自転車についているセンサーの近くにiPhoneを持っていきます。

私の場合には、TrekのDuoTrap Sの近くに持っていってペダルを回してやります。

Bluetoothにも対応しているのですぐ、アプリが反応しました。

で、乗ってもないのにもう動き出しました。ここまで3分もかかってないです。

停止しても、再開モードもあって、継続時間の画面もありました。

ローラーやってる時の曲が登録できる

あわてて、シューズはいてローラーをやり始めたのですが、なんと画面が切り替わって、好きな曲を選択しろ、とか出ました。適当に追加するとiPhoneから曲が~

何曲でも登録できるみたいですけれども、ミュージックかけとけばそれでいいような気がしないでもないです^^;

記録は

距離とか時間とか、平均ケイデンスとか履歴が残るみたいです。

外を走ると走ったコースが記録。ランニングもOKみたいですね。

まとめ

水曜日が小雨で、Wednesday RIDEが出来なくなりローラーしました。若者二人は走ったそうで申し訳なし。このアプリを使ってみましたが最初は曲もあって、こりゃいいなあ~とハツカネズミ運動してたのですが、あっというまにダラダラ回しに~。

頑張っても40分しか持たないという(ーー゛) AV20kmですからねえ~。ママチャリに負けそうです。私のようにパワーメーター持ってなくて、Bluetoothのセンサーが自転車についているならば簡単に始められていいです。

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする