ロードバイクの情報を発信しています!

ヴィクトール・カンペナールツはTTスペシャリストからアグレッシブなレーススタイルに変える!

海外情報
Photo credit: dvdbramhall on Visualhunt.com
この記事は約5分で読めます。

ヴィクトール・カンペナールツは29歳でタイムトライヤルスペシャリストからアタッカーへの変身を遂げた。

アワーレコードを更新してから、東京オリンピックの金メダルを目指していたが、ベルギーの代表枠の二つは、2019世界選手権TTで2位となったレコム・エヴェネプールとワウト・ファンアールトが選ばれている。

ヴィクトール・カンペナールツが2019世界選手権で6位以内の入賞であれば、ワウト・ファンアールトは出場していなかったので、ベルギー代表になっていたのだけとこれは仕方ない。

特に2020年はNTTがスボンサーだっため、東京への出場はマストだったのだけど。

代表でなくなったことにより、ヴィクトール・カンペナールツはTTでの成功をあきらめなけばいけなくなる。

 

スポンサーリンク

変えなければならなかった

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Victor Campenaerts(@campenaertsvictor)がシェアした投稿

 

ヴィクトール・カンペナールツはインタビューで、まずはチームの高い目標を説明した。

Qhubeka ASSOSにより、私たちは勝利以上のものを目指している。

自転車を寄付することで、アフリカの人々の前進を支援している。なぜなら…自転車は人生を変える。Ubuntu(異なるコミュニティ間の接続)は私たちの哲学なんだ。

 

Qhubekaは10万台以上の自転車を、子供や働く大人達に寄付しており通勤時間は劇的に減っている。

ヴィクトール・カンペナールツは昨年、アントワープからイーストフランダースのガーフェレに引っ越している。

アワーレコードの記録保持者だが、タイムトライヤルはもはや彼の専門ではない。昨年、オリンピックの夢を片付け、走り方を根本から変えることになった。

 

私は変えなければならなかった。フィリッポ・ガンナ、ワウト・ファンアールト、レムコ・エヴェネプールのような人たちに感謝する。

ワウトと、レムコは東京でのタイムトライアルでうまくいくでしょう、私はそれを確信している。しかし、私は別のアプローチを探さなければならなかった。

それは攻撃的でアグレッシブなレーススタイルを目指すことにつながる。

ロードレースの中で、TTのレース数は限られておりオリンピックの夢もなくなればロードレースで活躍するしかない。

得意のTT能力を生かしたアタッカーになることが求められた。

 

ジロで実を結ぶ

 

ヴィクトール・カンペナールツは昨年の春から、攻撃的なレースを何度もしている。だが、成功につながることはなかった。

昨年のジロ第19ステージでも逃げに乗っていたが、2位と勝利には届かず。

この第15ステージに照準を合わせていた。チームは、マウロ・シュミットとジャコモ・ニッツォーロで2回の勝利を得ていた。

3回目が必要だがチームにクライマーはいない。これが最後のチャンスだった。

 

最初に誰がブロトンをバラバラにしたのかわかりましたか?私たちがそうだった。

再スタートの両方で、私たちは3人のチームメイトと一緒にいた。その優位性が必要だった。

そして、チームメートの信頼のおかげで、それは最終的に報われたんだ。

フィニッシュから20キロ強でオスカー・リースビークを先に進めたとき、私は完全に信じていた。主要なグループには良いクライマーがいることを知っていたので、それは意図的な行動だった。

決勝では、オスカーが優れていると感じていた。彼の複数の攻撃から判断すると、彼もそう思っていただろう。

私達はお互いに数回プレッシャーをかけた。最後は彼がスプリントを早く開始してくれたので助かった。

最後に、カンペナールツは、チームメイトに感謝している。

昨年末まで、スボンサーが決まらずチーム存続の危機に立たされていた。2022年も続けるためには、あらたなスポンサーも必要だ。

チームはQhubekaの素晴らしい理念を持って実際に行動にも移している。このジロで3勝をあげたチームは他にない。来年以降も続けられるように願いたい。

 

こちらは第15ステージのラスト1km
Giro d’Italia 2021 | Stage 15 | Last Km

コメント

タイトルとURLをコピーしました