ロードバイクの情報を発信しています!

アレハンドロ・バルデルデはオリンピック延期を受けてどうする?

海外情報
Photo Alejandro Valverde instagram
この記事は約4分で読めます。

2021年にオリンピックが延期されたことは、年配のアスリートに問題を引き起こしてしまう。

特に、最年長のアレハンドロ・バルベルデは41歳となるが、来年も引き続き東京に行きたいと思っている。

2021年のシーズンで引退する予定のバルベルデはフルガスでシーズン終了まで戦うことを決意している。

だが、今シーズンにレースが再開された場合には?

 

スポンサーリンク

レース再開の場合

こちらはアレハンドロ・バルデルデのビデオメッセージ。

東京オリンピックは正式に延期となった。

そのとき41歳になるので、すべてがもっと難しくなる。だが、契約にはあと1年ある。2021年、私はレースに出場する。
ナショナルコーチが私を選択した場合、オリンピックに出場し、できる限りのことをしようとするだろう。

 

2018年の世界チャンピオンであり、過去6回のメダリストでもあるバルベルデは、オリンピックでの成功は体験していない。 

  • 2004年 アテネ47位
  • 2008年 北京12位
  • 2012年 ロンドン18位
  • 2016年 リオ30位

 オリンビックでは、全く成績を残せていないのだ。

 

オリンピックの延期は避けられなかった。誰もが適切にトレーニングできなかったので、それはより複雑になり、健康が第一となった。

Covid-19パンデミックで、すべてのレースが中断され、Spring ClassicsとGiro d’Italiaは延期される。

 

 

いつレースが再開されるかは不明だが、バルベルデは、ツール・ド・フランスが開催されるならばターゲットにすると語った。

バルベルデは以前、ツール・ド・フランスを東京オリンピックの準備として使用することを計画していた。パリの最終ステージと日本の男子ロードレースとの5日間のギャップを考え、早めにレースを離れることを計画。

 

それは明らかに私の計画を変える。ツールに出場できる場合は、まったく異なるアプローチになる。
ツール・ド・フランスに取り組み、100%を達成し、エンリク・マスとマルク・ソレルの強力なメンバーと協力する。シーズンの終わりには、そこですべてのレースにフルガスを投入する。

 

引退の撤回はあるのか?

レースの中断は、2021年の終わりに引退する意向を明らかにしたバルベルデの長期計画にも影響を与える可能性がある。

 

このストップで、契約を延長するかどうかはわからないが、2021年はフルシーズン走るつもりだ。その後も、チームの一部として残こる。

バルベルデは、引退してもチームの幹部として自転車に関わる仕事を続けるつもりだ。

 

スペインでの封鎖生活は

Photo Alejandro Valverde instagram

スペインはコロナウイルスのパンデミックの影響を最も受けた国の1つであり、スペインは過去10日間ロックダウン状態にある。

他の国とは異なり、プロのライダーは屋外でトレーニングすることはできない。

 

バルベルデは過去10日間ターボトレーナーに乗っている。三本ローラーと固定ローラーを使い分けているようだ。

誰もが一番最初にすることは家にいること。必要なものを除いて外出しないでください。薬局や食料品店に行く必要があります。それ以外は必要ない。
残りの時間は家にいて家で過ごす。私たちは一緒にこれを乗り越え、それが終わったとき、私たちは自由をさらに楽しむでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました