ロードバイクの情報を発信しています!

短縮されたジロ・デ・イタリアとモニュメントが秋に開催か?

海外情報
Photo giroditalia twitter
この記事は約3分で読めます。

UCIは、延期されたモニュメントやジロ・デ・イタリアのためにレーススケジュールを11月1日まで伸ばすことを考えていることを発表した。

そして、短縮されたジロ・デ・イタリアが秋に開催される可能性があることも述べている。

 

スポンサーリンク

アムステルゴールドも中止

UCIが4月のレースをしないことを発表したため、4月19日開催のアムステルゴールドも中止を発表している。

モニュメントの延期はすでに発表されていた。

 

そして、ジロ・デ・イタリアの延期の発表。

 

レース主催者(AIOCC)、チーム(AIGCP)、およびライダー(CPA)を代表する協会との電話会議の後、UCIはシーズンを延長し、延期されたモニュメントとジロを開催出来る日付を見つける意向を確認した。

メンズカレンダーに関しては、利用可能なスペースに応じて、3つのグランドツアーとサイクリングのモニュメントへの重複の可能性を考慮する。柔軟性の原則は、イベントでチームが参加するサイクリストの数に関しても想定できます。

UCIは、男性と女性のシーズンが11月1日まで延長されることも追加している。

ツアー・オブ・広西が10月15日から25日まで開催されるので、その後に詰め込まれるのだろう。

ジロ・デ・イタリアについては、レース日数を短縮して計画。ツール・ド・フランスに関しては今の所計画は変わっていない。

 

再描画されるシーズン後半のカレンダー

Photo Yuzuru Sunada

UCIは、シーズンを11月1日まで延長するだけでなく、モニュメントとジロのスペースを確保するために、すでに秋に予定されているレースを再編成する準備をしている。

テニスでも、全仏オープンを9月に移動しており、これにならったものだ。

だが、仮に東京オリンビックが秋まで延期された場合には、これらの計画は何の役にも立たなくなることは認めている。

レースの決定は3週間前には行われる必要がある。警察とも連携して道路確保が必要だからだ。

今後、予定されているワールドツアーレースは、クリテリウム・ドーフィネ。5月30日に開催するならば5月初旬には警察に道路使用の承認を得なければならない。

レースの再開には、5月初旬にコロナウイルスの影響が収束していることが絶対条件となる。日数にすると後40日。どうなっているだろう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました