ロードバイクの情報を発信しています!

2022ツール・ド・フランス第15ステージでJumbo-Vismaを襲う地獄の一日 これは序章なのか?

海外情報
Photo by Andrey Zvyagintsev on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

ツール第15ステージは、ロデズからカルカッソンヌのピレネー山脈付近まで、202kmの暑いルートを走った。

だが、スタートに先立ちJumbo-Vismaのエース、プリモッシュ・ログリッチのリタイヤが告げられる。

 

だが、これはJumbo-Vismaを襲う地獄の始まりでしかなかったようだ。

 

スポンサーリンク

ステファン・クライスヴァイクの離脱

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット 以下同様

 

ステファン・クライスヴァイクは、ゴールまで60kmでクラッシュにあってしまう。

これは、前方で道路に座り込んでいる人がいるので、レースが中断されると情報が入り集団がブレーキをかけたことが原因となっている。

ワウト・ファンアールトは、クラッシュをさけられたが、ステファン・クライスヴァイクは、激しく転倒し救急車で運ばれる。

詳しい情報は入ってないが、鎖骨骨折ではないということだ。ステファン・クライスヴァイクは、山岳でヨナス・ヴィンゲコーを助ける重要な役目を果たしていた。

総合13位という成績を残してリタイヤしたのは、Jumbo-Vismaにとって非常に痛い。二人も優秀なクライマーがいなくなってしまったのだから。

だが、チームを襲う悲劇はそれだけでは終わらない。

 

ヨナス・ヴィンゲコーも落車

マイヨジョーヌが落車

 

ステファン・クライスヴァイクが、落車してわずか3kmで今度はヨナス・ヴィンゲコーとティシュ・ベノートが落車してしまう。

ヨナス・ヴィンゲコーは、すぐにバイク交換して走りだしたがティシュ・ベノートはスピードメーターを拾ってなんとか走りだす。

結局、ティシュ・ベノートは20分24秒遅れの148位で帰ってきている。

 

 

ティシュ・ベノートはゴール後に、太ももにアイスパックを当てながらインタビューに答えている。

私はすでに気分が良くなった。幸運だったと思う。かなり激しく落ちた。

タップされて自転車を直立させることができなかった。それらは悪い転倒だが、私は何も壊したとは思っていない。深刻な擦り傷と腰は本当に痛い。

私の膝、ひじ、そして背中も少し打たれた。最初は吐き気がしたが、ヨナスがすぐに前に戻ったと聞いた。それが良い知らせだった。

 

ヨナス・ヴィンゲコー自身は、身体の左側にいくつかの擦り傷がある程度。

プリモッシュ・ログリッチ、ステファン・クライスヴァイクを失い、ティシュ・ベノートも打撲。単なる移動のためのステージと思われたけど、Jumbo-Vismaにとっては悪夢の一日となってしまった。

だが、これは第3週に控えているピレネーでの地獄の序章になる可能性も秘めている。全ては、アシストを失ったヨナス・ヴィンゲコーの肩にかかってきそうだ。

2020年ツール第20ステージの個人タイムトライヤルでプリモッシュ・ログリッチがタディ・ポガチャルに抜かれた悪夢が思い出される。

こんな悪夢の序章とならなければ良いのだけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました