ロードバイクの情報を発信しています!

タデイ・ポガチャルはすべての登りでアタックするチャンスを狙う!

海外情報
Ryan McGuireによるPixabayからの画像
この記事は約5分で読めます。

2分22秒。ヨナス・ヴィンゲコーとタデイ・ポガチャルのタイム差はとても大きい。

それだけ、タデイ・ポガチャルが第11ステージのグラノンの登りで遅れたということだ。タデイ・ポガチャルは、第1ステージ3位。それ以降総合4位以下に落ちていない。

対するヨナス・ヴィンゲコーは総合7位から始まり、少しずつ順位を上げてきた。

二人の登坂力については互角と言っても良いかも。ミスをすると負けると言った感じか。タデイ・ポガチャルは、休息日のインタビューで第3ステージの意気込みを語っている。

 

スポンサーリンク

ピレネーで仕掛ける

 

タデイ・ポガチャルはツール・ド・フランス勝利のため、最終週でのアタックを誓った。

 

最終週で2分22秒のタイム差を縮めることは可能ですか?

すべての登りでアタックし、タイムを稼ぐ必要がある。私はすべてを捧げるつもりだ。この後、後悔しないようにしたい。

脚の調子もいいし、遠くからでも遠くなくても、アタックできる脚を持ちたい。ベストを尽くしたい。

登りでは出来るだけハードに行き、タイムを稼ぐようにしたい。今は毎日が大変だけど、それが可能なんだ。

 

最終ライバルは、ヨナス・ヴィンゲコーですが、アルプ・デュエズでは彼はアタックに対抗してましたね。

タイムではかなり遅れている。脚力次第でどうにでもなる。もし、アタックするチャンスがあれば、そうするつもりだ。

次の日、多くのチャンスがあることは確かだ。モチベーションが上がるよ。彼は倒すべき男だ。

彼はとても強い。アルプ・デュエズでは、彼は僕と一緒だった。でも、もし僕がもっと自信を持っていたら、あるいはもっと深く掘り下げたら、もう少し時間を取れたかもしれない。

マンドでは、もっと短い登りで、彼も僕のホイールについてきた。

3日間では、いろいろなことが起こり得る。精神的にも肉体的にも、みんな疲れているんだ。悪い日もあれば良い日もある。面白い2日間になりそうだ。

 

イネオスは表彰台を目指している

 

UAEとJumbo-Vismaは2名のライダーを減らし、Ineos Grenadiersは8名のスターター全員を残していますね。

INEOS Grenadiersの走りについてはどう見てますか?

ヴェガールステイク・ラエンゲンとジョージ・ベネットを失った時も辛かったが、今も多かれ少なかれ同じ状況にある。

もし、イネオスが攻撃してきたら、Jumboもそれに対応しなければならないからだ。

今、彼らは表彰台とチームランキングのためにレースをしているようだが、私は自分のレースをし、可能な限りトライするつもりだ。

ヨナスは2分22秒のアドバンテージを持っているので、優勝候補はヨナスだ。上位6人は表彰台に上がれるだろうし、1日だけタイムが落ちることもある。このレースで勝てるライダーはまだかなりいる。

 

第3週の山岳でチャンスを見出せますか?

あとはピレネーだけだから、チャンスがあればアタックしなければならない 。

ゴールラインまでスプリントする、それが自転車レースだ。他の方法で答えたいとは思わないよ。

文字通り、すべてを危険にさらすようなことはしたくない。もちろん、100パーセントの力を発揮し、レースに勝つことを目指す。

アタックして、できればワット数を上げて、タイムを稼ぎたい。パリで黄色になれなかったとしても、この世の終わりというわけではないんだ。

白のジャージで2位というのは、まだいいほうだと思う。諦めないし、ゴールまで全てを出し切るよ。

 

タデイ・ポガチャルの場合には、出し惜しみはしない。言われなくても、アタックは繰り出すだろう。問題はタイミングだ。ヨナス・ヴィンゲコーも常に調子が良い訳ではない。

二人の場合には、ベストな体調で戦わないと差がついてしまうだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました