ロードバイクの情報を発信しています!

Alpitudeから超軽量Gardena Heritage saddle登場

機材情報
c. Alpitude
この記事は約3分で読めます。

Alpitudeは、2015年創業のイタリアのカスタムカーボンブランド。

Alpitudeは、ドロミテで手作りされた、モダンな超軽量カーボン構造とイタリアンレーサーの仕上げを組み合わせた、カスタマイズ可能なGardena Heritage saddleを発表。

スポンサーリンク

Gardena Heritage saddle

こちらはプロモーションビデオ

 

軽量シェルに接着された7x9mmカーボンレールの同じツーピースフルカーボン構造で、手作りのイタリアンレザーカバーが付いている。

穴の開いた天然皮革のトップで、より多くのグリップ、快適さ、そしてより多くのスタイルが追加可能。

 

c. Alpitude

 

カスタムレザーエキスパートであるリカルドミリオリーニとのコラボレーションにより、上質な植物油でなめされたイタリアンレザーから一度に1つずつすべて手作業で作られている。

パターン化された穴あきレザーカバーは、下にあるカーボン表面構造を明らかにすると同時に、滑らかなカーボントップの代わりにシートの下に少しテクスチャを与えることができる。

 

c. Alpitude

 

少し色を追加したい場合は、最初にシェルをペイントしてバイクの正確な色に合わせ、微妙な色調整のアクセントを付けることも可能だ。

 

c. Alpitude

 

レザーサドルトップは、職人が1つ1つ丁寧に手作業で仕上げており、完璧な接着とサドル下の完璧なロールエッジを実現している。

これは、現代の生産では希少となったイタリアの職人的なレザーワークの時代への回帰であり、それゆえに限定のHeritageエディションのサドルの名前となっている。

 

c. Alpitude

 

完全に手作りのために、作成期間は90日を要する。期間限定販売で、2021年までの注文を受け付ける。2022年に入手するためには予約が必要。

  • 幅128mm  92g
  • 幅140mm  97g
  • 幅150mm  101g
  • 長さ:245 mm
  • 鼻幅:40〜50mm
  • 幅:128 – 140 – 150 mm
  • レール:7×9mm
  • 植物性なめし革
  • ライダーの最大体重:85 kg

価格は、389,00 €(約5万円)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました