ロードバイクの情報を発信しています!

2019年 UCIワールドツアーとレースランクについて

海外情報
https://twitter.com/UCI_cycling
この記事は約14分で読めます。
海外のレースを見ているとよく、UCI1.HCとか、UCIクラス2とかの用語が出てきます。
これらはワールドツアーレースとは違うんだろうか?
それとか、日本のレースとかでもUCIのポイントが付いているレースがあるのは何故だろうか?
とか、疑問に思ってたので、ちょっと自分なりにレースの格付けとか、UCIポイントの獲得方法についてメモ記事を作成しました。
 
スポンサーリンク

チームのカテゴリー

まず、チームのカテゴリーも色々ありますよね。

上位チームから

  1. UCIワールドチーム
  2. プロフェッショナルコンチネンタルチーム
  3. コンチネンタルチーム
  4. ナショナルチーム
  5. 地域チーム・クラブチーム

とあります。ワールドチームからみていきます。

 

ワールドチーム

18チームが登録されています。

UCIワールドチームとUCIプロコンチネンタルチームは、選手が競技で獲得したポイント数、運営資金のための銀行証明や選手の最低給与等、様々な条件が課せられており、ライセンス委員会の承認審査に合格しなければ登録されません。

 

日本人でワールドチームに登録されているのは、

  • 新城幸也(バーレーン・メリダ)
  • 別府史之(トレック・セガフレード)

この2名だけです。

 

チーム名登録国
アンドローニジョカトリ・シデルメクイタリア
バルディアーニCSFイタリア
ブルゴスBHスペイン
カハルーラル・セグロスRGAスペイン
コフィディス・ソルシオンクレディ    Tフランス
コレンドン・サーカス(新規登録)ベルギー
デルコ・マルセイユプロヴァンス  Tフランス
ディレクトエネルジー Tフランス
エウスカディバスクカントリー・ムリアススペイン
ガスプロム・ルスヴェロロシア
ハーゲンスベルマン・アクセオン Hagens Berman Axeonアメリカ
イスラエルサイクリングアカデミーイスラエル
マンサナ・ポストボンコロンビア
NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネイタリア
ラリー・UHCサイクリングアメリカ
ルームポット・シャルルオランダ
リワル・レディーネズ(新規登録)デンマーク
スポートフラーンデレン・バロワーズベルギー
アルケア・サムシック(現フォルトゥネオ・サムシック)Tフランス
ノボノルディスクアメリカ
タルコル(現ウィリエール・トリエスティーナ)イタリア
ヴィタルコンセプト・B&Bホテルズフランス
ワロニー・ブリュッセル(現WBアクアプロテクト・ベランクラシック)ベルギー
W52 / FCポルト(新規登録)ポルトガル
ワンティ・ゴベール    Tベルギー

2020年からは、プロチームという名称にかわる予定です。

NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネに日本の選手が5人登録されています。

  • 初山翔/はつやま・しょう(日本)1988年生まれ
  • 伊藤雅和/いとう・まさかず(日本)1988年生まれ
  • 中根英登/なかね・ひでと(日本)1990年生まれ
  • 西村大輝/にしむら・ひろき(日本)1994年生まれ
  • 吉田隼人/よしだ・はやと(日本)1989年生まれ

彼らは主にコンチネンタルサーキットクラスで走っています。

 

日本にあるチームは、コンチネンタルチームとなり企業チーム・独立採算チーム・地域密着型のチームがあります。

 

それぞれのチームがどのレースに出場出来るのかを表で見てみると
 UCIワールドツアーコンチネンタルサーキットHC(超級)クラスコンチネンタルサーキット1クラスコンチネンタルサーキット2クラス
UCIワールドチーム×
プロフェッショナルコンチネンタルチーム
コンチネンタルチーム×
ナショナルチーム××
地域チーム/クラブチーム×××
スマホで表をスクロールするには、指で横にスワイブして下さい。

◎・・・出場の義務がある
○・・・出場可能
▲・・・出場可能だが、ヨーロッパコンチネンタルツアーの場合は開催国のチームのみ出場可能
△・・・ワイルドカードの招待により出場可能
×・・・出場できない

引用 wikipedia

なんとなく、概要がわかったのですがワールドツアーとコンチネンタルレースはどう違うのでしょうか。

その理解を深めるには、それぞれのレースの格付けを知らないといけないようです。

これらは、UCIのオフィシャルページのレギュレーション資料が元になってます。何度も改変されてますが、2017年に大きな改正がありました。
2020年にも変わるみたいです。
 

レースのランク

UCIポイントが獲得出来るレースにはランクがあります。

  1. UCIワールドツアー
  2. UCIコンチネンタルサーキット
  3. UCIコンチネンタル選手権
  4. UCI世界選手権
  5. 各国ナショナル選手権

とあります。ひとつずつ見ていきましょう。

 

UCIワールドツアー

UCI(国際自転車競技連合)がさだめる自転車ロードレースで、38のレースが指定されています。

プロ自転車レースの中でも最高ランクに位置づけされています。

ワールドツアーレースにもカテゴリー分けがあり、

  • ワンデーレースは60位以内
  • ステージレースなら総合60位以内

の選手に対してUCIポイントが付与されます。

 

カテゴリー1

  • ツール・ド・フランス

ツール・ド・フランスで総合優勝すると1000pts獲得。総合60位で完走すると10pts獲得です。

 

カテゴリー2

  • ジロ・デ・イタリア
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ
ツールに対して15〜20%少ないポイントになっています。
 

カテゴリー3

クラッシックレースのモニュメント、著名なステージレース、ヨーロッパ以外のワールドツアーレースなど。ツール・ド・フランスのほぼ半分のポイント配点となっています。

 

カテゴリー4

ヨーロッパで行われている、その他のワンデーレースやステージレースです。モニュメントや著名ステージレースに比べて20%ほどポイント配分が少ないです。

 

カテゴリー5

2017年からワールドツアーに追加されたレースです。モニュメントや著名ステージレースに比べて40%ポイント配分が少ないです。

 

カテゴリー別のレースの内訳は以下の通りです。
レースカテゴリー
ツール・ド・フランス1フランスの旗 フランス
ジロ・デ・イタリア2イタリアの旗 イタリア
ブエルタ・ア・エスパーニャ2スペインの旗 スペイン
アムステルゴールドレース3オランダの旗 オランダ
クリテリウム・デュ・ドフィネ3フランスの旗 フランス
グランプリ・シクリスト・ド・ケベック3カナダの旗 カナダ
グランプリ・シクリスト・ド・モンレアル3カナダの旗 カナダ
ジロ・ディ・ロンバルディア3イタリアの旗 イタリア
ツアー・ダウンアンダー3オーストラリアの旗 オーストラリア
ツール・ド・スイス3スイスの旗 スイス
ツール・ド・ロマンディ3スイスの旗 スイス
ティレーノ〜アドリアティコ3イタリアの旗 イタリア
パリ〜ニース3フランスの旗 フランス
パリ〜ルーベ3フランスの旗 フランス
ヘント〜ウェヴェルヘム3ベルギーの旗 ベルギー
ミラノ〜サンレモ3イタリアの旗 イタリア
リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ3ベルギーの旗 ベルギー
ロンド・ファン・フラーンデレン3ベルギーの旗 ベルギー
E3ビンクバンク・クラシック4ベルギーの旗 ベルギー
カタルーニャ一周4スペインの旗 スペイン
クラシカ・サンセバスティアン4スペインの旗 スペイン
ツール・ド・ポローニュ4ポーランドの旗 ポーランド
バスク一周4スペインの旗 スペイン
ビンクバンク・ツアー4ベルギーの旗 ベルギー / オランダの旗 オランダ
フレッシュ・ワロンヌ4ベルギーの旗 ベルギー
ブルターニュ・クラシック4フランスの旗 フランス
ユーロアイズ・サイクラシックス4ドイツの旗 ドイツ
アブダビ・ツアー5アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
エシュボルン=フランクフルト5ドイツの旗 ドイツ
オムロープ・ヘット・ニウスブラット5ベルギーの旗 ベルギー
カデル・エヴァンス・グレートオーシャン・ロードレース5オーストラリアの旗 オーストラリア
ストラーデ・ビアンケ5イタリアの旗 イタリア
ツアー・オブ・カタール5カタールの旗 カタール
ツアー・オブ・カリフォルニア5アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ツアー・オブ・ターキー5トルコの旗 トルコ
ツアー・オブ・広西5中華人民共和国の旗 中国
ドリダース・ブルージュ〜デパンヌ5ベルギーの旗 ベルギー
ドワルス・ドール・フラーンデレン5ベルギーの旗 ベルギー
ロンドン=サリー・クラシック5イギリスの旗 イギリス
 
 
与えられるポイント
  • ステージレースにおける区間(ステージ)成績
順位Cat. 1Cat. 2Cat. 3Cat. 4Cat. 5
1120100605040
25040252015
325201086
41512   
554
  • グランツール最終総合成績に追加されるポイント
順位ツール・ド・フランスジロ・デ・イタリア
ブエルタ・ア・エスパーニャ
1120100
25040
32520
  • リーダージャージ着用に与えられるポイント
順位Cat. 1Cat. 2Cat. 3Cat. 4Cat. 5
一日あたりのポイント25201086
ワールドツアーレースでの獲得したポイントは、『UCIワールドランキング』と呼ばれます。個人ランキングチームランキング・国別ランキングがあります。
 

UCIコンチネンタルサーキット

UCIが主催する年間シリーズ戦の中で、

  • ヨーロッパ
  • アフリカ
  • アメリカ
  • アジア
  • オセアニア

の5大陸ごとに行われる年間シリーズ戦を「コンチネンタルサーキット」と呼んでいる。

 

レースカテゴリはランクの高い順番に

  • HC(Hors classe)
  • 1
  • 2

の3つに分かれる。

また、レース形態を示すために、ワンデイレースは1、ステージレースは2を用いる。
  • 23歳以下のレースのカテゴリはNC(またはNcup)
  • 各大陸選手権のレースカテゴリはCCとなる。

 

レースの例として

例えば、ワンデイレースでHCカテゴリレースという場合には、「1.HC」

同様にステージレースの場合は、「2.HC」となる。

 

 

コンチネンタルサーキットの中でも、ヨーロッパツアーは年間300レースも行われており群を抜いてます。

UCIワールドツアーチームに所属する選手は、コンチネンタルサーキットに出場してもUCIポイントは与えられません。

それでも、ヨーロッパツアーのHCレースでは、UCIワールドツアーチームの選手が数多く出場しておりハイレベルなレース展開となっています。また、歴史の長い格式あるレースも数多くあります。

 

アジアツアーのHCカテゴリには、

  • ジャパンカップサイクルロードレース(1.HC)
  • ツール・ド・ランカウイ(2.HC)
  • ツアー・オブ・チンハイレイク(2.HC)
  • ツアー・オブ・ハイナン(2.HC)

の4レースがあります。

 
与えられるポイント
ツールド・ラブニールの23歳以下のNcupのポイント数が入ります。又、それぞれのレースで区間成績・中間地点成績・リーダージャージにもポイントが与えられます。
スポンサーリンク

まとめ

自分でまとめてみて、ようやくコンチネンタルサーキットのレースの意味とかわかりました。UCIポイントを獲得しようとしたら、やはりワールドツアーのレースのポイントの獲得するのが一番多いですね。

プロコンチネンタルチームは、コンチネンタルサーキットレースで沢山ポイントを稼げば、ワールドツアーにも招待されるのでより沢山のポイント獲得のチャンスが広がります。

2020年シリーズには、またUCIのルール改訂があるようです。

出場人数の改訂や、噂になっているパワーメーターの禁止とか、チーム予算の上限設定とかの改悪とも言える改革はやってほしくないですけどね~。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました