ロードバイクの情報を発信しています!

がんサバイバーのトースタイン・トレーエンがBahrain Victoriousへ

海外情報
Miguel Á. PadriñánによるPixabayからの画像
この記事は約2分で読めます。

2022年にドーピング検査でガンが見つかったUno-X Pro Cycling Teamのトースタイン・トレーエン。

 

2024年からBahrain Victoriousに移籍となった。

 

スポンサーリンク

2年契約

 

トースタイン・トレーエンは28歳のノルウェー人。Uno-X Pro Cycling Teamの生え抜きの選手だった。

2022ボルタ・ア・カタルーニャ総合9位。2022ツアー・オブ・アルプスで山岳賞を獲得。だが5月にガンが見つかり治療に専念。

復帰後には、CROレース総合7位、ランカウェイ総合3位と復活。2023年シーズンは、クリテリウム・デュ・ドーフィネ総合8位となっている。

初出場となった2023ツール・ド・フランスでは何度も落車し良い成績は残せなかった。

 

トースタイン・トレーエンのコメント

チームに合流し、新たな挑戦をすることにとても興奮している。素晴らしい人たちから学ぶことで、自分の成長に必要なステップを踏める素晴らしい場所になると信じている。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました