ロードバイクの情報を発信しています!

ドーピング検査でガンが見つかったライダーがツール・ド・ランカウェイで総合5位に

海外情報
UnsplashAngiola Harryが撮影した写真
この記事は約2分で読めます。

ドーピング検査がガンの発見に役立つとは知らなかった。

現在、ツール・ド・ランカウェイを走っているUno-X Pro Cycling Teamのトースタイン・トレーエンは定期的ドーピング検査で5月に異常な値を検出していた。

ドーピング検査官からの電話を受けて検査したところ、精巣ガンが見つかったという。

 

スポンサーリンク

3か月でレース復帰

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Torstein Træen(@torsteintren)がシェアした投稿

 

トースタイン・トレーエンは、今シーズン好調で2022ボルタ・ア・カタルーニャ総合9位。2022ツアー・オブ・アルプスで山岳賞を獲得している。

だが、5月にドーピング検査でガンが見つかり電話をうけてから治療に専念。

睾丸を取り除く手術を受けており、15mmの腫瘍が見つかったというからドーピング検査を受けていて良かったということになる。

もし、知らずに過ごしていたら取り返しのつかない事態にになっていたはず。

トースタイン・トレーエンは、手術後すぐにトレーニングに戻り、8 月末にBaltic Chain Tourでレースに復帰。

最近は徐々に調子を上げてきており、6日間のCROレースでは7位に入賞していた。

そして、ツール・ド・ランカウェイのクイーンステージであるゲンティンハイランドでは、イバン・ソーサから2分10秒遅れでゴールして総合5位に躍進した。

ドーピング検査でガンが見つからなかったら、この走りはひょっとすると見れなかったかもしれない。ドーピング検査で命が救われたと言っても良い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました