ロードバイクの情報を発信しています!

Wiggleは、買い手探しのため海外店舗を閉鎖し英国に「集中」

海外情報
Image credit: Wiggle
この記事は約2分で読めます。

先月管財手続きに入ったWiggle。

オンライン小売大手のWiggle Chain Reaction Cycles (WiggleCRC)は、英国での取引に集中するため、海外のウェブショップを閉鎖する。

買い手探しを続ける中での決断だ。

 

スポンサーリンク

海外Webショップの閉鎖

Wiggleは欧州のみならず、オーストラリア、そして日本でも商品は買えていた。私も随分とお世話になったのだけど、もう日本から買うということはなくなるということだ。

WiggleCRCの管理者であるFRP Advisoryによると、WiggleとChain Reaction Cyclesの海外店舗は “今後数週間で “閉店するという。

現在、日本語サイトのWiggleではまだ閉鎖のお知らせは出ていない。

Wiggleとしては、現在グループの収益の85%を占める英国国内市場のみに焦点を当てたビジネスモデルに軸足を移すことを決定した。

2022年9月30日までの1年間をカバーするWiggleCRCの最新決算で、取締役は英国のEU離脱による国際売上の減少を指摘した。

さらに2023年の報告でも、売り上げは上がっているけれど、赤字は膨らんでいる。

WiggleCRCの買収に興味を示しているのは最大9社で、その中で最も著名なのはHalfordsとマイク・アシュリーのFrasers Groupだという。

WiggleCRCは、海外顧客に対する未払い販売、返品、保証の義務を引き続き履行する。英国では全ての業務は “通常通り “行われているという。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました