ロードバイクの情報を発信しています!

トム・デュムランは、世界選手権や国内選手権のタイムトライアルを欠場か?

海外情報
photo tomdumoulin instagram
この記事は約4分で読めます。

トム・デュムラン(Team Jumbo-Visma )は、今年のツール・ド・フランスに向けて、プリモシュ・ログリッチ、ステェファン・クライスヴァイクスと共にチームの3人のリーダーの一人である。

 

だが、ツールに集中しているため、国内選手権も世界選手権でもタイムトライアルに乗れる可能性は低いとオランダのメディアに語っている。

特に目標としているのは、ツール最終日前日の個人タイムトライヤルが焦点だと言っている。

 

スポンサーリンク

フランス国内に留まる

photo nos

トム・デュムランは、ツール開始前の週に行われるオランダ選手権も、現在ツアー最終日に予定されている世界選手権TTも、今年の短縮されたレースシーズンの彼のレースプログラムには合わないという。

 

高地でのトレーニングキャンプや他のレースなど、非常に忙しいプログラムを抱えている。

クリテリウム・ドーフィネ(8月12日~16日)とツール(8月29日~9月20日)の間は、国内選手権のためにオランダに戻ることができないので、フランスに留まることにした。

と説明している。

 

デュムランはツール・ド・フランスに向けてフランスのレースプログラムに固執するようだが、チームのツール出場メンバーはティニュに拠点を置き、7月と8月にフランスアルプスで行われるトレーニングキャンプに参加。

移動を最小限に抑えてコロナウイルスへの感染を制限している。

デュムランは、もし世界選手権のタイムトライアルが9月20日(ツアー最終日)に予定されていたままであれば、ツアーを早々に辞める可能性も否定した。

ツールとの衝突のためにデュムランはオランダ代表チームにも参加できない。

 

これまで、世界選手権の個人タイムトライアルはいつも水曜日に行われていた。

ワールドカップの個々のタイムトライアルは常に水曜日でした。誰もそれに問題があるとは思わないので、日曜日にそれを移動することはすでに奇妙な動きだった。

この状況でも、それを逆にするのは非常に簡単なことのように思える。しかし、今のところは、UCIは日曜日に固執している。

足が悪くて総合にからめなくても、ツールを完走できるように頑張るよ。

と語っている。

個人TTの日付を水曜日に持ってくれば、多くの有力なTTライダーも参加できたでしょうし、勿体ないとしかいいようがない。

 

 

最終日前日のTTを狙う

https://www.cyclingstage.com/tour-de-france-2020-route/stage-2-tdf-2020/

ツール・ド・フランス 第20ステージ

総合争いに残っているかどうかに関わらず、彼はツール唯一のタイムトライアルを、最も輝けるステージと位置づけていると語った。

 

このタイムトライアルは自分にぴったりだ。最初の30kmは少し “フレンチフラット”(起伏のある)で、最後の7kmはラ・プランシュ(La Planche)にぶつかる。私が世界チャンピオンになったベルゲン(ノルウェー)の2017年世界選手権TTコースにとても似ている。

ツールではGCを目指して戦いたいと思っている。しかし、そうなると、日曜日に完全に使い果たしてパリに到着し、疲れた脚で世界選手権のタイムトライアルに乗らなければならない。

ツアーに参加しない多くの競技者は、異なる方法で行われる。

と、個人TTが水曜日に移動するシナリオも想定していると彼は語った。

デュムランは、オーダーメードの3番目の新しいタイムトライアルスーツを用意しており、新しいヘルメットもテスト中だ。

トム・デュムランがオランダ選手権や世界選手権に出場する可能性は少ないが、ツールでは最新のTT装備を披露してくれるはずだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました