ロードバイクの情報を発信しています!

トム・ボーネンがタデイ・ポガチャルはコルナゴでなければ更に速く走れると批判 これに対してコルナゴは?

機材情報
Photo credit: Mike Knell on VisualHunt
この記事は約4分で読めます。

トム・ボーネンと1992リエージュ〜バストーニュ〜リエージュの優勝者であるダーク・デ・ウルフ(Dirk De Wolf)は3月2日のWielerclub Wattage ポッドキャストでコルナゴの自転車について語っている。

「明日タデイ・ポガチャルがJumbo-Visma、INEOS Grenadiers、またはSoudal – Quick Stepの自転車に乗れば、残りの選手にはチャンスはない。

これらのバイクに乗れば、タデイ・ポガチャルは更に2km/h速く走れるだろう」

これはダーク・デ・ウルフの言葉だが、トム・ボーネンは、他のトップバイクと品質の違いがあると述べている。

この指摘について、コルナゴは反論の言葉を述べている。

 

スポンサーリンク

二人の意見

 

「コルナゴには間違いなく優れた製品があるが、それはフェラーリとポルシェのようなものだ。ブランド間にはまだ違いがある」とダーク・デ・ウルフは言う。

ダーク・デ・ウルフがこの評価を行った根拠は不明。

時速 2kmという数字については、少し誇張されすぎだろう。たとえば、2022年のツール・ド・フランスは平均時速42kmで走行している。

さらに2km/h 速くなれば、タデイ・ポガチャルは他の誰よりも5%近く走れることになる。

 

トム・ボーネンは

「トップ5のメーカーとの違いはまだほとんどないが、これら5つのメーカーとそれに続く10のメーカーを比較すると、依然として品質に違いがある。

コルナゴは確かに少し前に落ち込んだ。それは今でも少し古風なバイクのままであり、彼らは今追いついているが、エアロのことをまだ完全にマスターしていない。」

 

確かに、コルナゴは2020年にブランドの大部分の株式をアブダビに本拠を置くChimera Investments に売却している。開発資金が少なかった時期もあっただろう。

 

コルナゴの反応

 

コルナゴは、イタリアのカンビアーゴにある本社で、トム・ボーネンとダーク・デ・ウルフを招待して、V4Rをテストすることを発表した。

次に、ポッドキャストで他のブランドとのパフォーマンスの2km/hの違いを特定するためにダーク・デ・ウルフに「公の会話」を求めている。

 

コルナゴの声明は、

「UAE Team Emiratesのパフォーマンスは、コルナゴの最優先事項だ。その結果、私たちはバイクの開発に数百万ユーロと多くの時間を投資した。

私たちは、UAE Team Emirates および UAE Team ADQと協力して、最初に彼らが私たちのバイクに対して持っている要求を理解し、次に私たちが提供しているものが絶対的に最高のものであることを確認している。

もちろん、私たちは毎日チームと連絡を取り合っており、バイクの競争力についての苦情は一度も聞いていない。実際、彼らは私たちがこれまでに提供した機器に非常に満足している。」

 

試乗と公開フォーラムの2つの対決は、ミラノ~サンレモの直前の3月18日までに、数日間予定されている。二人が招待に応じるのかは不明だけど、是非乗って感想を聞いてみたいものだ。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました