ロードバイクの情報を発信しています!

Team Jumbo-Vismaが2021年ツール・ド・フランスとジロ・デ・イタリアのメンバー発表!

海外情報
Image by InstagramFOTOGRAFIN from Pixabay
この記事は約5分で読めます。

Team Jumbo-Vismaは、早々とジロ・デ・イタリアとツール・ド・フランスのメンバーを発表した。

ツール・ド・フランスは、昨年とメンバー変更は2人だけ。

今年は最強のトリオが復讐としてツールに参戦する。これだけ強いメンバーを揃えることが出来るチームは他にないだろう。

ジロのエースはジョージ・ベネットが務める。

 

スポンサーリンク

ジロ・デ・イタリアのメンバー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Team Jumbo-Visma cycling(@jumbovisma_road)がシェアした投稿

 

エースは、ジョージ・ベネットが務める。

ジロ・デ・イタリア
メンバー
  • ジョージ・ベネット(George Bennett)
  • エドアルド・アッフィーニ(Edoardo Affini)
  • クーン・ボウマン(Koen Bouwman)
  • デビット・デッカー(David Dekker)
  • トビアス・ファス(Tobias Foss)
  • ヨス・ファンエムデン(Jos van Emden)
  • クリス・ハーパー(Chris Harper)
  • パウル・マルテンス(Paul Martens)

 

ジロ・デ・イタリアのメンバーは、かなり若手を起用している。

まずは、エリック・デッカーの息子、デビット・デッカーがいきなり登場する。これまでコンチネンタルのSEG Racing Academyで走っていた22歳を出場させるのは、よほど将来的に期待している表れだろうか?

 

そして、ジョージ・ベネットはついに単独エースの座が久々に巡ってくた。昨年もジロの単独エースの予定だったが、ステフェン・クライスヴァイクがツールに出れなくなったために急遽ツールに。

その後の2020ブエルタでは、プリモシュ・ログリッチを助けて、自らも総合12位と活躍する。

シーズンオフに手術したことは正解だった。2020年の活躍は素晴らしかった。

 

ジロではチームのアシストを受けて、自らの走りを追及できるはずだ。

 

 

ツール・ド・フランスのメンバー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Team Jumbo-Visma cycling(@jumbovisma_road)がシェアした投稿

 

ツール・ド・フランス
メンバー
  • プリモシュ・ログリッチ(Primoz Roglic)
  • トム・デュムラン(Tom Dumoulin)
  • ステフェン・クライスヴァイク(Steven Kruijswijk)
  • セップ・クス(Sepp Kuss)
  • マイク・テウニッセン(Mike Teunissen)
  • ワウト・ファンアールト(Wout van Aert)
  • トニー・マルティン(Tony Martin)
  • ロバート・ゲシング(Robert Gesink)

このメンバーにかなう相手を揃えることの出来るチームはあるのだろうか?

今年は、プリモシュ・ログリッチ、トム・デュムラン、ステフェン・クライスヴァイクと最強の3人のリーダーを揃えてきた。

 

ステフェン・クライスヴァイク

ステフェン・クライスヴァイクは2020クリテリウム・ドーフィネで肩を脱臼。

2020ツールには出場出来ず涙を飲んだ。代わりに出場したジロでは、まさかのコロナ陽性反応でチームごとリタイヤ。忘れたい2020年となってしまう。

 

今年は、全開の走りを見せてくれるだろう。

 

トム・デュムラン

そして、トム・デュムランも完全復活を目指す。バイクはサーベロに戻ったが、完全なポジションが出ればベストな走りをすることが出来るはずだ。

 

 

プリモシュ・ログリッチ

2021年のコースは、チームとログリッチにとって理想的だ。山岳での戦いも2020ほど厳しくない。タイムトライヤルも万全で望むはずであり、死角があるのだろうか?

今年はツール制覇に向けて再び挑むことになる。

 

彼ら3人をアシストするメンバーが強すぎる。山岳では、セップ・クスが最後の砦として鎮座するだろう。彼より強い山岳アシストは現在存在するのだろうか?

ワウト・ファンアールトは2024年まで契約延長しており、スプリンターステージでは果敢にゴールを狙うはずだ。そして、中級山岳では先頭を引き続けるスーパーアシストへと変身する。

平地では、3人分の働きをする元世界TTチャンピオンのトニー・マルティン。ロバート・ゲシングにマイク・テウニッセンと贅沢すぎる布陣だ。

イネオスは、ここまでのメンバーは揃えられないだろう。タディ・ポガチャルは個人で今年も対抗するのだろうか? 面白い戦いが期待できそうだ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました