ロードバイクの情報を発信しています!

第2回モナコBekingクリテリウムにタディ・ポガチャル、サガン、プリモッシュ・ログリッチが参加

海外情報
Photo credit: Floyd@Overdoz.com on VisualHunt.com
この記事は約6分で読めます。

国際自転車競技連盟がモナコでスポーツの祭典BEKING Back to Bike Monaco 2022を開催する。

ファンや子供たちに自転車の価値を伝えるために、今をときめくチャンピオンたちを迎える。

プロと一緒に走れるレースや、子供広場。目玉はプロによるクリテリウムだ。

BEKINGは募金活動で選択した慈善団体を支援しており、2022 年版では、Fondation Princesse Charléne De Monaco と Fight Aids Monaco を支援することになっている。

 

スポンサーリンク

第2回モナコBekingクリテリウム

 

モナコには沢山のプロサイクリストが住んでいる。オフシーズンだけど、イベントなので、多くのプロ選手が参加する。

主催者の一人には、UAE Team Emiratesのマッティオ・トレンティンが加わっている。

 

こちらは2021のBeKING Monacoクリテリウムのスロー映像。どんな選手が出ていたのか良くわかる

 

2022クリテリウム出場選手

Matteo Trentin ITA
Tadej Pogačar SLO
Davide Formolo ITA
Oliviero Troia ITA
Alessandro Covi ITA

 

Philippe Gilbert BEL
Tim Wellens BEL
Caleb Ewan AUS

 

Geraint Thomas ENG
Salvatore Puccio ITA
Luke Rowe ENG
Eddy Dunbar IRL
Elia Viviani ITA

 

Peter Sagan SVK
Niccolò Bonifazio ITA

 

Sam Bennet IRL
Danny Van Poppel NL
Alexander Vlasov RUS

 

Jacob Fulgsang DAN
Hugo Houle CAN

 

Wout Poels NLD
Sonny Colbrelli ITA
Matej Mohoric SLO

 

Primož Roglič SLO
Steven Kruijswijk NLD

 

Nico Roche IRL(criterium coordinator)

Søren Kragh Andersen DAN

 

Michael Matthews AUS
Urška Žigart SLO

 

Samuele Battistella ITA
Andrey Zeits KAZ

 

Michael Valgren DAN

 

Matteo Moschetti ITA
Lizzie Deignan BEL

 

Fausto Masnada ITA

 

Victor Langellotti MON

 

Diego Rosa ITA

 

Robert Stannard AUS

 

Davide Rebellin ITA

 

Antoine Berlin MON

 

Anna Trevisi ITA

 

Bahrain Victoriousからは、引退したソンニ・コルブレッリの名前もある。心臓の問題はいいのかな。プロと一緒に走っている姿はこれが最後となるのでは。

 

引退組では、ダビデ・レベリン、ディエゴ・ローザ、フィリップ・ジルベール、ニコラス・ロッシュの名前もある。お祭りですね。

EF Education-EasyPostからは、ミケル・ヴァルグレンの名前も。来年はケガからの復帰を目指すために、EF Education-NIPPO Development Teamで走る。是非、元気な姿を見せて貰いたい。

モナコBekingクリテリウムは11月17日に開催される。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました