ロードバイクの情報を発信しています!

シルヴァン・シャバネルが駆ったWilier Cento10PRO ツール限定バイク

海外情報

今シーズン限りで引退を表明しているシルヴァン・シャバネル(ディレクトエネルジー)

ツール・ド・フランスには18回出場。第2ステージでも華麗なアタックをきめてくれました。

2018ツール・ド・フランス 2日目の気になった選手は
ツール・ド・フランスも二日目。ムイユロン・サン・ジェルマンから ラ・ロシュ・シュル・ヨンまでの182.5kmのコースでした。 私の気になった選手は、なんといってもシルヴァン・シャヴァネル選手です。 現在39歳になった今でも、バリ...

そんなシャバネル選手の乗っているWilierのCento10PROの紹介です。

 

スポンサーリンク

2018ツール・ド・フランスでも何度もアタック

ツール・ド・フランス連続18回出場のシャヴネル(39歳)はフランスの人気者だ。

彼が、アタックをかけて単独で走っている時には、沿道のファンも大喜び。

写真は今年のツール・ド・フランスでのシーン。私の好きなシーンです。喜びが伝わってきますね!

https://twitter.com/chava_sylvain

 

シャヴネルが所属するディレクトエネルジー(フランス)が使用するバイクがWilierだ。

Cento10AIRと形状は一緒だけれども、カーボンレイアップとフレーム製作工程を改良することでフレーム剛性を6%アップ。

ディスクブレーキ搭載。ただ、一つのフレームでリムブレーキもディスクブレーキもどちらも、使用出来るようになっている。これはプロ選手でも助かるのではないかと思いますね。

 

ディスクでは、パンクした時の交換時間が長くかかってしまいますからね。ブロレースでは特に重要かと。

写真ではわかりずらいですが、ダウンチュープもシートポストもチューブにはカムテール形状を取り入れエアロ形状になっている。

 

Wilier Cento10PROの配色は、クロームの後部が美しいクロモベラート(フルクローム仕上げ)です。 Wilerはイタリアの会社でこの塗装をラマータと呼んでいます。

 

RAMATO(ラマート)とは

クロモリフレーム全盛時代、メタリックに輝くクロームオレンジのカラーが、ウィリエール・トリエスティーナの代表的なカラーでした。
スチールではなく、カーボンフレームには難しいとされていたクロームメッキ塗装を施し、その上からクリアのラマートカラーの塗装をし、下地のクロームメッキを活かした宝石のような輝きを発する高級感のある仕上がりです。

 

少しばかりレトロに見えるこのスタイル。Wilierの名作クロモリバイクのRamatoを彷彿とさせます。

https://twitter.com/chava_sylvain

 

シャヴネルのフレームには、18回連続出場の18がはいっている。

https://twitter.com/chava_sylvain

 

トップチュープには、彼のツイッターのアカウントが描かれています。

https://twitter.com/chava_sylvain

 

コンポはシマノ・デュラエース。シャヴネルはディスク・ブレーキを使用しています。

 

172.5mmのクランクを使用。後ろにパワーメーターを装着。Ceramic Speedも使用してワット数を軽減。 ケオブレードカーボンペダルを使用。

https://www.cyclingweekly.com/news/product-news/check-sylvain-chavanels-gorgeous-wilier-cento10pro-393726

ステムとハンドル別体型の「ステンマ+バッラ」を使用することでケーブル類は完全に内装化。
空気抵抗の低減とスタイリッシュな見た目となっている。

 

ホイールはFFWD。タイヤはHutchinson Pro Tour Tubsが付いています。

 

日本では、シルヴァン・シャヴァネル(フランス、ディレクトエネルジー)が駆ったクロモベラート(フルクローム仕上げ)のCento10PRO – RAMATO(チェントディエチプロ – ラマート」の受注販売がされるそうです。

http://bgm-bikes.com/2019_cento10pro-ramato.html

 

シャヴネルの歴史を振り返るツイート

2001年からのシャヴネルの走りをツイートしてくれてます。
2回クリックすると動画になります。

 

シャバネルのようにアタックを繰り返す選手は見ていてワクワクしますよね。今年限りで引退とはとても残念です。

コメント