ロードバイクの情報を発信しています!

キャノンデール 11.3kgのSuperSix EVO Neo e-roadバイクを発売

https://www.cannondale.com/en/Great%20Britain機材情報
Photo cannondale.com
この記事は約5分で読めます。

キャノンデールは、SuperSix EVOレースバイクの eバイクバージョンを発売。

SuperSix EVO NeoはMahle ebikemotionリアハブモーターとダウンチューブに隠しバッテリーを使用して、最高仕様でわずか11.3kgの総重量を実現している。

 

スポンサーリンク

SuperSix EVO Neo e-road

https://www.cannondale.com/en/Great%20Britain

Photo cannondale.com 以下同様

キャノンデールは、シナプスNEOでe-BIKEの市場にすでに参入している。シナプスNEOはアルミニウムフレームであり、ボトムブラケットに収められた分厚いBoschモーターユニットを使用していた。

 

だが、SuperSix EVO Neoにはカーボン製フレームが搭載され、その名前の通りSuperSix EVOと変わらない仕様で登場してきた。

 

Synapse Neoは、カジュアルなライダーを対象としていたが、SuperSix EVO Neoは、よりパフォーマンス指向の人を対象とした作りとなっている。

 

https://www.cannondale.com/en/Great%20Britain

統合されたSAVE SystemBarハンドルバーは、完全にケーブルが内装されておりe-BIKEではまだ少ない仕様だ。

前から見た外観は、SuperSix EVOと全くかわらないと言っても良いだろう。

 

https://www.cannondale.com/en/Great%20Britain

シナプスNEOと違って進化している点はモーターだ。

SuperSix EVO Neo e-bikeは、250w Mahle駆動のebikemotion X35リアハブモーターとなっている。

EVOのebikemotionリアハブモーターは、コルナゴE64、 Orbea Gain、Wilier Cento10 Hybridで使用されているものと同じ。

つまり、見た目はロードバイクと変わらない。

 

https://www.cannondale.com/en/Great%20Britain

ただ、ダウンチューブ内には隠された250whバッテリーがあるので多少外観が太く見える。この部分の詳細な写真がないのでわからないが、注意してみないとわからないだろう。

 

https://www.cannondale.com/en/Great%20Britain

統合されたトップチューブボタンは、最大20 mph(米国)および25 kph(EU)のアシストを提供する3つのモードを備えている。

 

https://www.cannondale.com/en/Great%20Britain

ボトルゲージの一つは呼びのバッテリーとしても利用可能。

208Whのバッテリー容量を追加することが出来るが重量は1.64kg増えることになる。

ダウンチューブの容量と合わせると450Whとなり、一日走っても十分な容量となるはずだ。

 

https://www.cannondale.com/en/Great%20Britain

統合されたネオセンサー

Garminと共同で開発された統合ホイールセンサーもあり、Cannondaleアプリで使用すると、速度、ルート、距離情報も知ることが可能。

アプリには、乗車時間と走行距離に基づいてパーツの交換時期も教えてくれる。スペア部品の製品番号も教えてくれるので注文も楽々だ。

更に、ライド時間に基づいて二酸化炭素排出量と燃料節約量を計算することも可能となっている。

 

3種類のSuperSix EVOを展開

SuperSix EVO Neo 1

https://www.cannondale.com/en/Great%20Britain

トップスペックのSuperSix EVO Neo 1は、eバイクとしては驚くほど軽量。

  • ドライブトレイン:  Shimano Dura-Ace Di2
  • ホイール:  Hollowgram Knot 45 SL
  • 重量:  11.3kg
  • 価格:  £7,999.99(87万円)

 

SuperSix EVO Neo 1

https://www.cannondale.com/en/Great%20Britain

ミッドレンジのSuperSix EVO Neo 2にはUltegraコンポーネントが搭載されている。
  • ドライブトレイン:  Shimano Ultegra
  • ホイール:  FSA Team Clincher Disc
  • 重量:  12.4kg
  • 価格:  £4,999.99(約54万円)

 

SuperSix EVO Neo 3

https://www.cannondale.com/en/Great%20Britain

SuperSix Neo 3 – PD

SuperSix EVO Neo 3は、ラインナップの中で最も安価なモデル。
 
  • ドライブトレイン:  Shimano 105
  • ホイール:  FSA Team Clincher Disc
  • 重量:  12.4kg
  • 価格:  £3,599.99(約40万円)

 

e-BIKEの主流はリアハブモーターに、DISKブレーキ、統合ステムでほとんどロードバイクと見分けのつかないデザインになってきた。

この状況は更に加速していくことは間違いない。どこまで進化を続けるか注目しておきたい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました