ロードバイクの情報を発信しています!

スーパープレスティージュ2022-2023第3戦メルクスプラス 世界王者トム・ピドコックが参戦!

海外情報
Photo credit: Erf-goed.be on VisualHunt.com
この記事は約13分で読めます。

ついに、シクロクロス2022世界王者のトム・ピドコックがシーズン初参戦となる。さて、どんな走りを見せるだろう。

現在のスーパープレスティージュのランキングは

男子エリート

  1. ローレンス・スウィーク 29ポイント
  2. エリ・イーゼルビット 27ポイント
  3. ラース・ファンデルハール 27ポイント
  4. マイケル・ファントーレンハウト 24ポイント
  5. トーン・ファンデボッシュ 20ポイント

 

女子エリート

  1. デニス・ベッセマ 29ポイント
  2. セイリン・アラマバード 28ポイント
  3. インゲ・ファンデルヘイデン 27ポイント
  4. アニック・ファンアルフェン 22ポイント
  5. マリオン・ノルベルト・リベロール 20ポイント

 

スポンサーリンク

第3戦メルクスプラス

コースマップ photo jcyclocrossmerksplas

 

メルクスプラスのコースは、牧草地、砂道、森の小道、石畳が混在している。さらに、橋、梁、サンドボックスなど、さまざまな障害物がいくつかある。

森の中の通路もテクニックが必要で階段もある。今日は路面も湿っており重い。かなりテクニカルなコースだ。

 

女子エリート

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

今回、20代の3人トリオ、フェム・ファンエンペル、シリン・ファンアンローイ、パック・ピーテルスがいない。ベテラン勢の争いとなりそう。

 

ポイントトップのリーダーは、デニス・ベッセマ。手前は、マノン・バッカー。

 

スタートダッシュで、世界女王のマリアンヌ・フォスがトップに。セイリン・アラマバードが続いている。

 

早くも二人が少しリード。

 

マリアンヌ・フォスを少し下を向いてペダルを気にしている時に、セイリン・アラマバードが先頭に。みんな、ペダルが拾いにくいようだ。

 

セイリン・アラマバードは、すぐにリードを広げ始めた。

 

昨シーズンは、腰の調子が悪かったセイリン・アラマバードがリード。二人の後ろは見えないほど開いてきた。

 

2周目

マリアンヌ・フォスは2位グループに追いつかれる。

 

セイリン・アラマバードは絶好調のようで、12秒とリードを更に広げていく。

 

2位にデニス・ベッセマ、3位にインゲ・ファンデルヘイデンが上がってくる。少し差が縮まったか。

 

3周目

セイリン・アラマバードは11秒差で3周目に。

 

2位争いは、少しデニス・ベッセマがリード。

 

骨折から復帰第2戦のルシンダ・ブラントは5位争い。まだ、調子が上がってきていない。

 

4周目

2位争いは、インゲ・ファンデルヘイデンが前に。

 

セイリン・アラマバードは25秒のタイム差を保ってリード。

 

ルシンダ・ブラントは4位に上がっている。

 

5周目

4位争いは、ルシンダ・ブラントとジュニア王者のゾーイ・バックステッド。

 

2位のデニス・ベッセマに16秒をつけてセイリン・アラマバードがサンドボックスをこなす。

 

セイリン・アラマバードが単独でゴール!

最初の周回から完璧な走り。ポイントでデニス・ベッセマを抜いて、トップに立った。セイリン・アラマバードは、これで今シーズンの2勝目。

 

リザルト

セイリン・アラマバードのコメント

そう見えたとしても、今日は確かに簡単ではなかった。なぜなら、私の後ろでも同じことが行われていたからです。そして、ラップはとにかく厳しかった。

マリアンヌ・フォスはロケットスタートをしてましたね。続くのは大変でしたか?

その点では、ちょっとラッキーだった。彼女は後退し、その後、私は自由に走った。私は間違いなくその恩恵を受けた。

先週、久しぶりに優勝し、そのあと涙を流してました。今は感情的になっていないように見えますが、すでに勝つことが普通に戻っている感じでしょうか?

今シーズンの初優勝を二度と忘れない。それはとても特別なことで、今、私はそれを乗り越えています。形が良いので、少しは期待してしまいますよね。でも、出てきたときはすごく嬉しいんですよね。

日曜日には、もうひとつのクロス、オーベレルエイセ・ワールドカップが待っていますが、終盤は自分をセーブしたんですか?

レース中、そんなことはまったく気にしなかった。今は回復に努め、明日のスタートにはできるだけフレッシュな状態で臨みたい。

RnkRiderTeamCompetition
points
Time
1
 ALVARADO Ceylin del Carmen
Alpecin – Deceuninck150:44:28
2
 BETSEMA Denise
Pauwels Sauzen – Bingoal140:18
3
 VAN DER HEIJDEN Inge
777130:26
4
 BRAND Lucinda
Baloise Trek Lions120:33
5
 BACKSTEDT Zoe
EF Education-TIBCO-SVB110:43
6
 BAKKER Manon
Crelan – Fristads100:51
7
 VAN ALPHEN Aniek
77790:54
8
 NORBERT RIBEROLLE Marion
Crelan – Fristads81:17
9
 HONSINGER Clara
EF Education-TIBCO-SVB71:19
10
 VOS Marianne
Team Jumbo-Visma61:58
11
 VERDONSCHOT Laura
De Ceuster Bonache Cycling Team52:23
12
 CANT Sanne
Crelan – Fristads42:46
13
 MOORS Fleur
 33:50
14
 BARONI Francesca
Pissei – Groep T.O.M.24:21
15
 TRUYEN Marthe
Crelan – Fristads14:33
16
 BROUWERS Julie
De Ceuster Bonache Cycling Team 4:36
17
 BASTIAENSSEN Fauve
Pissei – Groep T.O.M. 4:54
18
 VAN LOY Ellen
De Ceuster Bonache Cycling Team 5:03
19
 OFFEREIN Iris
  5:29
20
 VERHOEVEN Suzanne
De Ceuster Bonache Cycling Team 5:38
21
 KNAVEN Mirre
  6:03
22
 BAELE Lotte
  6:05
23
 CREES Xan
Team Spectra Wiggle p/b Vitus 7:29
24
 DE BRUYNE Meg
Proximus – AlphaMotorhomes – Doltcini CT 8:07
25
 ZWAENEPOEL Tessa
Proximus – AlphaMotorhomes – Doltcini CT 8:26
26
 GORT Femke
Pissei – Groep T.O.M. 
27
 KNAVEN Fee
  
28
 MACLEAN-HOWELL Ella
  
29
 BRÄUTIGAM Messane
  
30
 DHONT Kiona
De Ceuster Bonache Cycling Team 

 

スポンサーリンク

男子エリート

トム・ピドコックは、シクロ初参戦。今シーズンは、クラシックのための積み重ねだとコーチは言っている。

トム・ピドコックは、ここ数週間、よく練習してきたが、勝てる気がしない。レインボージャージを見せびらかすのが楽しみだと。

 

さあ、スタート。

 

ラース・ファンデルハールがトップに。

 

すぐに、ローレンス・スウィークがトップに立つ。

 

ローレンス・スウィーク、ニルス・ファンデプッテと続く。

 

トップはニルス・ファンデプッテに。

 

早くも3人が少しリード。

  1.  ニルス・ファンデプッテ Alpecin-Deceuninck
  2. ローレンス・スウェーク(CRELAN-FRISTADS)
  3. エリ・イーゼルビット(PAUWELS SAUZEN – BINGOAL)

 

 

2周目

ローレンス・スウィーク先頭で2周目に。

 

ローレンス・スウィークが好調をキープしている。

 

2番てにエリ・イーゼルビット。3番手にニルス・ファンデプッテ。

 

ローレンス・スウィークは、はやくも6秒リード。

 

トム・ピドコックは、マイケル・ファントーレンハウトと5位グループで走っている。

 

ローレンス・スウィークは、10秒のリードとなり後ろが離れていく。

 

2位グループの二人の後ろに、ラース・ファンデルハールが迫る。

 

3周目

ラース・ファンデルハールが、追いついて2位に上がった。

 

ニルス・ファンデプッテが5位に後退し、マイケル・ファントーレンハウトが4位に上がってくる。

 

4周目

トム・ピドコックは4位グループで32秒差。

 

ラース・ファンデルハールが単独2位となり、13秒差で追っている。

 

5周目

トム・ピドコックは単独の5位。

 

ローレンス・スウィークの走りは力強い。少しずつだがリードを広げていく。

 

ローレンス・スウィークは、サンドボックスを駆け抜けるスピードが少し違う感じだ。力強い!

 

3位争いは、マイケル・ファントーレンハウトとエリ・イーゼルビット。トム・ピドコックは、ライアン・カンプにも抜かれて6位に後退。

 

6周目

エリ・イーゼルビットが少しマイケル・ファントーレンハウトをリード。

 

7周目

エリ・イーゼルビットが単独3位となったか。座骨神経痛は少し良くなったのかな。

 

2位を走る、ラース・ファンデルハールが15秒差と少し縮めてくる。

 

階段前で、トム・ピドコックが落車。すでにタイム差は1分以上離れている。

 

ローレンス・スウィークの走りにはミスがない。残り2周だ。

 

マイケル・ファントーレンハウトが再び、エリ・イーゼルビットに追いついた。

 

8周目

エリ・イーゼルビットは階段で2回滑りそうになる。少し、マイケル・ファントーレンハウトにリードされている。

 

欧州チャンピオンのマイケル・ファントーレンハウトが10秒リードして単独3位に。

 

トム・ピドコックは1分22秒差。7位を走っている。

 

ローレンス・スウィークは、後ろを確認しながら余裕のゴール!

これで、ニール、ベルゲンと続いて3連勝。好調を維持して今シーズンの4勝目を飾った。これは明日のワールドカップ第6戦オーベレルエイセも優勝候補だ。

 

リザルト

ローレンス・スウィークのコメント

私の人生の形”?みんなは私がナミュールですでにとてもいい走りをしたと思っていたようだが、私の感覚ではまだトップではなかった。まだ100%ではないと思うが、とても良い状態だ。

みんなとうまくいくとは限らない。また、少ない週もありましたが、今は超順調です。持ちこたえていこうと思う。

1周目からライバルを引き離す走りを見せましたね。完璧だったのでは?

でも、誰に対してもそうだったかというと、そうではないと思う。それは大きなミスではなく、小さなミスだった。特にプッシュする必要もなく、スタート直後に差をつけることができた。それがレース中、僕のアドバンテージになったんだ。

RnkRiderTeamCompetition
points
Time
1
 SWEECK Laurens
Crelan – Fristads150:59:39
2
 VAN DER HAAR Lars
Baloise Trek Lions140:05
3
 VANTHOURENHOUT Michael
Pauwels Sauzen – Bingoal130:40
4
 ISERBYT Eli
Pauwels Sauzen – Bingoal120:53
5
 KAMP Ryan
Pauwels Sauzen – Bingoal111:10
6
 VANDEPUTTE Niels
Alpecin – Deceuninck101:20
7
 PIDCOCK Tom
INEOS Grenadiers91:25
8
 ORTS Felipe
Burgos-BH81:46
9
 KUHN Kevin
Tormans Cyclo Cross Team72:05
10
 ADAMS Jens
Chocovit Cycling Team62:08
11
 VANDEBOSCH Toon
Alpecin – Deceuninck52:25
12
 VAN KESSEL Corné
Tormans Cyclo Cross Team42:41
13
 MICHELS Jente
Alpecin – Deceuninck32:43
14
 MEEUSSEN Witse
Pauwels Sauzen – Bingoal22:54
15
 MEEUSEN Tom
Deschacht – Hens – Maes13:00
16
 NYS Thibau
Baloise Trek Lions 3:32
17
 HUYBS Ward
Baloise Trek Lions 3:43
18
 AERTS Thijs
Baloise Trek Lions 3:46
19
 LOOCKX Lander
Deschacht – Hens – Maes 3:57
20
 FERDINANDE Anton
Deschacht – Hens – Maes 4:09
21
 DOCKX Aaron
Crelan – Fristads 4:15
22
 VANDERLINDEN Lukas
Pauwels Sauzen – Bingoal 4:37
23
 HORNY Clement
  4:43
24
 BEKAERT Yentl
Baloise Trek Lions 4:59
25
 BAERS Arne
Tormans Cyclo Cross Team 5:05
26
 VAN LOOVEREN Joachim
  5:06
27
 DE VET Sander
  5:08
28
 HAVERDINGS David
Baloise Trek Lions 5:20
29
 DE BRUYCKERE Kay
Pauwels Sauzen – Bingoal 5:23
30
 JACOBS Johan
Movistar Team 5:38

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました