ロードバイクの情報を発信しています!

Specialized S-Works Turbo Creo SL:新型電動ロードバイク発売

https://www.cyclingweekly.com/news/product-news/specialized-s-works-turbo-creo-sl-431267機材情報
この記事は約11分で読めます。

Specializedからは、初の電動ロードバイクが4種類発売されている。

  • S-Works Turbo Creo SL
  • Turbo Creo SL Expert
  • Turbo Creo SL Expert EVO
  • S-Works Turbo Creo SL Founder’s Edition (250台限定)

S-Works Turbo Creo SLは、もうバッと見はTarmacです。

Specializedならではの、こだわりもあるのか気になるところです。

 

スポンサーリンク

Specialized S-Works Turbo Creo SL:主な特徴

https://cyclingtips.com/2019/07/specializeds-turbo-creo-sl-is-a-marvel-of-technology-with-a-price-tag-to-match/

 

Specialized S-Works Turbo Creo SL
主な特徴
  • 新しいSL1.1モーターとSL1-320バッテリー(130 km走行可能)
  • 65kmの範囲で利用可能なエクステンダバッテリーパック(予備)
  • 重量12.2kg
  • サブ1100gファクト11rカーボンフレーム
  • Specializedの「Beyond Gender philosophy」のサイズXS-XXL(49 – 61/64)
  • Shock 2.0テクノロジ

 

Introducing the all-new Turbo Creo SL

新しいタイプのパワーバッテリー

https://www.cyclingweekly.com/news/product-news/specialized-s-works-turbo-creo-sl-431267

モーターの重量はわずか1.95kg

Creoが市場に出るまでに3年近くかかった理由の1つは、モーターとバッテリーシステムを自社設計するというSpecializedの方針の為。

自社設計されたSL1.1システムバッテリー重量は1.95kgとボトムブラケット搭載システムでは最軽量を誇っている。

Specialized Bicycles

アシストは70rpmまで効くように設定されており、自然にアシストが切れるようになっている。

スペシャライズドのこだわりは、不自然なパワーカーブやモータージャンプがないように自然で滑らかな加速を目指しているとのこと。

 

https://www.cyclingweekly.com/news/product-news/specialized-s-works-turbo-creo-sl-431267

新しいモーターシステムは4つのアシストモードがある。

  1. 「オフ」(アシストなし、データは記録されている)
  2. 「エコ」  ライダーの出力が30パーセント
  3. 「スポーツ」  ライダーの出力が60パーセント
  4. 「ターボ」 240W

 

「オフ」モードがあるのは、スペシャライズドがサポートなしでも容易に乗ることが出来るバイクであることを望んでいるからだという。

12.2kgでRoval CLX 50ホイールに、電動デュラですから平地ならばオフでも走れそうです。

 

バッテリーとバッテリーエクステンダー

https://cyclingtips.com/2019/07/specializeds-turbo-creo-sl-is-a-marvel-of-technology-with-a-price-tag-to-match/

新しくスリム化されたバッテリーは、1.8kgの重さで320whの電力を供給する。

エコモードで最大130キロの走行が可能。かなりの距離が走れるように設定されている。

バッテリーの予備として、「エクステンダパック」がある。

この小型の水筒サイズのユニットは、追加の航続距離(約60km)と160whの出力電力を供給することができる。

 

https://www.cyclingweekly.com/news/product-news/specialized-s-works-turbo-creo-sl-431267
 

予備のエクステンダは、ウォーターボトルケージの中に配置。重量は1kgで、長い距離とより高い高度でのロングライドの可能性を広げる。

S-Worksモデルには標準装備されており、Founders Editionバイクを購入するモデルは2つ付属。

Specialized Bicycles

バッテリーはバイクのダウンチューブに収まり、ボトムブラケットにあるモーターに電力を供給する。

バッテリーはダウンチューブに固定されていて、簡単には取り外せないようになっている。

 

https://www.cyclingweekly.com/news/product-news/specialized-s-works-turbo-creo-sl-431267
 

バッテリーを取り外すには、専用工具の必要はないがスペシャライズドは店舗に持っていくことを勧めている。

 

カスタマイズはスマホから

https://cyclingtips.com/2019/07/specializeds-turbo-creo-sl-is-a-marvel-of-technology-with-a-price-tag-to-match/

カスタマイズ
スペシャライズドのCreoに対するビジョン
  • トレーニングツールとしての使用
  • 出力を個人のセッションに適応させることが可能
  • ワット数のアシストレベルを変更し、インターバルセッションを作成
  • 登山に必要なワット数を決定することも可能
  • モーターのチューニングはSpecialized Mission Controlアプリで実行
  • モーターモードと各モードのピーク電力に対するアシストの割合を変更
  • アプリのレイアウトは直感的であり、変更は瞬時に行われ

 

モーターの出力を調整することがアプリで行えるということだ。

これならば山道が苦手でも、アシストしてもらいながら、最後まで走るということも可能になる。

元プロでも、そんなアシストの使い方をして無理なく走っているライダーもいる。

 

https://www.cyclingweekly.com/news/product-news/specialized-s-works-turbo-creo-sl-431267
 
さらに、距離を設定するとモーター出力を管理してくれるスマートなコントロール機能もある。
これならば、バッテリー切れで走れなくなるとかの心配がなくなるので良いかもしれない。

 

https://cyclingtips.com/2019/07/specializeds-turbo-creo-sl-is-a-marvel-of-technology-with-a-price-tag-to-match/

トップチューブの「ターボコネクト」ユニットがこの接続をし、バッテリー残量を一連のバーで示してくれる。

サイクリングコンピュータとして機能する新しいディスプレイ画面もある。

 「S」ボタンを1回押すと、4つのモードが切り替わる。

 

フューチャーショック2.0

https://cyclingtips.com/2019/07/specializeds-turbo-creo-sl-is-a-marvel-of-technology-with-a-price-tag-to-match/

Specialized Roubaixで使用されている、Future Shock 2.0が装備されており、フロントエンドに20mmの調整可能な移動距離を備えている。

 

つまり、グラベルロードでもショックを吸収してくれて快適に走れるということだ。

 

https://www.cyclingweekly.com/news/product-news/specialized-s-works-turbo-creo-sl-431267

正確に言うと、S-WorksモデルはShimano Dura-Ace Di 2シフターとShimano XTR Di 2リアメックおよび11-42カセットを組み合わせたものになる。

比較すると、Turbo Creo SL ExpertとExpert EvoモデルはShimano XT Di2リアメックと11-42カセット付きのShimano Ultegra Di2シフターを使用する。

とても贅沢な装備だ。その分、価格も中々高い。

 

S-Works Turbo Creo SL:ファーストライドインプレッション

2日間で、S-Works Turbo Creo SLとCreo SL Expert Evoを、それぞれ砂利と道路で試走をしているレポートがある。

 

https://www.cyclingweekly.com/news/product-news/specialized-s-works-turbo-creo-sl-431267

舗装されてないグラベルロードでも、26km/hまではアシストが効くので走りやすいそうだ。

 

https://www.cyclingweekly.com/news/product-news/specialized-s-works-turbo-creo-sl-431267

1000m近くのクライミングで69kmのグラベルロードを走行。

その距離で、バッテリー約70%消耗。バッテリーエクステンダーを装備しているので、さらに余裕があることになる。

快適に走るために、アシスト比率をコントロール出来るのは素晴らしいことだ。

 

The all-new Specialized Turbo Creo SL

 

Specialized S-Works Turbo Creo SL :モデルと価格

S-Works Turbo Creo  SL £10,999 (148万円)

https://www.cyclingweekly.com/news/product-news/specialized-s-works-turbo-creo-sl-431267
  • Frameset: Specialized S-Works Creo, Fact10r carbon, Future Shock 2.0
  • Motor: Specialized SL1.1
  • Front brake: Shimano Dura-Ace R9120
  • Rear brake: Shimano Dura-Ace R9120
  • Brake/shift levers: Shimano Dura-Ace R9170
  • Rear derailleur: Shimano XTR M9050
  • Cassette: Shimano XT, 11-42
  • Chain: Shimano Dura-Ace R9100
  • Crankset: Praxis Carbon M30, 46t
  • Wheelset: Roval CLX 50
  • Tyres:Specialized S-Works Turbo, 28mm
  • Handlebar tape: Specialized Roubaix S-Wrap
  • Stem: Specialized S-Works Future Stem with integrated computer mount
  • Saddle: Specialized S-Works Power
  • Seat post: Specialized S-Works FACT carbon

 

Creo SL Expert £7,499 (100万円)
 
https://www.cyclingweekly.com/news/product-news/specialized-s-works-turbo-creo-sl-431267
  • Frameset: Specialized Creo, Fact10r carbon, Future Shock 2.0
  • Motor: Specialized SL1.1Front brake: Shimano Ultegra R8020
  • Rear brake: Shimano Ultegra R8020
  • Brake/shift levers: Shimano Ultegra R8070
  • Rear derailleur: Shimano Deore XT Di2
  • Cassette: Shimano XT, 11-42t
  • Chain: Shimano Ultegra
  • Crankset: Praxis HollowForge M30, 46t
  • Wheelset: Roval C 38 Disc
  • Tyres: Specialized Turbo Pro, 28mm
  • Handlebar tape: Specialized Roubaix S-Wrap
  • Stem: Future Stem Pro
  • Saddle: Specialized Power Sport
  • Seat post:Specialized S-Works FACT carbon

 

Creo SL Expert EVO£7,499 (100万円)
https://www.cyclingweekly.com/news/product-news/specialized-s-works-turbo-creo-sl-431267
  • Frameset: Specialized Creo, Fact10r carbon, Future Shock 2.0
  • Motor: Specialized SL1.1
  • Front brake: Shimano Ultegra R8020
  • Rear brake: Shimano Ultegra R8020
  • Brake/shift levers: Shimano Ultegra R8070
  • Rear derailleur: Shimano Deore XT Di2
  • Cassette:Shimano XT, 11-42t
  • Chain: Shimano Ultegra
  • Crankset: Praxis HollowForge M30, 46t
  • Wheelset: Roval C 38 Disc
  • Tyres: Pathfinder Pro2 Bliss, 38mm
  • Handlebar tape: Specialized Roubaix S-Wrap
  • Stem: Future Stem Pro
  • Saddle: Specialized Power Sport
  • Seat post: X-Fusion Manic Dropper Post, 50mm travel

 

Creo Founder’s Edition(250台限定)US $ 16,500(178万円)

https://www.specialized.com/us/en/turbo-creo

  • Frameset: Specialized S-Works Creo Founder’s Edition, Fact10r carbon, Future Shock 2.0
  • Motor: Specialized SL1.1
  • Front brake: Shimano Dura-Ace R9120
  • Rear brake: Shimano Dura-Ace R9120
  • Brake/shift levers: Shimano Dura-Ace R9170
  • Rear derailleur: Shimano XTR M9050
  • Cassette: Shimano XT, 11-42
  • Chain: Shimano Dura-Ace R9100
  • Crankset: Praxis Carbon M30, 46t
  • Wheelset: Roval CLX 50
  • Tyres:Specialized S-Works Turbo, 28mm
  • Handlebar tape: Specialized Roubaix S-Wrap
  • Stem: Specialized S-Works Future Stem with integrated computer mount
  • Saddle:Specialized S-Works Power
  • Seat post: Specialized S-Works FACT carbon

 

電動デュラエースにRovalのホイールですからねえ~。

わかるんですけど中々のお値段ですよね。一度乗ったら電動から離れられなくなりそうで怖いものがあります。買えんけど。

 

ジュリアン・アラフィリップや、Decuninck-QuickStepのチームメイトがe-bikeに乗ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました