ロードバイクの情報を発信しています!

ツールで勝利したSean Yatesは心臓の病のためにE-BIKEに乗っている

https://www.cyclingweekly.com/news/latest-news/sean-yates-turns-e-bike-keep-riding-health-scares-407370 海外情報
この記事は約4分で読めます。

Sean Yatesは、1982年にフランスの象徴的なチームであるプジョーでプロデビュー。

その後、Sean Yatesは、ツール・ド・フランス1994の第6ステージでイエロージャージを着用。

15シーズンに渡ってプロとして活躍し、イギリスのサイクリングの殿堂入りを果たしています。

 

スポンサーリンク

e-BIKEという選択

https://www.ribblecycles.co.uk/ribble-endurance-sl-e/

Sean Yatesはいくつかの健康状態の悪さの後にe-BIKEに乗ることにしました。

彼の心拍数は毎分90拍で最大になるので、彼のパフォーマンスを妨げるAV(房室管欠損)に苦しんでいます。

そこでツールドフランスのステージ優勝者は、RibbleのEndurance SLeの電動ロードバイクを選択して乗っています。

58歳の男性は、最近のトレーニング中におこることを次のように語っています。

「私は自転車に乗っているととても気分がいいんだ。だけど、心臓がうまく機能していないということは疲労回復がうまくいかないことを意味してるんだ。

ロングライドが好きなんだけど、4時間のライドにでかけたら、二日は休まないといけなくなるんだよ。なんかねえ~回復も遅いんだ。良くない傾向だね。

そのため、e-BIKEに乗るのさ。その助けがあるだけで、乗り心地が楽になるだけでなく、結果リカバリーも楽になるのさ」

https://www.ribblecycles.co.uk/ribble-endurance-sl-e/

 

Yatesは、新しく発売されたRibble e-bikeに乗っています。

Endurance SLeは、バッテリーのモーターのレースジオメトリとスペインのebikemotionシステムで設計されて、重量はわずか11kgです。

見た目も、ロードバイクと変わらないです。

 

Sean Yatesの活躍は素晴らしいものがありました。

1988年のツール・ド・フランスでのタイムトライアル優勝。ブエルタ・ア・エスパーニャでもステージ優勝。1994年のツール・ド・フランスではイエロージャージも着用。1996年に引退しました。

 

こちらは、Tour de France 1994でイエロージャージを獲得したステージ6。この頃はノーヘルで走れていたんですよね。
Sean Yates – Yellow Jersey – Tour de France 1994

 

引退後は、チーム管理に目を向け様々なチームに在籍。

1998年から2001年 リンダマッカートニーレーシングチーム
2002年 iTeamNova.com
2003年から2004年 チームCSC
2005〜2007年 ディスカバリーチャンネル
2008〜2009年 アスタナ
2010〜2012年 チームスカイ
2014年 NFTO
2015年 – ティンコフ=サクソ

 

プロから引退した後も、1997年には英国50マイルのタイムトライアルチャンピオンシップを獲得。2005年にも3位となっています。つまりずっと自転車に乗って楽しんでいたのです。

ただ、2007年5月に心臓の房室管欠損のためにレースからは身を引きました。

 

Yatesは長年の激しいトレーニングとライドが彼の健康問題を引き起こしたと信じています。

彼は言った。

「私が30年間走ったという事実。私の心臓は肥大してうまく機能しなくなってしまったんだ。

でも、まだまだ自転車乗りたいんだよね~」

 

彼の健康上の問題は、彼が乗りたいレベルでバイクに乗ることを妨げます。それを助けるのが、e-BIKEというわけです。

2019年は、YatesがRibbleのe-BIKEに乗って、ヨーロッパ各地を走っている姿が見られるでしょう。

 

老後はe-bikeがいいかも

https://www.ribblecycles.co.uk/ribble-endurance-sl-e/

健康上の理由からロードバイクに乗れなくなっても外走りしたいですよね。私もそうするかもしれません。
ただ、海外のe-BIKEを日本で乗るには原動機付き自転車として登録しないと乗れません。つまり50CC原付バイクと一緒で、ヘルメットや方向指示器も必要です。

それについては、以下の記事で少し説明しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました