ロードバイクの情報を発信しています!

2023 イツリア・バスクカントリー第6ステージ 最終ステージでヨナス・ヴィンゲゴーの走りは?

海外情報
Photo credit: mertxe iturrioz on VisualHunt
この記事は約24分で読めます。

最終ステージを迎えて、Jumbo-Vismaのヨナス・ヴィンゲゴーのリードは13秒。

マークするのは、1分以内にいる13人のライダー全てとなる。それだけ、最後の第6ステージも厳しいコースが続く。

ヨナス・ヴィンゲゴーの牙城を脅かすライダーは現れるだろうか?

 

スポンサーリンク

第6ステージ  

コースプロフィール photo itzulia.eus

 

すべては決定的な山岳ステージで確定される。登坂距離は短いが、1級山岳クラベリンでは最大勾配17%の激坂が待っている。

その後も、山岳ポイントが連続するので、集団で越えて行くのは難しい。最後の3級山岳頂上からゴールまでは12km。最後のゴールも少し登り勾配となっている。残っているライダーは何人となるだろうか。

 

  1. 3級山岳 Elkorrieta  2.6km・6.3%
  2. 1級山岳 Azurki  5.1km・7.4%
  3. 2級山岳 Gorla  9.6km・5.6%
  4. 1級山岳 クラベリン  5 km・9.5%
  5. スプリントポイント Markina-Xemein
  6. 3級山岳 Trabakua  3.3km・6.9%
  7. スプリントポイント Eibar
  8. 1級山岳 Izua  4.1km・9%
  9. 3級山岳 Urkaregi  5km・4.6%

 

スタート前

厳しいステージが多く、中々集団牽引の姿が見れない新城幸也。今日の最終ステージでも前半のアシストとなりそうだ。

 

第6ステージスタート時の4賞は

  • 総合 ヨナス・ヴィンゲゴー Jumbo-Visma
  • ポイント賞 マッティオ・ソブレロ Team Jayco AlUla
  • 山岳賞 ジョン・バレンテクスア  Caja Rural – Seguros RGA
  • 新人賞 マッティオ・モスケッティ Trek-Segafredo

 

さあ、最終ステージのスタート。

 

3級山岳 Elkorrieta  2.6km・6.3%

ここは山岳賞ジャージのジョン・バレンテクスアが1位通過。

  1. ジョン・バレンテクスア  Caja Rural – Seguros RGA  3ポイント
  2. エスデバン・チャベス EF Education-EasyPost 2ポイント
  3. マチュー・ブルゴドー TotalEnergies 1ポイント

 

1級山岳 Azurki  5.1km・7.4%

INEOS Grenadiersのダニエル・マルティネスが入った逃げが出来て1級山岳を通過。

  1. ステファン・クライスヴァイク Jumbo-Visma 10ポイント
  2. ルーベン・ゲレイロ Movistar Team 8ポイント
  3. アッティラ・ヴァルテル Jumbo-Visma 6ポイント
  4. エマヌエル・ブッフマン BORA-hansgrohe 4ポイント
  5. ダニエル・マルティネス INEOS Grenadiers 2ポイント

 

2級山岳 Gorla  9.6km・5.6%

ここはルーベン・ゲレイロがトップ通過。

  1. ルーベン・ゲレイロ Movistar Team 6ポイント
  2. エスデバン・チャベス EF Education-EasyPost 4ポイント
  3. ルーク・ダーブリッジ Team Jayco AlUla 2ポイント

 

逃げている12人のメンバーは

  1. ダニエル・マルティネス INEOS Grenadiers
  2. ヴァランタン・パレパントル AG2R Citroën Team
  3. エマヌエル・ブッフマン BORA-hansgrohe
  4. ハーム・ファンフック Team DSM
  5. エスデバン・チャベス EF Education-EasyPost
  6. ブルーノ・アルミライル Groupama – FDJ
  7. レイン・タラマエ Intermarché – Circus – Wanty
  8. ルーク・ダーブリッジ Team Jayco AlUla
  9. ルーベン・ゲレイロ Movistar Team
  10. ステファン・クライスヴァイク Jumbo-Visma
  11. アッティラ・ヴァルテル Jumbo-Visma
  12. マルク・ヒルシ UAE Team Emirates

 

集団はBahrain Victoriousが引いているのだけど、新城幸也はすでに切れているようだ。残り82.1kmでタイム差1分35秒と抑えられている。

 

ダニエル・マルティネスは、3分22秒総合で遅れているので危険ではない。最もタイムが良いのは、Bahrain Victoriousのエマヌエル・ブッフマンの1分37秒。総合15位。

 

1級山岳 クラベリン  5 km・9.5%

最大勾配17%が待つ1級山岳に先頭が突入。先頭はレイン・タラマエ。

 

先頭はエスデバン・チャベス。先頭が絞られてきた。

 

ダニエル・マルティネスが切れて3人に。ステファン・クライスヴァイクは、昨日落車しているのに影響はないようだ。

  1. ルーベン・ゲレイロ Movistar Team
  2. ステファン・クライスヴァイク Jumbo-Visma
  3. エスデバン・チャベス EF Education-EasyPost

 

さらに、ルーベン・ゲレイロが抜け出しそう。最大勾配に近い。

 

集団先頭はBahrain Victoriousのハーマン・ベーンシュタイナー。後ろは、Jumbo-Vismaのサム・オーメンにヨナス・ヴィンゲゴー。

 

ハーマン・ベーンシュタイナーの引きで集団は絞られた。Jumbo-Vismaのサム・オーメンも切れている。

 

頂上まで1.2kmだけど、タイム差は50秒しかない。

 

バスクカラーの観客でライダーが見えないほど。

 

逃げていたマルク・ヒルシが集団に捕まる。

 

集団も1級山岳通過。ハーマン・ベーンシュタイナーが一人で引いた。ジャージの前を締めて下りに入る。

  1. ルーベン・ゲレイロ Movistar Team 10ポイント
  2. エスデバン・チャベス EF Education-EasyPost 8ポイント
  3. ステファン・クライスヴァイク Jumbo-Visma 6ポイント
  4. アッティラ・ヴァルテル Jumbo-Visma 4ポイント
  5. レイン・タラマエ Intermarché – Circus – Wanty 2ポイント

 

ハーマン・ベーンシュタイナーは、ヨナス・ヴィンゲゴーのアシストみたいに見える。なんと17人しかいない。下りで追いついてくるだろうけど、クラベリンの登りはやはり厳しかった。

 

アッティラ・ヴァルテルが先頭の3人を追っている。Jumbo-Vismaは、ステファン・クライスヴァイクとアッティラ・ヴァルテルが前待ちをする。

 

アッティラ・ヴァルテルが先頭に追いついて4人に。タイム差は55秒。

 

逃げていたレイン・タラマエは集団に追いつかれそう。

 

レイン・タラマエは、足を止めて補給。集団に吸収されていく。これで逃げているのは先頭の4人だけに。

 

ハーマン・ベーンシュタイナーはずっと引いている。これでミケル・ランダのアシストは最後にはいなくなりそう。後ろに切れた11人の集団が見えるので追いついてきそうだ。

 

後ろから11人が集団に復帰。

 

集団から抜け出しが始まる。

 

二人が前にでたけど、逃げられるかな。

  1. マチュー・ブルゴドー TotalEnergies
  2. イゴール・アリエッタ Equipo Kern Pharma

 

先頭の二人は普通に先頭交代に入っている。他チームのアシストに引かせる戦法なのか。

 

スプリントポイント Markina-Xemein

通過順位は

  1. エスデバン・チャベス EF Education-EasyPost 10ポイント・3秒
  2. ステファン・クライスヴァイク Jumbo-Visma 6ポイント・2秒
  3. アッティラ・ヴァルテル Jumbo-Visma 4ポイント・1秒

 

追走にSoudal – Quick Stepのマウロ・シュミットが追いついた。これはどんな意味があるのだろうか。最後の山岳まで待たないということか。

 

3級山岳 Trabakua  3.3km・6.9%

追走のマチュー・ブルゴドーが諦めた。

 

マチュー・ブルゴドーは遅れていく。

 

Equipo Kern Pharmaのイゴール・アリエッタもマウロ・シュミットのスピードについていけない。

 

先頭は山岳ポイントを通過。

  1. エスデバン・チャベス EF Education-EasyPost 3ポイント
  2. ステファン・クライスヴァイク Jumbo-Visma 2ポイント
  3. ルーベン・ゲレイロ Movistar Team  1ポイント

 

集団は1分24秒差で山岳ポイントを通過。先頭はCofidisのシモン・ゲシュケ。

 

マウロ・シュミットが9秒差に。もう先頭に追いつく。なんというスピード。

 

マウロ・シュミットが追いついた。

 

エスデバン・チャベスがスパート。

 

これに、マウロ・シュミットが反応しそうだ。

 

マウロ・シュミットは、休む暇もなくエスデバン・チャベスの後ろに。

 

先頭は、また一塊に戻る。

 

エスデバン・チャベスから先頭交代するライダーがいない。

 

エスデバン・チャベスは、無理やり先頭交代を促す。

 

エスデバン・チャベスは、更に前で先頭交代を促す。

 

エスデバン・チャベスの言葉にマウロ・シュミットが反応して下りでアタックして一人で行ってしまった。

 

残り35kmなので、いけないことはない。

 

こうなると、エスデバン・チャベスとルーベン・ゲレイロが引かないといけない。

 

マウロ・シュミットは、あと19秒でバーチャルリーダーに。

 

スプリントポイント Eibar

追走4人がスプリントポイント通過。24秒も離れてしまった。

  1. マウロ・シュミット Soudal – Quick Step 10ポイント・3秒
  2. エスデバン・チャベス EF Education-EasyPost 6ポイント・2秒
  3. ステファン・クライスヴァイク Jumbo-Visma 4ポイント・1秒

 

1級山岳 Izua  4.1km・9%

先頭からアッティラ・ヴァルテルが切れた。

 

マウロ・シュミットは、追走に31秒差をつけた。ステージ優勝の可能性がある。

 

集団復帰したサム・オーメンが引きだすとタイム差が一気に縮まってきた。

 

マウロ・シュミットの足が止まった。さすがに、一人で追ってきて、更に逃げるのは無理がある。

 

ステファン・クライスヴァイクは、先頭から降りる。これはヨナス・ヴィンゲゴーの待つ作戦だ。

 

Cofidisのヨン・イサギレがアタック。

 

だが、すぐにヨナス・ヴィンゲゴーがかわした。

 

前から、アッティラ・ヴァルテルがヨナス・ヴィンゲゴーをアシスト。完璧なタイミングだ。後ろは、エンリク・マスだけだ。ヨン・イサギレ、ミケル・ランダは後ろだ。

 

エスデバン・チャベスとルーベン・ゲレイロがマウロ・シュミットに追いつきそうだ。

 

今度は、ステファン・クライスヴァイクがアッティラ・ヴァルテルに変わってヨナス・ヴィンゲゴーを引く。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーのグループは、ルーベン・ゲレイロに追いついた。

 

ルーベン・ゲレイロがエンリク・マスをアシストしようとした瞬間にヨナス・ヴィンゲゴーがアタック!

 

これにエンリク・マスがつけない。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーが飛び始めた!

 

エスデバン・チャベスはマウロ・シュミットを捕らえたが、ヨナス・ヴィンゲゴーが後ろにきた。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーが後ろについた。

 

だが、休む間もなくヨナス・ヴィンゲゴーが前に。マウロ・シュミットは、足がなくなっている。

 

あ~、エスデバン・チャベスは、これはダメだと頭を振った。マウロ・シュミットは、後ろを確認。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーが単独でトップだ。残り28.3kmもある。

 

後続は、エンリク・マスの後ろにマウロ・シュミット。ヨン・イサギレ、セルジオ・イギータ、ランダと続く。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーは、ツールの山岳のような登りをこなす。

 

前が見えない。これがバスクだ。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーが頂上通過。

 

後続はセルジオ・イギータ先頭で上がってくる。

  1. ヨナス・ヴィンゲゴー Jumbo-Visma 10ポイント
  2. エスデバン・チャベス EF Education-EasyPost 8ポイント
  3. セルジオ・イギータ BORA-hansgrohe 6ポイント
  4. ヨン・イサギレ Cofidis 4ポイント

 

 

ヨナス・ヴィンゲゴーは、43秒をつけて全開で下る。

 

後続は、11人。ルーベン・ゲレイロ先頭でヨナス・ヴィンゲゴーを追う。

 

ミケル・ランダは、昨日はついていけたが今日は全く後ろにもつけなかった。すでに56秒も離れている。

 

残り17kmで1分に開く。

 

追走で二人いるのは、Soudal – Quick Stepのマウロ・シュミットとジェームス・ノックスだけだ。だが、総合上位のライダーが引くのがセオリー。ただ、これだけタイム差が離れると~。

 

3級山岳 Urkaregi  5km・4.6%

後方からUAE Team Emiratesのブランドン・マクナリティがアタック!

 

AG2R Citroën Teamのフェリックス・ガルが反応。

 

フェリックス・ガルとブランドン・マクナリティにエンリク・マスが迫る。

 

追走二人に追いついたところで、ヨン・イサギレがアタック。

 

だが、ヨン・イサギレも逃げれない。これを繰り返すとヨナス・ヴィンゲゴーとのタイム差は開くばかりだ。

 

今度は、セルジオ・イギータがペースを上げる。

 

またもヨン・イサギレがスパート。だが、どれも決まらない。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーは先頭で最後の山岳ポイントを通過。

 

後続は牽制状態だ。

 

これは追いつかないな。通過順位は

  1. ヨナス・ヴィンゲゴー Jumbo-Visma 3ポイント
  2. ミケル・ランダ Bahrain Victorious 2ポイント
  3. エンリク・マス Movistar Team 1ポイント

 

残り8.3kmで1分16秒差。

 

残り4.3kmで1分6秒差。これは最後のスプリントで勝負か。

 

残り3.5kmでジェームス・ノックスがアタック!

 

追走は上手く追えない。マウロ・シュミットが追走の邪魔をしている。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーは、残り2.1kmに。

 

ジェームス・ノックスのステージ2位が見えてきたか。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーは、カメラに投げキッス。

 

もう一回、投げキッスしてすでに勝利を確信。

 

ゴール前から足を緩めていて、何度も後ろを確認。これだけタイム差があれば余裕だ。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーは、29kmの見事な独走を決めた。気分が良ければステージ優勝も狙いたいと言っていたけど、本当にやってしまうとは。しかも、1分近いタイム差をつけての勝利だ。

これでステージ優勝3回。総合優勝に今シーズンの8勝目もあげている。勝利数では10勝のタデイ・ポガチャルにつぐ勝利数だ。ステージレースでのライバルは、タデイ・ポガチャルだけなのか。

抜群の強さを見せつけたステージだった。

 

2位には、アタックをきめたジェームス・ノックスが入った。ボーナスタイム6秒を獲得して、総合8位に。3位はヨン・イサギレが入ってボーナスタイム4秒をゲットして、表彰台を獲得した。

 

スポンサーリンク

リザルト

ヨナス・ヴィンゲゴーのコメント

チームにとっても私自身にとっても良い日だっ。常にライダーが前に出て、常にコントロールしていた。自分で完走できたことをうれしく思う。すぐにここに戻ってくるのを楽しみにしている。ツールはビルバオから始まるからね。

もう一度チームメイトに感謝しなければならない。彼らは素晴らしかった。先頭グループに2人の男がいて、ゲームはロックされていた。今日は完璧にこなした。

自身が攻撃を続けましたね。

私が考えたのは、攻撃したいのであれば、最後から 2 番目の登りでなければならないということなんだ。なぜなら、最後の登りは大きな違いを生むほど難しくないからだ。私は足があり、試してみたいと思っていた。自分がベストだったかどうかはわからないが、逃げることができた。1 週間にわたる ワールドツアーステージ レースで初めて優勝できて、とてもうれしい。

第6ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma 50
10″
3:36:42
2
 KNOX James
Soudal – Quick Step 30
6″
0:47
3
 IZAGIRRE Ion
Cofidis 25
4″
0:49
4
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates 20   ,,
5
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe 15   ,,
6
 GAUDU David
Groupama – FDJ 10   ,,
7
 SCHMID Mauro
Soudal – Quick Step 8
3″
,,
8
 YATES Simon
Team Jayco AlUla 6   ,,
9
 MAS Enric
Movistar Team 3   ,,
10
 GALL Felix
AG2R Citroën Team 1   ,,
11
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious     ,,
12
 CHAVES Esteban 
EF Education-EasyPost  
5″
0:59
13
 VALTER Attila 
Jumbo-Visma  
1″
1:21
14
 RODRÍGUEZ Cristián
Team Arkéa Samsic     ,,
15
 BIZKARRA Mikel
Euskaltel – Euskadi     ,,
16
 TAARAMÄE Rein
Intermarché – Circus – Wanty     ,,
17
 GUERREIRO Ruben 
Movistar Team     2:45
18
 STORK Florian
Team DSM     3:16
19
 SOBRERO Matteo
Team Jayco AlUla     ,,
20
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM     ,,
21
 KRUIJSWIJK Steven 
Jumbo-Visma  
3″
,,
22
 HAYTER Ethan
INEOS Grenadiers     4:01
23
 BURGAUDEAU Mathieu
TotalEnergies     ,,
24
 SKJELMOSE Mattias
Trek – Segafredo     ,,
25
 GUGLIELMI Simon
Team Arkéa Samsic     ,,
26
 BUCHMANN Emanuel
BORA – hansgrohe     4:03
27
 LIPOWITZ Florian
BORA – hansgrohe     ,,
28
 DE LA PARTE Víctor
TotalEnergies     ,,
29
 CASTROVIEJO Jonathan
INEOS Grenadiers     ,,
30
 IZAGIRRE Gorka
Movistar Team     ,,

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 1
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma 400
36″
24:45:24
2 2
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious 320
15″
1:12
3 5 ▲2
 IZAGIRRE Ion
Cofidis 260
6″
1:29
4 3 ▼1
 GAUDU David
Groupama – FDJ 220
4″
1:31
5 6 ▲1
 MAS Enric
Movistar Team 180
4″
1:36
6 11 ▲5
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe 140
10″
1:37
7 8 ▲1
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates 120
1″
1:38
8 10 ▲2
 KNOX James
Soudal – Quick Step 100
9″
,,
9 9
 YATES Simon
Team Jayco AlUla 80   1:39
10 13 ▲3
 GALL Felix
AG2R Citroën Team 68   1:50
11 20 ▲9
 SCHMID Mauro
Soudal – Quick Step 56
13″
2:36
12 23 ▲11
 CHAVES Esteban
EF Education-EasyPost 48
6″
3:01
13 21 ▲8
 VALTER Attila
Jumbo-Visma 40
1″
3:13
14 17 ▲3
 RODRÍGUEZ Cristián
Team Arkéa Samsic 32
1″
3:23
15 26 ▲11
 TAARAMÄE Rein
Intermarché – Circus – Wanty 28   3:39
16 4 ▼12
 SOBRERO Matteo
Team Jayco AlUla 24
6″
4:00
17 7 ▼10
 SKJELMOSE Mattias
Trek – Segafredo 24
6″
4:43
18 12 ▼6
 URÁN Rigoberto
EF Education-EasyPost 24   5:03
19 14 ▼5
 BUCHMANN Emanuel
BORA – hansgrohe 24   5:50
20 16 ▼4
 DE LA PARTE Víctor
TotalEnergies 24   5:58
21 34 ▲13
 BIZKARRA Mikel
Euskaltel – Euskadi 16   6:11
22 25 ▲3
 SÁNCHEZ Luis León
Astana Qazaqstan Team 16   6:53
23 35 ▲12
 GUERREIRO Ruben
Movistar Team 16   7:07
24 22 ▼2
 LÓPEZ Juan Pedro
Trek – Segafredo 16
2″
7:12
25 15 ▼10
 CATTANEO Mattia
Soudal – Quick Step 16
3″
7:20
26 37 ▲11
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM 16   7:44
27 31 ▲4
 ARRIETA Igor
Equipo Kern Pharma 16   7:58
28 32 ▲4
 PERNSTEINER Hermann
Bahrain – Victorious 16   8:13
29 30 ▲1
 OOMEN Sam
Jumbo-Visma 16   9:13
30 38 ▲8
 GUGLIELMI Simon
Team Arkéa Samsic 16   9:15

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma 102
2 5 ▲3
 SCHMID Mauro
Soudal – Quick Step 67
3 3
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious 55
4 8 ▲4
 IZAGIRRE Ion
Cofidis 51
5 2 ▼3
 SOBRERO Matteo
Team Jayco AlUla 51
6 4 ▼2
 SKJELMOSE Mattias
Trek – Segafredo 50
7 9 ▲2
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates 48
8 7 ▼1
 GAUDU David
Groupama – FDJ 47
9 11 ▲2
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe 44
10 6 ▼4
 BAGIOLI Andrea
Soudal – Quick Step 43

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 BARRENETXEA Jon
Caja Rural – Seguros RGA 35
2 16 ▲14
 CHAVES Esteban
EF Education-EasyPost 27
3  
 GUERREIRO Ruben
Movistar Team 25
4 8 ▲4
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma 19
5  
 KRUIJSWIJK Steven
Jumbo-Visma 18
6 2 ▼4
 CAVAGNA Rémi
Soudal – Quick Step 18
7 3 ▼4
 CATTANEO Mattia
Soudal – Quick Step 14
8 4 ▼4
 JOUSSEAUME Alan
TotalEnergies 11
9 5 ▼4
 ZIMMERMANN Georg
Intermarché – Circus – Wanty 10
10 9 ▼1
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious 8

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 2 ▲1
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates 24:47:02
2 3 ▲1
 GALL Felix
AG2R Citroën Team 0:12
3 5 ▲2
 SCHMID Mauro
Soudal – Quick Step 0:58
4 6 ▲2
 VALTER Attila
Jumbo-Visma 1:35
5 1 ▼4
 SKJELMOSE Mattias
Trek – Segafredo 3:05
6 9 ▲3
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM 6:06
7 8 ▲1
 ARRIETA Igor
Equipo Kern Pharma 6:20
8 10 ▲2
 HIRSCHI Marc
UAE Team Emirates 14:42
9 11 ▲2
 HUYS Laurens
Intermarché – Circus – Wanty 18:04
10 13 ▲3
 GRÉGOIRE Romain
Groupama – FDJ 32:33

チーム賞

Rnk Prev ▼▲ Team Class Time
1 1  Soudal – Quick Step WT 74:24:59
2 3 ▲1  Jumbo-Visma WT 3:29
3 2 ▼1  Movistar Team WT 5:58
4 7 ▲3  BORA – hansgrohe WT 14:43
5 4 ▼1  EF Education-EasyPost WT 15:19
6 5 ▼1  Team Arkéa Samsic WT 17:21
7 6 ▼1  Team Jayco AlUla WT 20:16
8 8  Trek – Segafredo WT 20:37
9 10 ▲1  Groupama – FDJ WT 21:52
10 12 ▲2  Cofidis WT 32:46
こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました