ロードバイクの情報を発信しています!

2020年に向けてこの冬にシクロクロスをレースする6人のWorldTourライダー

海外情報
Photo cyclephotos twitter
この記事は約5分で読めます。

2020のシーズンに向けて、シクロクロスを取り入れたロードマンが多数いた。

何と言っても、テクニック、インターバル、過酷な環境、1時間のフルガスのレースは冬のトレーニングには持ってこいだ。

テクニックがない私には全く出来そうもないけど(^^;

 

スポンサーリンク

ロマン・バルデ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Winter efforts, the funniest way 👻 • Quel plaisir de retrouver les labourés, le temps de se faire monter le palpitant à côté de la maison 👌

Romain Bardet(@romainbardet)がシェアした投稿 –

 

シクロクロスに登場した最も驚くべきライダーはロマン・バルデ(AG2R La Mondiale)

2019ツール・ド・フランスでの山岳賞獲得は全く彼の目指すべきところではなかった。失望したバルデは、2020シーズン新たな道を模索することに。

ツールにも出場せず、ジロ・デ・イタリアを目指す。

バルデは、11月からフランスで5回のCXレースを行っている。結果もよくて、ロマニャ、クルノン・ドーヴェルニュ、マリントラで3位に入賞している。

彼の最高の努力がグランドツアーで報われるかどうか見てみよう!

 

 

ミカル・クウィアトコウスキー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

‪Boys like it dirty 😉 @owocowyprzelaj 🔝‬ ‪📷 @szrubko

Michał Kwiatkowski(@kwiato)がシェアした投稿 –

2019年シーズンは、これまでの慢性疲労というか疲れが取れない状態でレースに望んでいたために、不調なシーズンを送った。

UCIランキングも2017年の9位から大きく後退。

今年の冬は、ポーランドカップでシクロクロスに取り組み13位でゴールしている。今シーズンは、Volta ao Algarve em Bicicletaで開幕し春のクラシックシーズンを駆け抜ける。

 

ワウト・ファンアールト

Photo Wout van Aert instagrm

過去3回のシクロクロス世界チャンピオンは、オフシーズンにシクロクロスレースを取り入れるのは普通のことだが今年は違った。

選手生命を絶たれるかと思われたケガからの復帰。ようやく2回のシクロクロスレースを走れるまでに回復してきた。

彼が次に目指すのはベルギー国内シクロクロス選手権。何のプレッシャーもないというが、この走りによって世界選手権に出場するかどうかが決まる大切なレースでもある。

 

 

アネミック・ファン・フルーテン

Mitchelton-Scott 所属の彼女は、2019年驚異的なロードシーズンで、世界選手権、ジロローザ、リエージュバストーニュリエージュで優勝。

アネミック・ファン・フルーテンは、レースの4分の3で中断となったが、ライバルたちを応援するためにサイドラインに立っていた。

 

ハインリッヒ・ハウッスラー

Photo h.haussler instagram

シクロクロス中継の熱心な信者だった、ハウッスラーはメリダからシクロクロスバイクが発売されたのを機にシクロクロスに初めてチャレンジ。

11月にドイツでブンデスリーガ-バイヒンガーで3位。ワールドカップにも出場した。

オランダの放送局Sporzaとのインタビューで、彼は次のように述べている。

1時間で16回のスプリントを行うことができる。平均心拍数は非常に高かったので、1時間だけフルガスになった。

もっと若いころから取り組んでおけば良かったとも述べている。

 

 

ゼネク・スティバル

Photo Zdenek Stybar facebook

3度シクロクロス世界チャンピオンになっている、ゼネク・スティバルは今シーズン久々にシクロクロスレースに復帰。

9回のレースに出場。

彼の最高の結果は、12月21日のシントニクラスで6位だったが、どんなイベントでも一貫してトップ20のライダーだった。

ゼネク・スティバルのシーズン開幕は、2月29日Omloop Het Nieuwsblad Eliteで始まる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました