ロードバイクの情報を発信しています!

チームイネオスのパヴェル・シヴァコフがホワイトジャージを失う

海外情報
https://twitter.com/TeamINEOS
この記事は約2分で読めます。

ジロ・デ・イタリアの第16ステージでパヴェル・シヴァコフは、総合9位を維持。

しかし、ヤングライダー賞のホワイトジャージは守ることが出来なかった。

パヴェル・シヴァコフは、損失を制限しますが、ライバルのミゲルアンヘル・ロペス(Astana)についていくことはできませんでした。

スポンサーリンク

モンティローロ峠はペースで登る

https://www.teamineos.com/

イバン・ソーサに引かれるシヴァコフ

寒く雨の多い天候の中、最低気温は3度となった1級山岳モンティローロ峠。

ジロの「クイーンステージ」は、バーレーン・メリダのヴィンチェンツォ・ニバリのアタックでレースは大きく動いた。

18%の劇坂でのアタックに、シヴァコフはペースを合わせることはできませんでした。

彼は、チームメイトの

  • イバン・ソーサ
  • エディ・ダンパー
  • セバスティアン・エナオ

のアシストをうけてテンポで登り切りきった。

最後は、下りを飛ばしまくって、ニバリとレースリーダーのリチャル・カラパスのグループの2分後に16位でゴール。

 

シヴァコフからわずか7秒遅れでステージを始めた攻撃的なミゲルアンヘル・ロペス(Astana)は、1分41秒速くゴール。

パヴェル・シヴァコフに1分34秒の差をつけた。

 

ヤングライダー賞

1位ミゲルアンヘル・ロペス(アスタナ)70:08:22
2位パヴェル・シヴァコフ(チームイネオス)0:01:34
3位ヒュー・カーシー(EFエデュケーションファースト)0:08:21

 

チームイネオスのスポーツディレクター、ニコラス・ポータルは、次のように述べています。

「苦くて長い山岳地帯のステージでした。モルティローロはとても急な急上昇です。パヴェルに適した登りではありません。しかし、彼はうまく管理できると思いました。下り坂では基本的にタイムトライアルをしていた。

彼はギャップを縮めるために一生懸命プッシュしていたので、この3キロでちょっと爆発したと思う。彼は本当にしっかりしたレースをした。彼の上昇のページングは良かった」

 

これからのパヴェル・シヴァコフの目標は、トップ10を死守することですね。それとステージ1勝をあげたいところです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました