ロードバイクの情報を発信しています!

Movistar Teamが2023ツール・ド・フランスをIceberg限定ジャージで走る

海外情報
UnsplashXavier Balderas Cejudoが撮影した写真
この記事は約2分で読めます。

Movistar Teamは、2023ツール・ド・フランスとツール・ド・フランス Femmes avec Zwift(7月23日~30日を特別ジャージで走る。

このジャージは、海洋保護プログラムへの資金を集める世界的なキャンペーンの一環としてオークションに出品される。

Movistarは、このジャージをIcebergと呼んでいる。直訳すると氷山だ。

 

スポンサーリンク

2023ツール・ド・フランス限定ジャージIceberg

こちらでジャージのデザインが見られる

 

動画の通り、温暖化により氷山は溶け出しているのはご存じの通り。デザインは、溶け出している氷山をイメージしてつくられている。

Movistar TeamによるとIcebergは4つの目的をもっているという。

  1.  衣服の技術的パフォーマンスの向上により、生地の持続可能性を保つ
  2. 革新的で差別化されたデザイン
  3. 海と海洋の保護に対する社会的意識の向上
  4. 路上での視認性を向上

 

ジャージの生地は60%がリサイクルプラチック(瓶、漁網、余剰生産品) から作られた繊維で作られている。

「Iceberg」は、アパレルメーターのGobik が推進する「Ride to Cut」プロジェクトの一部。 熱を反射し、紫外線からの保護を改善し、路上での視認性を向上させるデザインとなっている。

Movistar Teamが使用するジャージには署名が入り、 国際的な基金やプログラムに寄付するためにオークションにかけられる。

チームはファンにこれらのキャンペーンへの寄付を募ることになるが、 オークションと寄付の形式に関する詳細は、ツアー開始の数日前に発表される。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました