ロードバイクの情報を発信しています!

Corimaから12本スポークのMCC EVOとWS EVOの2つのカーボンホイール登場

機材情報
Photo credit: ewwhite on VisualHunt
この記事は約3分で読めます。

フランスのホイールメーカーであるCorimaは前後に12本のスポークしかないユニークなフルカーボンホイールMCC EVOと、前後20本のスポークのWS EVOのカーボンホイールを発売した。

MCC Evo および WS Evoの新しいホイールは、チューブレス互換でフックレス リムを備えたブランド初のロードホイールとなる。

他のメーカーがチューブスホイールの製造に傾いている中、Corimaはチューブラーホイールの製造も続ける。

 

スポンサーリンク

Corima MCC EVO

こちらはプロモーションビデオ

 

MCC Evo と WS Evo ホイールは両方とも、32 mm と 47 mmの2つのリム深さが用意されている。

32mmはクライム用、47mmはオールラウンドなライディングに適応する。各 EVO ホイールセットは、前世代と比較して最大 145g軽量化されている。

12 本スポークのMCC EVO は、Corimaのカーボンファイバーの専門知識をすべて使用して開発されたと言われている。

ブランドによれば、これにより究極の使いやすさ、効率性、応答性が実現するとのこと。

MCC EVOは、チューブレス/フックレス バージョンとチューブラー バージョンの両方で利用可能となる。

100% カーボンファイバー製で、12ペアのカーボンファイバー スポークで構成されている。

 

Corima MCC EVO spec

Cofidisがツール・ド・フランスの山岳ステージで使用すると思われる

 

  • リム内部幅 : 21mm
  • リム外部幅 : 26mm
  • スポーク数 : フロント6本・リア6本
  • ハブ : Corima D2T ラチェット ハブ
  • タイヤサイズ : 25~32mm
  • 重量 : チューブレス1445g (32mm) / 1480g (47mm)・チューブラー1280g (32mm) / 1330g (47mm)
  • 価格 : €3690(約57万円)
スポンサーリンク

Corima WS EVO

 

WS EVOホイールセットは、ペアの「R2」スポークパターンで20本のカーボンファイバー スポークを使用している。

MCC EVOよりは、少しワイルドではないように見えるデザインだけど、それでも前後で20本のスポーク数は少ない。

パフォーマンス、正確なハンドリング、多用途性を提供するために作られたと言われている。

ホイールは、フランスで手作りされており、Corimaによれば、価格帯の割に独特で高級感があるという。

WS EVOは、より高価なMCC EVO モデルと同じ21mm のインナーリム幅と 26mm のアウターリム幅、および 32/47mm のリム深さのオプションを備えている。

 

Corima WS EVO spec

  • リム内部幅 : 21mm
  • リム外部幅 : 26mm
  • スポーク数 : フロント10本・リア10本
  • ハブ : EVO S ハブ
  • タイヤサイズ : 25~32mm
  • 重量 : チューブレス1505g (32mm) / 1540g (47mm)・チューブラー1390g (32mm) / 1490g (47mm)
  • 価格 : €1990(約30万円)

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました