ロードバイクの情報を発信しています!

ジロ・デ・イタリアに出場するチームがパワーメーターを使用しない理由とは?

海外情報
Photo vinizabu_ktm instagram
この記事は約4分で読めます。

ViniZabù-KTMはイタリアのUCIプロチーム。

2020年ジロ・デ・イタリアにワイルドカードで出場する。このチームには佐野淳哉選手が2013年、2009年には宮澤崇史選手も所属していた。

今回、ジロ・デ・イタリアに出場するViniZabù-KTMは、レース中にパワーメーターとパルスメーターを使わないことを発表。

あらゆるチームがパワーメーターを使ってレースを組み立てている中であえて使わないというのだ。

ViniZabù-KTMがレースでパワーメーターを使わない理由とは?
 
スポンサーリンク

レース中のパワーメーター禁止

Photo visconti_giovanni instagram

 

プロのサイクリングは数字のゲームになっており、ライダーは自分のパワーナンバーと心拍数に細心の注意を払うことに夢中になっている。

ViniZabù-KTMのマネージャーであるLuca Scintoはレース中のパワーメーターと心拍計の使用を禁止するとLa Gazetta dello Sportに語った。

これまでも、チーム内でこんな言葉を良く聞いていたと言う。

  • 400ワットで漕がないといけないのでコースを調整しないといけない
  • 300ワットを越えてペダルが踏めないので調子が悪い
  • ワットが出ないので、疲れているから練習を止める

全てをパワーメーターの数値で語ってしまうので、困っている。

自由に運転できるようにしたい。トレーニング中に装備を使って改善するのは良いことだが、レース中はうんざりしている。

とマネージャーは語っている。

要は、自分の身体に耳を傾け、自分でコントロール出来るライダーとなって欲しいということだ。ロボット相手にレースしているんじゃあないとも言っている。

パワーメーターの数値でレースを決めないで欲しいとの思いもあるようだ。

 

チームリーダーのジョバンニ・ヴィスコンティは

Photo visconti_giovanni instagram

チームのリーダーを務める、ジョバンニ・ヴィスコンティはどう思っているのだろうか?

ヴィスコンティは、チームのパワーメーター禁止に賛成している。ヴィスコンティは、2007・2010・2011年とイタリア国内チャンピオン。

ジロ・デ・イタリアでも2勝をあげており、チームの中心選手だ。すでに37歳となった彼は、これまでのプロレースの流れを身をもって見てきている。

レースのやり方が変わったことに違和感を持っている一人だからだ。

ライダーは、自分の能力を知っているため、パワーを使っていつ攻撃に反応するか、いつアタックすることが出来るのか知ることが出来る。チームはデータを利用してリタイヤにならない労力を決定することも出来る。

便利である反面、レースを見ている側にはつまらない展開となってしまうのだ。

ツール・ド・フランスのディレクター、クリストフ・プルードホームは、2018年のツールでパワーメーターの禁止を呼びかけ、「スポーツの輝かしい不確実性を全滅させる」と述べた。

アルベルト・コンタドールは、デバイスの禁止が「レースを平準化する」可能性があると述べている。

 

パワーメーターがレースをつまらなくしていると思っているのだ。

ViniZabù-KTMは、今シーズンからパワーメーター禁止でレースに挑むが、結果がどうなるのかはわからない。他のチームと比べて、後からレースを分析することも出来なくなる。

だが、将来的にパワーメーターの禁止はあり得るかもしれない。ViniZabù-KTMチームの試みがどうなるのか注目するべきかもしれない。チームの一部の選手は不満を言っているようですが。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました