ロードバイクの情報を発信しています!

サイモン・イエーツは移籍せず、Mitchelton-Scottと再契約 アダム・イエーツはどうなる?

海外情報
Photo by Kylo on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

移籍の噂のあった、サイモン・イエーツはMitchelton-Scottとの再契約を発表した。

2018ブエルタの覇者は2年間の延長契約となる。

双子の兄弟は、2014年のOrica GreenEDGEでのプロ入り以来、常に同じチームで働いてきた。今回サイモン・イエーツはチームと再契約したが、弟のアダム・イエーツについては何も報じられていない。

 

スポンサーリンク

チームと2年契約

チームで2022年まで契約しているのは、サイモン・イエーツのみ。

Mitchelton-Scottはコロナ危機により、厳しい給与カットが行われ存続の危機にあった。マヌエラ・ファンダシオンとの交渉は失敗。

 

だが、チームオーナーのゲイリー・ライアンが、今後2年間のチーム資金を提供し、ライダーの給与を元のレベルに戻すと発表。これによりチームの継続と安定が確保できた。

サイモン・イエーツの契約は、2年先までのチームの将来が保証されたために行われたと言って良い。

 

アダム・イエーツはどうなる?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Adam Yates(@adamyates7)がシェアした投稿

2014年から在籍しているチームでは、レースプログラムは違っていたが、契約更新の発表は兄弟揃って行われていた。

今回、サイモン・イエーツだけが発表されたと言うことは、アダム・イエーツの契約更新はないと考えても良いだろう。

それは、これまでも噂されていたチームイネオスへの移籍があるかもしれないということだ。

 

Mitchelton-Scottは、すでにダリル・インピーを放出している。更に、アダム・イエーツまで移籍するとなれば、大きな損失となるだろう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました