ロードバイクの情報を発信しています!

ゲラント・トーマスはツール・ド・フランス落選にどう思う?

海外情報
photo Geraint Thomas instagram
この記事は約3分で読めます。

イネオスのツール・ド・フランスのメンバーには、クリス・フルームとゲラント・トーマスが含まれなかった。

クリス・フルームについては、誰が見てもトップフォームに戻っていないことは確認できたが、まさかゲラント・トーマスまで選出されないとは、本人も思っていなかったのではないがたろうか?

トーマスとしては、ツールまでに更に1kgの減量をして本番に備えるつもりだったのだろうけど。

 

スポンサーリンク

インスタグラムに投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Geraint Thomas(@geraintthomas86)がシェアした投稿

 

ゲラント・トーマスはエガン・ベルナル、クリス・フルームとならんで3人のリーダーの一人だと思われていた。

2018年のツール優勝者であり、2019年はエガン・ベルナルに続いて2位。しかも、コース短縮など何か納得のいかない中での順位なので、今年にかける思いは強かっただろう。

 

トーマスはインスタの投稿で、

最終的にしっかりとした計画を立てて、何をしているかを正確に把握して、ええと、今年から何らかのポジティブなことを試してみるのはいいことだ。

ジロをターゲットにして戦うことにする。私はそこでのレースを楽しみたい。それが今の計画だ。

今回のジロには、最終週に厳しい山岳ステージが待っているが、3つのタイムトライヤルがあり、トーマスにとっては有利になるだろう。

イル・ロンバルディアでの落車により、レムコが活動中止しているので、ヴィンテェンチォ・ニバリとヤコブ・フグルサングがトーマスのライバルとなるのではないか?

 

来年ツールに出れるのか?

Sir Dave Brailsford outlines 2020 racing plans

トーマスは、チームの動画では

2017年は、ツールで優勝した2018年と似たような素晴らしい状態だった。ジロはあのクラッシュで悪くなってしまったので、いつも戻りたいと思っていた。

イタリアでのレース、ロード、ファン、食べ物が大好きだ。

と語っている。

いつかジロには戻ってくるつもりだっただろうが、今年ではなかったはずだ。トーマスの本心は彼にしかわからないが、プロなので気持ちを切り替えて戦うだろう。

チームとして3人を分けるのは戦略的にも良い。特にカラパスはTTが得意でないのでジロよりはツールのほうが良いだろうし。

2010年以来、毎年のようにツールに出ていたが、ついに連続出場も途切れる。来年ツールを走れるチャンスはあるんだろうか?

ツールに出れなかった悔しい思いを全てジロにぶつけて勝って欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました