ロードバイクの情報を発信しています!

カスタムペイントされたロードシューズのアート 世界で一つのデザインシューズ

機材情報
Photo caitlinfielder_fineart
この記事は約4分で読めます。

ジョージ・ベネットの奥さん、ケイトリン・フィールダー(CAITLIN FIELDER)がロードシューズにアートを描く仕事をしていることは、少し前の記事でも書いている。

 

彼女のシューズのアートワークについて、cyclingnews.comでも取り上げられた。

シューズのアートワークについて詳しく解説されていたので、どうやって生まれてきたのか見てみよう。

 

スポンサーリンク

2017年ツール・ド・フランスから

2017年ツールでベネットが履いたシューズ Photo caitlinfielder_fineart

ケイトリン・フィールダー(CAITLIN FIELDER)が初めてシューズにペイントしたのは2017年のこと。

ジョージ・ベネットの誕生日のプレゼントを考えている時に、シューズにペイントしてくれないかと、ベネットから頼まれてからだそうだ。

彼女自身は、生物科学を専攻して科学の学士号を取得している人で、芸術のバックラウンドはなかったらしい。芸術は、彼女の両親の影響で大学の頃に初めた。

両親は芸術家ではないけれども、趣味で絵を書いていたそうだ。

ジョージ・ベネットがツールで履いていたシューズは、またたく間にプロトンの注目の的となり、プロライダーからの注文が舞い込み始める。

現在は、プリモッシュ・ログリッチとルイス・レオン・サンチェスが順番待ちらしい。

彼女自身は、ウルトラマラソンも走る著名なランナーでもある。

 

Photo caitlinfielder_fineart instagram

現在は、股関節を手術したそうでリハビリ中。それもあって、感染を恐れて彼らの母国ニュージーランドには帰国していない。

アンゴラの自宅から見える景色は最高ですね!

 

数々のプロライダーにアートシューズを

Photo caitlinfielder_fineart instagram

こちらはエステバン・チャベスのシューズ。物凄くカラフルで明るいデザインに仕上がっている。

 

Photo caitlinfielder_fineart instagram

マイケル・マシューズのためのシューズ。ペイントには50時間かかったらしい。エッフェル塔が描かれている。

 

Photo caitlinfielder_fineart

こちらはニュージーランドのサイクリストのためにマリオをデザイン。

 

Photo caitlinfielder_fineart

こちらはジョージ・ベネットがブエルタ・ア・エスバーニャで履いたデザインシューズ。こちらも40時間かかったそうだ。

 

Photo caitlinfielder_fineart

どんなデザインでもOKだそうだ。だから、こんなデザインのシューズもある。

 

価格は、デザインと時間によって違うので、彼女にメールを出して決めるようになっている。

素晴らしいシューズの数々は公式サイトでジックリとみることが出来ます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました