ロードバイクの情報を発信しています!

ミラノ~トリノの登りゴールは見ごたえたっぷりだった

海外情報
Photo MiTo1876 twitter
この記事は約6分で読めます。

昨晩のミラノ~トリノの最後のゴールまでの戦いは手に汗握る大接戦。見ごたえがあった。

何度もアタックをかける、ダディ・ゴデュ(Groupama – FDJ)も素晴らしかった。

最後は、実力者ばかりが揃った展開となったが、アレハンドロ・バルデルデは相変わらず強い。

この38歳のおじさんは疲れというのを知らないのか?

 

スポンサーリンク

ミラノ~トリノ100回記念

ミラノ~トリノ コースマップ

 

今年でちょうど100回の開催となるミラノ~トリノ。

2019年のミラノ~トリノは、イタリアのピエモンテ州北部のトリノのマゼンタからバシリカ・ディ・スペルガまでの179km。昨年のエディションと同様の短いルートとなった。

150kmの平坦で速い開幕の後、最初の山岳であるBV di Superga(平均勾配9%で登坂距離4.3km)を登る。

急降下の後、レースは平均勾配9.1%で4.9 kmの登坂距離のSupergaへの最終登山で勝者が決まる。

昨年度優勝のティボー・ビノは残念ながらツール・ド・フランスでのケガで早くからシーズンを終了している。

 

世界チャンピン http://www.milanotorino.it/it/gallery/

スタート地点には、2019世界チャンピオンのマッズ・ペテルセンもいたのだがゴールすることなくリタイヤしている。多分、エースのバウケ・モレマのアシストだったんでしょうね。

 

レースが始まって最初の逃げが確定。

 

逃げの5人はラスト100kmで5分のアドバンテージを作り出す。 

  • Rémi Cavagna (Deceuninck – Quick-Step)
  • Joey Rosskopf (CCC Team)
  • Nicolas Della Valle (UAE Team Emirates),
  • Daniel Savini (Bardiani-CSF)
  • Joan Bou (Nippo Vini Fantini Faizanè)

 

レミ・カヴァニャは最後の一人になっても果敢に逃げ続けた。

「クレルモン・フェランのTGV」と呼ばれているレミ・カヴァニャ(Deceuninck-QuickStep)。

2019ブエルタ・ア・エスパーニャ第19ステージでは、26km独走して勝利した。

ツアー・オブ・カリフォルニアでも独走勝利していたが、今回は捕まってしまった。

 

 

最後の登りで決着

前半は雨も降っていて厳しい走り。この時期の雨は嫌ですよね~。

集団は高速でおいかけた。捕まえる前のチーイネオスのフリップ・ガンナのデータでは

43分50秒でav46.1km/h ・max66.0km/h・平均出力340Wとなっている。

逃げがつかまるとチームイネオスはエガン・ベルナルのために高速で集団を牽引。

集団が絞られた状態から、最後の登坂に入る。

ラスト3kmでマイケル・ウッズがアタック!

これに、ゴルカ・イザギレ(Astana Pro Team)とジャック・ヘイグ(Mitchelton-Scott)が追いつくが、後続に追いつかれそうになると再びマイケル・ウッズがアタックをしかける。

今度は、後ろからダディ・ゴデュ(Groupama – FDJ)が追いついて、しばらくマイケル・ウッズと逃げる。

後方では、徐々にエース級が集まり始め、

  • アレハンドロ・バルデルデ (Movistar Team)
  • エガン・ベルナル (Team INEOS)
  • アダム・イエーツ (Mitchelton-Scott)

が残る。

ここからのダディ・ゴデュ(Groupama – FDJ)のアタックが素晴らしかった。23歳の若者は何度ともなくアタックを繰り出す。

それに反応するのはマイケル・ウッズ。

ゴールまで400mを切って、最初にペースを上げたのはマイケル・ウッズ。後ろにはアレハンドロ・バルデルデがつく。

このままでは、2018年の世界選手権エリートレースと同じでバルベルデがスプリントで捲くるかと思われたが、マイケル・ウッズの加速は素晴らしかった。

マイケル・ウッズが腰を上げて、しばらくするとバルベルデは後ろを見て2位確保の道を選んだ。とても並べるスピードではないと判断したのだろう。

 

 

マイケル・ウッズは嬉しいシーズン初勝利を挙げた。

ラスト4キロからの攻防は、本当に見ごたえがあった。やっぱりアタック合戦になったほうが見ていて面白い!

マイケル・ウッズは好調をアピールしており、週末のイル・ロンバルディアでも良い走りが期待出来そうだ。

 

こちらはハイライト
Milano – Torino 2019 Highlights | Italian Autumn One Day Classics On GCN Racing

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました