ロードバイクの情報を発信しています!

REYNOLDSからコストパフォーマンスが高い AR80とAR80Xホイールが登場 

https://bikerumor.com/2019/10/10/reynolds-ar80-ar80x-offer-80mm-aero-wheel-performance-for-less/機材情報
この記事は約3分で読めます。

REYNOLDSから、80mmのリムハイトでコストパフォーマンスの高いAR80とAR80Xが登場。

このAR80とAR80Xは、これまでのREYNOLDSのエアロシリーズよりも大幅に低価格で提供されている。

価格は抑えられいるが性能の妥協はなく、製品は生涯保証される。

REYNOLDSのホイールは日本の通販サイトでも販売されておりポピュラーなホイールですね。

 

スポンサーリンク

AR80とAR80Xの違いは?

 

https://reynoldscycling.com/collections/arx

AR80XとAR80は両方とも、リムブレーキモデルとディスクブレーキモデルで使用でき、すべて同じ80mm、内部幅19mm、外幅29.5mmのリムプロファイルを備えている。

各リムは、横風での安定性を向上させる洗練されたリムプロファイルを備えたチューブレスレディクリンチャー。

リムブレーキモデルは、以前のモデルよりも耐熱性が30%高いと言われているCTG2ブレーキトラックを使用し、ディスクブレーキホイールはCenterlockハブを使用している。

 

REYNOLDS  AR80X

https://reynoldscycling.com/collections/arx

https://reynoldscycling.com/collections/arx

Xモデルと標準モデルの違いは、使われる部品と最終的には価格。

AR80Xは、レイノルズオールロードハブと、リムブレーキ用に20/24、ディスクブレーキ用に24/24のSapim CX-Sprintスポークを使用。

ハイエンドのハブとわずかに軽い重量で、小売価格は1,549ドル(約16万7千円)となっている。

80mmで20万以下の価格は圧倒的に安いですね。

 

AR80X
主な仕様
  • チューブレス対応の幅広のリムは、グリップを高め、転がり抵抗を減らし、快適性を高める大容量タイヤに最適
  • 洗練された、より広いリム形状は、さまざまなヨー角での横風安定性のために最適化
  • 軽量の合金ニップルを備えたSapim CX-Sprintブレードスポークを装備
  • プレミアムグラフィックスにより、非常にクリーンな外観
  • 10°のハブエンゲージメントを提供する高速で滑らかなReynolds Allroadsハブを装備
  • ディスクおよびリムブレーキ固有のモデルが利用可能
  • Ctg2ブレーキトラックは、以前のモデルよりも耐熱性が30%高い
  • 生涯保証
  • 30日間の顧客満足保証

 

REYNOLDS  AR80

https://reynoldscycling.com/collections/arx

https://reynoldscycling.com/collections/arx

一方、AR80は、レイノルズTR3ハブ、Sapim Sprintスポーク、および真鍮製ニップルを使用して、価格を1,249ドルまで下げている。

リムはA80Xと同じなので、ハブの差だけですね。

この差で、重量がAR80Xは1,767g。AR80は1,893gとなっている。

日本円で約13万ですから、圧倒的なコストパフォーマンスですね。

すべてのホイールは、生涯保証と30日間の満足保証でカバーされているので安心できます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました