ロードバイクの情報を発信しています!

世界王者をうしなったバーレーン・メリダの損失

海外情報
Photo Rohan Dennis instagram
この記事は約4分で読めます。

バーレーン・メリダは、ツール・ド・フランスで不可解なリタイヤをしたローハン・デニスを契約解除した。

 

10月1日でバーレーン・メリダのGMとなったロッド・エリングワースはローハン・デニスの契約は継続したいと考えていたことを明らかにした。

来シーズンからのチームの戦いにかかせないと考えられていたローハン・デニスの解雇は、エリングワースの計画に大きな狂いを生じさせることになってしまう。

 

スポンサーリンク

バーレーン・メリダの誤算

ローハン・デニスは、7月のツール・ド・フランスで装備を取り巻く問題に不満を抱き、レースの途中でリタイヤした。

その後レースに参加することはなかったが、2019世界TTのタイトルを獲得。エリートロードもオーストラリア代表で出場した。

ロット・エリングワースは4月にチームイネオスから離れ、休暇を取ったあとに10月1日から正式にバーレーン・メリダのGMとして着任した。

 

ロット・エリングワースは、チームスカイ時代からコーチとして世界一のチームを作り上げた立役者だ。

ローハン・デニスの解雇の日は9月13日。エリングワースがチームに来る前に決定していた。

「私はローハン・デニスに留まってほしかった。彼は間違いなく私の長期計画の一部であり、彼が解雇されたことには失望した」

と英国の新聞に語っている。

ロット・エリングワースの構想は、移籍したヴィンテェンチォ・ニバリの代わりにミケル・ランダをツール・ド・フランスのエースとすること。

その際に、重要なアシストとしてローハン・デニスの力を活用したかったのだ。

チームイネオスで言えば、ミカル・クウィアトコウスキーなどのタイムトライヤルも強く山岳も強いアシストの存在。

ユンボ・ヴィズマでいえば、世界TTを3回獲得しているトニー・マルティンのように一人で3人分の平坦を引きまくるような存在だ。

ローハン・デニスは、タイムトライヤルの能力だけでなく、山岳でもエガン・ベルナルにくいつくほどの登坂力も持ち合わせている。

 

ツール・ド・スイスでは総合2位。

今年の世界TTのコースも決して平坦ばかりでなかった。それでも2位のレムコに1分以上の大差をつけて圧勝するのだから、計り知れない力を秘めている。

平坦も引けて、山岳でもアシスト出来るオールラウンドに強いローハン・デニスを失ったことはロット・エリングワースにとっては痛恨だっただろう。

ミケル・ランダをアシスト出来る強力なライダーを一人失ってしまったのだから。

ロット・エリングワースの構想によると、チームイネオスから移籍したワウト・プールスは1週間のステージレースのエースとして起用される。

 

来年から、マクラーレンのスポンサーをうけるバーレーン・メリダ。

チームに近い情報筋の1人は、F1レベルの分析をサイクリングに適用する計画があり、チームとして

IneosのDarth Vaderに対するHan Solo

という野望があると述べた。

このロット・エリングワースの野望の一コマであったローハン・デニスを失ったチームの損失は計り知れない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました