ロードバイクの情報を発信しています!

キャリア47勝をあげたサーシャ・モードロとショーン・ベネットがバイクをフックにかける

海外情報
Photo credit: DancingOnThePedals.net on VisualHunt.com
この記事は約4分で読めます。

二人のライダーがバイクをフックにかける

  • サーシャ・モードロ Bardiani-CSF-Faizanè
  • ショーン・ベネット China Glory Continental Cycling Team

二人は、新たな道を探すことになる。

 

スポンサーリンク

サーシャ・モードロ

 

35歳のサーシャ・モードロはBardiani-CSF-Faizanèとの契約が得られず引退の道を選ぶことになった。

2022年は、CROレース第1ステージで2位など、何度もトップ10フニッシュは繰り返していたのだけど。

過去に、サーシャ・モードロはグルテン不耐性で苦しんでいた。

最初の不調は2018年の初めから。妻と散歩に出かけても一日の終わりには疲れ果てていたそうだ。原因がわからず悩んでいたらしい。

グルテン不耐性と診断されてから、強力な抗生物質の3つのコースと特別な食事を始め治療を開始。食生活を変えてジロ・デ・イタリアを始めたが勝利には届かない。

診断により、腸内に5つの異なる菌類があることが確認され、特殊な治療を行っても、モードロが最高の状態に戻るには時間がかかるとされていた。

グルテン不耐性はファビオ・アルやテニスのノバク・ジョコビッチも同じ症状だった

 

 

ようやくグルテン不耐性を克服。2021ツール・ド・ルクセンブルク第3ステージで3年振りに勝利をおさめたのが最後のステージ優勝となっている。

 

サーシャ・モードロは以下のように引退について語る。

現時点では、契約を結んでいないライダー、つまり私より若くて稼いでいるライダーがまだたくさんいることを認識している。私は愚かではない。サイクリングのしくみを知っている。

もしそれが今年起こらなければ、おそらく来年になるだろう。私は素晴らしいキャリアを歩んできましたが、それを続けるつもりはない。

コンチネンタルで走ることは考えない。それは、若いライダーからスポットを盗むことになるからです。(…) 私は 35 歳です。

いつかこの瞬間が来ることはわかっていた。サイクリングを続けますか?私はそうは思いません。たとえば、スポーツディレクターになりたいという願望はありません。

 

こちらはサーシャ・モードロの勝利の数々

 

 

ショーン・ベネット

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sean Bennett(@toseanandbeyond)がシェアした投稿

 

ショーン・ベネットはInstagramでコメントを出している。

数年の素敵な思い出。 最後の数ヶ月がどうなったかについてかなりイライラして悲しい。 私のキャリアが私から離れて、来年チームなしで去っていくのを見た。

チームがギリギリで重なったり、考えを変えたりするこの状況で、悔しい数少ない冬でした。 私は続けたいと思っていたが、今年は何も物質化されなかったし、お別れする時が来た。 過去このような時に支えてくれた人々に感謝。

 

ショーン・ベネットは、2019年にHagens Berman AxeonからEF Pro cyclingに移籍。2021年にTeam Qhubeka ASSOSで走っていたが、チームは消滅。

今年は、China Glory Continental Cycling Teamで走っていた。何度かレースでも逃げを打っており目立っていたのだけど。

 

今シーズンは開幕レースとなったツアー・オブ・ターキー総合8位など活躍していたけれど、チームとの関係が上手くいかなくなったと述べている。26歳で新たな道を探すことになる。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました