ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・ポローニュ第6ステージ 個人タイムトライヤルで総合トップはあの人に!

海外情報
Photo credit: Derwisz on Visualhunt
この記事は約17分で読めます。

第5ステージでは、ゴール前で落車が発生。

幸い、ケガでDNSとなるライダーはいない。ただ、オラフ・コーイとミック・ファンダイクは世界選手権のためにDNS。

ツール・ド・ポローニュは登りではなく、個人タイムトラヤルで総合が決着する。

マテイ・モホリッチは、総合2位のアルメイダに対して12秒のリードを持っている。神がかり的な走りでトップを維持出来るだろうか。

 

スポンサーリンク

第6ステージ    カトヴィツェ~カトヴィツェ  16.6km

コースプロフィール photo tourdepologne

 

ポーランド南部の都市。シロンスク県カトヴィツェで第6ステージは行われる。この個人タイムトライヤルで総合は決定する。コーナーが多いけれど、高低差は127mとほぼ平坦。

昨年は11.8kmだったけれど、今年は16.6km。数秒のタイム差は簡単についてしまう。

 

  1. 中間計測ポイント 9.6km

 

マイケル・ヘップバーン Team Jayco AlUla

中間計測を8分9秒で暫定トップに。ゴールでは、BORA-hansgroheのライアン・ミューレンの記録を抜いてトップに。19分40秒。av50.644km/h。

 

ヨセフ・チェルニー Soudal – Quick Step

Soudal – Quick Stepのヨセフ・チェルニーは、2025年まで契約を延長している。今年は、ツール・ド・ロマンディのプロローグで勝利している。

 

中間計測は、8分12秒で暫定2位。ゴールは、19分48秒。av50.303km/hで暫定2位。

 

フィン・フィッシャーブラック UAE Team Emirates

フィン・フィッシャーブラックが中間計測を8分7秒で暫定トップに。

 

フィン・フィッシャーブラックは、19分26秒。av51.252km/hで暫定トップに。

 

フィン・フィッシャーブラックは、ホットシートに座ることに。

 

シュテファン・ビッセガー EF Education-EasyPost

欧州TTチャンピオンのシュテファン・ビッセガーがスタート。

 

中間計測は、8分15秒でフィン・フィッシャーブラックから8秒遅れの暫定4位。

 

シュテファン・ビッセガーは、19分41秒。av50.601km/h。暫定3位に。

 

レナード・ケムナ BORA-hansgrohe

レナード・ケムナは、このPolandでは全く目立たなかった。2023ジロでは総合9位と素晴らしい成績。今年はブエルタにも参戦する。

 

19分49秒。av50.261km/h。暫定6位。

 

ゲラント・トーマス INEOS Grenadiers

世界選手権TTにも英国代表で出場するゲラント・トーマス。しかし、男性の顔をここまでアップにしなくても~。

 

8分5秒で中間計測をトップタイムで通過。

 

ゲラント・トーマスは、フィン・フィッシャーブラックの記録を抜く。19分27秒。51.208km/hで暫定トップに。

 

ゲラント・トーマスは、どこまでホットシートに座っているだろう。

 

トビアス・フォス Jumbo-Visma

2022世界TT王者のジャージを着て走るのは最後となるトビアス・フォス。

 

中間計測8分11秒。ゲラント・トーマスから6.4秒も遅れている。

 

トビアス・フォスは、19分31秒。暫定4位に。

 

ティム・ウェレンス UAE Team Emirates

ロンド・ファン・フラーデレンで鎖骨骨折などで散々だったティム・ウェレンス。だけど、19分27秒と暫定3位の記録をたたき出す。

 

マッテオ・ソブレロ Team Jayco AlUla

2021イタリアTT王者のマッテオ・ソブレロがスタート。

 

マッテオ・ソブレロは、20分15秒とふるわず。

 

マティア・カッタネオ Soudal – Quick Step

マティア・カッタネオがスタート。

 

なんと、マティア・カッタネオがゲラント・トーマスの記録を4.4秒も上回って暫定トップに。

 

19分10秒。av51.965km/hとゲラント・トーマスの記録を14秒も上回るスーパータイムを出してきた。これは後続が抜けるのだろうか。

 

マッティオ・カッタネオは、長くホットシースに座りそう。

 

ブラントン・マクナリティ UAE Team Emirates

米国王者のブランドン・マクナリティがスタート。

 

中間計測を8分7秒。暫定4位通過。

 

19分33秒で暫定6位に。

 

イラン・ファンワイルダー Soudal – Quick Step

昨日のゴールでの落車の影響がないと良いのだけど。

 

イラン・ファンワイルダーは、19分27秒で暫定4位に。

 

ミハウ・クフィアトコフスキ INEOS Grenadiers

ポーランドTT王者。2014世界ロード王者のミハウ・クフィアトコフスキが逆転をかけてスタートする。

 

中間計測は、8分2秒と暫定2位に。

 

ミハウ・クフィアトコフスキは、後半ペースが落ちた。19分30秒。暫定7位に。

 

ラファウ・マイカ UAE Team Emirates

ラファウ・マイカがスタート。

 

ゴールは20分14秒と遅れる。クライマーなので仕方ない。

 

ジョアン・アルメイダ UAE Team Emirates

アルメイダは、中間計測を8分6秒で暫定4位通過。

 

アルメイダのゴールタイムは、19分23秒で暫定2位に。あとは、マテイ・モホリッチのゴールタイムを待つことになる。

 

マテイ・モホリッチ Bahrain Victorious

さあ、リーダージャージのキープが出来るか。

 

中間計測8分18秒。イエローマジックは効いていない。トップのマティア・カッタネオから18秒遅れている。アルメイダから10秒遅れ。もう後がない。

 

マテイ・モホリッチは、19分33秒とステージ11位。アルメイダとのタイム差は、13秒。これは総合は守ったのか?

 

マティア・カッタネオは、ステージ優勝に。今シーズンの初勝利となった。マティア・カッタネオは、先日Soudal – Quick Stepと2025年までの延長契約も結んでいる。

今回のステージ優勝で、総合5位まで上がってきた。

 

スポンサーリンク

リザルト

マティア・カッタネオのコメント(チーム公式サイトより)

この種目でハードワークし、ここ数ヶ月でかなり上達した。ワールドツアーレースでの初勝利は、私にとって大きな意味がある。また、世界選手権に向けて自信を深めることができた。今日のスタートはリラックスしていたし、コースも自分に合っていた。この勝利で総合5位以内に入れたことはボーナスだし、本当にうれしい。

今日はITTのラスト500mが、3年前にファビオ・ヤコブセンが転倒したステージと同じだったこともモチベーションになった。ゴールの終わりには不思議な感覚を覚えたが、同時にベストを尽くしたいと思わせてくれた。

 

2位のジョアン・アルメイダのコメント

総合は、本当に非常に近いところにあるが、初めてのはずだ。チャンスが来れば全力で戦うつもりだが、うまくいく可能性は非常に低い。

別の先頭グループが逃げ切る可能性もあり、中間スプリントは80km過ぎとかなり遠い。それはほぼ不可能なミッションだ。

明日は、パスカル・アッカーマンのハンドルでスプリントすべきでしょうか?

挑戦することはできるが、スプリンターたちには勝てないだろう(笑)。

 

第6ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI Time Avg
1
 CATTANEO Mattia
Soudal – Quick Step 50 0:19:10 51.965
2
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates 30 0:13 51.384
3
 THOMAS Geraint
INEOS Grenadiers 25 0:14 51.340
4
 FISHER-BLACK Finn
UAE Team Emirates 20 0:16 51.252
5
 WELLENS Tim
UAE Team Emirates 15 0:17 51.208
6
 VAN WILDER Ilan
Soudal – Quick Step 10 0:18 51.164
7
 VAUQUELIN Kévin
Team Arkéa Samsic 8 ,, 51.164
8
 KWIATKOWSKI Michał
INEOS Grenadiers 6 0:21 51.033
9
 FOSS Tobias
Jumbo-Visma 3 ,, 51.033
10
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates 1 0:24 50.903
11
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious   0:25 50.860
12
 SIVAKOV Pavel
INEOS Grenadiers   0:27 50.773
13
 HEPBURN Michael
Team Jayco AlUla   0:30 50.644
14
 BISSEGGER Stefan
EF Education-EasyPost   0:31 50.601
15
 ARENSMAN Thymen
INEOS Grenadiers   0:35 50.430
16
 CARUSO Damiano
Bahrain – Victorious   ,, 50.430
17
 ČERNÝ Josef
Soudal – Quick Step   0:38 50.303
18
 HEIDUK Kim
INEOS Grenadiers   0:39 50.261
19
 KÄMNA Lennard
BORA – hansgrohe   ,, 50.261
20
 DE PLUS Laurens
INEOS Grenadiers   0:40 50.218
21
 MULLEN Ryan
BORA – hansgrohe   0:42 50.134
22
 DAVY Clément
Groupama – FDJ   ,, 50.134
23
 VOISARD Yannis
Tudor Pro Cycling Team   0:47 49.925
24
 LUDVIGSSON Tobias
Q36.5 Pro Cycling Team   ,, 49.925
25
 MILESI Lorenzo
Team dsm – firmenich   0:49 49.842
26
 VERVAEKE Louis
Soudal – Quick Step   ,, 49.842
27
 NORSGAARD Mathias
Movistar Team   0:50 49.800
28
 DUNBAR Eddie
Team Jayco AlUla   0:51 49.759
29
 BOUWMAN Koen
Jumbo-Visma   0:52 49.717
30
 GRADEK Kamil
Bahrain – Victorious   0:53 49.676

総合

マテイ・モホリッチは、タイム差なしでトップを維持。正確には100分の74秒差。

最終ステージには、ボーナスタイムがあるので、まだ油断はならない。逃げがボーナスタイムをつぶせば、ゴール勝負だけとなる。

マテイ・モホリッチのコメント

アルメイダがボーナス秒数を狙うなら、私はそれを狙う。スプリントの方がもっと早く追いつけると思が、もし彼らがそれを目指したいのであれば、私は喜んで競争する。それなら最後まで戦う。

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 1
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious 8
22″
22:49:07
2 2
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates  
10″
,,
3 4 ▲1
 KWIATKOWSKI Michał
INEOS Grenadiers  
8″
0:14
4 7 ▲3
 VAN WILDER Ilan
Soudal – Quick Step     0:19
5 18 ▲13
 CATTANEO Mattia
Soudal – Quick Step     0:38
6 14 ▲8
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates     0:39
7 6 ▼1
 DUNBAR Eddie
Team Jayco AlUla     0:52
8 3 ▼5
 MAJKA Rafał
UAE Team Emirates  
10″
0:55
9 8 ▼1
 BATTISTELLA Samuele
Astana Qazaqstan Team     0:57
10 5 ▼5
 ONLEY Oscar
Team dsm – firmenich     1:04
11 9 ▼2
 MONIQUET Sylvain
Lotto Dstny     ,,
12 10 ▼2
 MARTINEZ Lenny
Groupama – FDJ     1:10
13 11 ▼2
 SCARONI Christian
Astana Qazaqstan Team     1:23
14 24 ▲10
 SIVAKOV Pavel
INEOS Grenadiers     1:24
15 12 ▼3
 VAN EETVELT Lennert
Lotto Dstny     1:26
16 25 ▲9
 VOISARD Yannis
Tudor Pro Cycling Team     1:44
17 22 ▲5
 VERVAEKE Louis
Soudal – Quick Step     1:46
18 28 ▲10
 CARUSO Damiano
Bahrain – Victorious     1:49
19 16 ▼3
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe     1:53
20 33 ▲13
 VAUQUELIN Kévin
Team Arkéa Samsic     1:54
21 13 ▼8
 CONCI Nicola
Alpecin-Deceuninck     1:55
22 15 ▼7
 VENDRAME Andrea
AG2R Citroën Team     1:59
23 23
 GODON Dorian
AG2R Citroën Team     2:08
24 19 ▼5
 DONOVAN Mark
Q36.5 Pro Cycling Team     2:10
25 17 ▼8
 GUERREIRO Ruben
Movistar Team     2:11
26 20 ▼6
 OOMEN Sam
Jumbo-Visma     2:20
27 21 ▼6
 LASTRA Jonathan
Cofidis     2:23
28 29 ▲1
 SOBRERO Matteo
Team Jayco AlUla     2:27
29 27 ▼2
 WARBASSE Larry
AG2R Citroën Team     2:37
30 30
 VAN DEN BERG Marijn
EF Education-EasyPost  
16″
2:38

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious 68
2 4 ▲2
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates 68
3 3
 KWIATKOWSKI Michał
INEOS Grenadiers 66
4 2 ▼2
 VAN DEN BERG Marijn
EF Education-EasyPost 55
5 9 ▲4
 VAN WILDER Ilan
Soudal – Quick Step 48
6 5 ▼1
 ONLEY Oscar
Team dsm – firmenich 43
7 7
 SCARONI Christian
Astana Qazaqstan Team 36
8 8
 MERLIER Tim
Soudal – Quick Step 34
9 26 ▲17
 FISHER-BLACK Finn
UAE Team Emirates 33
10 11 ▲1
 WALSCHEID Max
Cofidis 33

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 HOELGAARD Markus
Lidl – Trek 25
2 2
 MOSCA Jacopo
Lidl – Trek 18
3 3
 DE GENDT Thomas
Lotto Dstny 17
4 5 ▲1
 VAN LERBERGHE Bert
Soudal – Quick Step 8
5 6 ▲1
 ANDRESEN Tobias Lund
Team dsm – firmenich 6
6 7 ▲1
 CARUSO Damiano
Bahrain – Victorious 5
7 8 ▲1
 HAMILTON Lucas
Team Jayco AlUla 5
8 9 ▲1
 KRON Andreas
Lotto Dstny 4
9 10 ▲1
 TRONCHON Bastien
AG2R Citroën Team 4
10 11 ▲1
 BANASZEK Norbert
Poland 3

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

  1. 毎日読者K より:

    5st終了時点でポイント賞ジャージを着ていたモホリッチは58ポイントでしたが、ポイントランキングから消えてあるようです。違反行為でポイント没収でもあったのでしょうか?(;´д`)

    • ちゃん より:

      昨夜、私もおかしいと思いながら朝に確認しようと思いながら忘れてました。表彰の写真も記ゃブッチャーしてたと思ったら、なくなっていた(涙)

      速報版は結構間違っていることが多いんですよね~。
      いつもチェックありがとうございます<(_ _)>

タイトルとURLをコピーしました