ロードバイクの情報を発信しています!

サム・ベネットはイネオスに移籍という噂。本当なのか?

海外情報
Photo by Ben White on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

Deceuninck – Quick Stepとの契約が今年一杯で切れるサム・ベネット。

まず、サム・ベネットと、アルメイダは来シーズンのサラリーの問題でチームと折り合っていない。その為、二人は移籍先を探していた。まあ、二人ならば移籍先はどこでもある。

そして、サム・ベネットは古巣のBORA – hansgroheに戻ると言われていた。

だが、この噂も違っていたようで、今シーズン末にサム・ベネットは予算たっぷりのイネオスに移籍という噂になっている。

 

何故、BORA – hansgroheでいなのか

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

sam bennett(@sammmyben)がシェアした投稿

 

BORA – hansgroheは、パスカル・アンカーマンがUAEに移籍すると言われており、その後にサム・ベネットが帰るというのが、これまでの話だった。

だが、サム・ベネットはBORAから移籍する時に、法廷闘争を行っている。このためチームとは少し折り合いが悪いようだ。

この点、イネオスは2017年にエリア・ヴィヴィアーニが移籍してから、総合に特化しておりグランドツアーで勝てるスプリンターがいない。

また、ベネットが2011年から2013年までレースに参加したAnPost-ChainReactionチームの共同マネージャーのカート・ボガーツが2月からイネオスのコーチに加わっている。

これも、イネオスに加入する後押しになっていると言う。

予算はたっぷりあるので、勝利を狙えるスプリンターとしてサム・ベネットに話をしているとしても、不思議はないだろう。

だが、ツール・ド・フランスの総合優勝を狙うチームに、スプリンターを連れていくというのも考えにくいことだけど。

サム・ベネットはイネオスに移籍しても、ツール・ド・フランスに出れるかどうかは微妙だろう。さて、どうなることか。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました