ロードバイクの情報を発信しています!

なんとサガン兄弟がコロナ陽性となってしまう

この記事は約3分で読めます。

スペインのグランカナリアでチームキャンプを行っていたサガンがコロナ陽性反応となってしまった。

コロナ陽性となったのは、サガンに弟のユライ・サガン、そしてエリック・パシュカの3人。

BORA – hansgroheは、グランカナリアに来る前日に車で7人が交通事故にあったばかり。

なにか、良くないことが続きますねえ~。

 

スポンサーリンク

軽度の症状

 

チームの公式サイトの情報では、3人はコロナウイルスの検査で数回陽性。3人とも軽度な症状をみせている。

サガンの言葉によると

ここ数週間、弟のユライ、チームメイトのエリック・バシュカ、そして私はグランカナリア島でトレーニングを行っている。1月29日、帰国できるように地元の研究所でPCR検査を行った。

残念ながら、結果は私たちが期待したものではなく、3人全員がCovid-19に対して陽性だった。

皆元気ですだが、明らかに、その日以来、私たちは隔離され続けている。

陽性を受け取った瞬間から、チームの全面的なサポートを受けており、マネージャーのラルフ・デンクと医療部門に感謝している。

私たちは数千キロ離れて孤立しているが、常に彼らの隣にいるように感じている。私たちは継続的な遠隔監視下に置かれ、必要な限りここに留まります。

うまくいけば、次のテスト結果はネガティブになるので、通常のトレーニングスケジュールをできるだけ早く再開できます。

ただ、隔離となると外ではトレーニング出来ないので、パフォーマンスは落ちるでしょうね。

サガンは、誕生日にも落車してますし、今度はコロナとはついていない。

重症化せず、早く回復できると良いのですが。結構、後遺症のある人が多いので心配ですよね。

サガンの最初のレースは、2月27日のオムロープ・ヘット・ニウスブラット。このレースの出場は症状によっては微妙になるかもしれない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました