ロードバイクの情報を発信しています!

Jumbo-Vismaはタディ・ポガチャルがジロに出場してもツールの最大のライバルとみなしている

海外情報
VictoriaによるPixabayからの画像
この記事は約3分で読めます。

タデイ・ポガチャルは2024年にジロとツールのダブルに挑戦する。

 

ジロで脚を使い、ツール・ド・フランスで最適なパフォーマンスを発揮できるかという疑問が生じる。

だが、Jumbo-Vismaのスポーツディレクター、メリン・ゼーマンは、ポガチャルをヨナス・ヴィンゲゴーのツール・ド・フランスにおけるメインチャレンジャーだと見ている。

 

スポンサーリンク

ダブルは可能か?

 

ポガチャルがジロに行くことが我々にとって良いことなのかどうか、1年後にまた私に聞かなければならないだろう。

彼が質の高いライダーであり、世界最高のライダーであることは誰もが知っている。彼のような選手がジロに出場することは、ファンにとって特別なことだ。

我々にとっても、他のチームにとっても、彼を打ち負かそうとする挑戦は素晴らしいものになるだろう。

 

ダブルツールで高いレベルのパフォーマンスを発揮することは可能なのでしょうか?

今年は、セップ・クスのことが少し心配だった。ウィルコ・ケルデルマンが負傷してジロに行けなくなったとき、プリモッシュ・ログリッチを助ける強力な代役が必要だった。

私たちはセップを連れて行くことにした。ツールでのセップのレベルを少し心配していたが、ジロとツールの両方で非常に高いレベルにあることがわかった。

私にとってセップ・クスは、両ラウンドを高いレベルでこなせることの証明だ。だからポガチャルも両方できると信じている。

これほど才能にあふれたライダーと、インテリジェントなパフォーマンス・チームなら、それが可能だ。

 

やはり、タディ・ポガチャルはヨナス・ヴィンゲゴーの最大のライバルだということですか?

通常、ポガチャルが最大のライバルだが、プリモッシュ・ログリッチとレムコも非常に強力なライバルになるだろう。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーのジロ出場は100%ありませんか?

彼は以前インタビューで、3つのグランツールを1年で全て制覇したいと、と言っていたような気がする。彼が自分の言っていることを分かっているのがどうかはわからないが、少なくとも来年はジロを走らないだろう。

 

そうだ。Jumbo-Vismaには良い例がある。セップ・クスはジロを総合14位、ツールを総合12位、そしてブエルタを制覇してしまった。1年間のレース数は77日。

グランツールに絞れば、走れないことはないということになる。過去にはLotto Soudalのトーマス・デヘントが1年間で全てのグランツールを走ったけれど、その後疲労のために不調だった。

 

アシスト選手とエースでは、力を100%使うステージが違うかもしれない。タディ・ポガチャルは、ダブルが十分に可能だとUAE Team Emiratesに判断されて出場してくる。

タディ・ポガチャルがヨナス・ヴィンゲコーと互角に戦えるのかは、やってみないとわからない。いずれにしても、楽しみな2024年シーズンとなる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました