ロードバイクの情報を発信しています!

2022ベルギービーチ選手権にウルフパック3人も参加  勝利したのは?

海外情報
Image credit: bkbeachrace
この記事は約4分で読めます。

ベルギーのブレーデネのビーチレースにプロライダーも多数参加。

これは、ベルギービーチ選手権のタイトルもかけられていた。シクロクロスも良いけど、マウンテンバイクのレースでもオフトレーニングをやっているプロライダーも多くいる。

砂浜ならば、落車しても痛くないでしょうから安全だし。

 

スポンサーリンク

ベルギービーチ選手権

Image credit: bkbeachrace/facebook

 

54kmと27kmのコースがあり混走。ベルギーではテレビ放送があった。是非見たかったな。

 

Image credit: Karel Declercq/twitter

 

注目は3人を揃えたQuick-Step Alpha Vinyl Team。イブ・ランパールトは、4日前のビーチレースでも優勝しており、一番人気だ。

 

今回出場した、エリートに出場するプロライダーは24名

  • イブ・ランパールト Quick-Step Alpha Vinyl Team
  • ティム・デクレル Quick-Step Alpha Vinyl Team
  • ベルト・ファンレルベルフ Quick-Step Alpha Vinyl Team
  • ティム・メルリエ Alpecin-Deceuninck
  • ジャスパー・フィリップセン Alpecin-Deceuninck
  • ヨルディ・メーウス BORA-hansgrohe
  • セップ・ファンマルク Israel – Premier Tech
  • オリバー・ナーセン AG2R Citroën Team
  • ヨルディ・ワルロップ B&B Hotels – KTM
  • ティモシー・デュポン Bingoal Pauwels Sauces WB 2021年優勝

 

 

何百人ものマウンテンバイカーが一斉にスタート。

レースは6周のうち1周目からQuick-Step Alpha Vinyl Teamのベルト・ファンレルベルフが独走。しかし、後続につかまる。

 

 

最後の残ったのは3人

  • ベルト・ファンレルベルフ Quick-Step Alpha Vinyl Team
  • セップ・ファンマルク Israel – Premier Tech
  • ヨルディ・ワルロップ B&B Hotels – KTM

 

ベルト・ファンレルベルフはパンクしてしまい後退。最後はセップ・ファンマルクとヨルディ・ワルロップの戦いとなった。

 

Image credit: bkbeachrace/facebook

 

最後に勝利を勝ち取ってベルギーチャンピオンとなったのは、B&B Hotels – KTMのヨルディ・ワルロップ。パンネ・ビーチ・エンデュランスでも3位となっていた。

 

コロナと落車で、6月からロードレースを走っていない。しかも、B&B Hotels – KTMは消滅。それでも、来シーズンに向けて練習を続けている。

 

ヨルディ・ワルロップのコメント

YouTube動画より

 

ビーチレースは今回でまだ4回目。ほとんど新シーズンに向けての準備だけど、全力を尽くしたので、その分報われた。

序盤は明らかにベルト・ファンレルベルフの方が良かったが、レースが進むにつれてどんどん良くなっていった。

チームが辞めるというのは、もちろんひどい話だ。新チーム探しはまだまだ続く。予算がないのか、場所がないのか、どこも同じような感じだ。うまくいけば、まだ何かが落ちてくるかもしれない。

 

2位のセップ・ファンマルクのコメント

遊び心で始めたことだけど、BKにはもちろん野望がある。レース前は、クラシックの前のように集中していた。どうしても勝ちたかったんだ。調子は良かったが、砂地でのテクニックがまったくない。いつも自分だけ降りなければならなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました