ロードバイクの情報を発信しています!

アンドレイ・イェイツは最後にツール・ド・九州で優勝しWilierからバイクを受け取る

海外情報
Photo credit: ciclismovavel on Visualhunt
この記事は約2分で読めます。

37歳、プロとして16シーズン、そのうち14シーズンをアスタナのジャージで過ごしたアンドレイ・イェイツが、そのキャリアに終止符を打った。

アンドレイ・イェイツはチームに祝われ、Wilierのカスタムカラーのバイクを贈られている。

 

スポンサーリンク

Wilierのバイクを贈られる

 

これは嬉しいでしょうね。カザフスタンの選手としてチームメイトやエースのために常に身を粉にして働く、偉大なチームマンとしての彼のキャリアを称えるためにチームが選んだものだ。

カズフスタンカラーにWilierはカスタマイズされており、トップチューブにはキャリアでの勝利が刻まれている。

アンドレイ・イェイツは、キャリア3勝をあげている。

2015ツアー・オブ・ハイナン第8でのステージ優勝、そして、プロでの最終レースとなった2023ツアー・オブ・九州第2ステージで優勝。

そして、この2023ツアー・オブ・九州で総合優勝を飾った。最後のレースでは優勝して終えるというのは、幸せなことだ。

このレースでは同じくAstana Qazaqstan Teamのアントニオ・ニバリが総合2位となっている。ヴィンチェンツォ・ニバリの弟のアントニオ・ニバリも、このレースでキャリアを終えている。

 

Astana Qazaqstan Teamの今シーズン限りで引退した選手は

5人の選手がプロ生活を終えている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました